元町中華街 重慶飯店 新館

2016.03.18 Fri Eating place, 元町中華街

jyukeihanten_20160313_01
横浜中華街にある四川料理の老舗といえば「重慶飯店」。
ローズホテル3階個室レストランでは、本格中華を和室で楽しむことができます。
ランチのコースは2,980円~19,440円。部屋数は全16室です。
本日は、10,800円の「芳純」というコースを予約しました。

jyukeihanten_20160313_02
五種前菜の盛合わせ(木耳、牛タンハム、海老、叉焼、数の子)

jyukeihanten_20160313_03
海外産ロブスターとユリ根と白クラゲの塩味炒め
本日のNo.1。海老の食感がたまりません。

jyukeihanten_20160313_04
和牛モモ肉と舞茸のにんにく辛子炒め

jyukeihanten_20160313_05
北京ダック

jyukeihanten_20160313_07
大皿で運ばれてきますが、全て綺麗にサーブしてくださいます。

jyukeihanten_20160313_08
松茸入りフカヒレの姿煮

jyukeihanten_20160313_09
jyukeihanten_20160313_10
活鮑のXO醤蒸し

jyukeihanten_20160313_11
蟹肉入り蒸しスープ餃子

jyukeihanten_20160313_12
海鮮入りチャーハン

jyukeihanten_20160313_13
黒ごまプリン

高級食材をふんだんに使った盛りだくさんのコースです。
たまには、本格中華もいいですね。

●店名:重慶飯店
●住所:横浜市中区山下町77 ローズホテル横浜3F
●電話番号:050-3381-2630(予約専用)
●営業時間:11:30~22:00(L.O 21:00)

元町中華街 ecomo Bakery YOKOHAMA MOTOMACHI (エコモベーカリー)

2016.01.24 Sun Eating place, 元町中華街

ecomobakery _20160117_01
昨年7月、横浜元町プラザ2階にオープンしたecomo Bakeryを訪問しました。
こちらは辻堂のオーガニック複合施設ecomo内にあるecomo Bakeryの2号店です。

店内では、パンや焼き菓子と一緒に、
コールドプレスジュースやハンドドリップで淹れたコーヒーなどのドリンクをいただくことができます。
9時~11時までモーニングサービスがやっているとのことで日曜日の10時頃伺いました。

ecomobakery _20160117_04
惣菜パンや焼き菓子が窓際にずらりと並んでいます。
10時の時点では未だ全ての商品が揃っておらず、焼き上がりが順次並んでいきます。

ecomobakery _20160117_02
こちらがモーニングのサービスセット。
コーヒー500円を注文すると、カットされた4種類のパンと茹で卵がつきます。
※提供されるパンの種類は都度異なります。

本日は、ハード系が2種、食パン、ブルーベリーマフィンでした。
この食パン、砂糖は入っていないのですが、甘みがあり、ミルクパンのようでした。
粉はきたほなみ、有機豆乳、オリーブオイルを練った生地でつくられています。

パンに合うコーヒーは、一杯ごと挽き、ハンドドリップで淹れてくれます。
豆は、酸味や苦みなどのバランスの取れたクリアな後味のブラジル、
フレッシュな酸味が際立つ東ティモルの2種です。

500円で4種類のパンが楽しめるので、これはお値打ちだと思います。
モーニングサービスは11時までで、早い時間は比較的空いており、10時半過ぎから混み出します。

ecomobakery _20160117_03
モーニングセットとは別に購入した焼き立ての惣菜パンも店内でいただきました。
惣菜パンも美味しいですが、ハード系のルヴァンや食パンがオススメ。

ピッツァ 250円
マフィン 300円
サンドフリュイ 100円

●店名:ecomo Bakery YOKOHAMA MOTOMACHI (エコモベーカリー 横浜元町店)
●住所:横浜市中区元町1-13 元町プラザ 202
●電話:045-323-9480
●営業時間:9:00~18:00
●定休日:月曜(月曜日が祝日の場合火曜日)

元町中華街 BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)

2015.06.27 Sat Eating place, 元町中華街

bluffbalkery_20150531_03
日曜8:00AM、以前から気になっていたBLUFF BAKERYへ行ってきました。
元町のメインストリートから山手方面に1本入り、外人墓地へ登って行く代官坂の途中にあります。
青い外観が目印。看板などは出ていないので見落とし注意。(坂の下から撮影)

bluffbalkery_20150531_04
右がBLUFF BAKERY
左が伝説のダンスホールクリフサイド。(坂の下から撮影)

bluffbalkery_20150531_05
8:00開店早々から、常連客と思われるお客さんで賑わっていました。
続々とパンが焼き上がります。繁忙時間になると、混雑し、売り切れ続出する様です。

BLUFF BAKERYは、2010年12月18日創業。
ニューヨークスタイルのベーカリーです。

ところで、ニューヨークスタイルの定義ってなんだろう?と調べてみたのですが、特に定義は無いようです。
ニューヨークがオシャレな街の象徴であるため、
一般的には、洗練したもの・ことのを表現する場合、或いは、
ニューヨークで修行した人がアピールする為に使われています。

定義はありませんが、アメリカンスタイルのパン屋さんといえば、豊富なメニュー。
アメリカは多民族国家である為、パンの種類も豊富です。
ベーグル、パン(ホットドック・ハンバーガーのバンズ)、マフィン、ドーナツ、シナモンブレッド、ホワイトブレッド(サンドイッチ用のパン)など。

英語でパン屋さんのことをベーカリー(Bakery)と呼びますが、
Bakeryは、焼き物を指し、パンの他、ケーキ、焼き菓子をベーカリーも呼びます。
インターネットでBakeryと検索すると、パンではなく、ドーナツやマフィンのお店にヒットします。

bluffbalkery_20150531_02
本日購入したパン。

右奥から、
ハニーBB        190円
クロワッサン 5個入  280円
フレンチバゲット   260円
クレームペス     290円
バターミルクスコーン 300円

ハニーBBは厚切りの食パンにバターとハチミツを浸み込ませた逸品です。
一口美味しいと食べて結局全部独り占めした訳ですが、
小さいながらかなり胃に重いので、次は半分ずつ誰かとシェアしたいと思います。

クロワッサンは、BLUFF BAKERYの人気メニューの一つ。
時間によっては売切れするため、予約も受けてつけている様です。
バニラビーンズの良い香りがして、他所とは違う味でした。

bluffbalkery_20150531_01
キャロットケーキ 390円
カットしたキャロットケーキはg売りで販売しています。
ショーケースの中から、小さ目にカットされたものを選びました。
ホールで購入の際は、2,000円弱です。

パンでお腹いっぱにさせようと思うと、結構な量を食べてしまいます。
欲張ってしまいました。美味しいものは少しだけ食べるのちょうどよいですね。

朝から美味しいパンの香りに包まれて、幸せな日曜の朝でした。

店名:BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)
住所:神奈川県横浜市中区元町2-80-9 ヒルクレストオグラ 1F
TEL:045-651-4490
営業時間:8:00~18:30
定休日:無休
HP:http://www.bluffbakery.com/

聘珍楼 横浜本店

2015.03.08 Sun Eating place, 元町中華街

heichinrou_20150220_012015年の春節(中国の旧暦の正月)は、2月19日。
お正月2日目にあたる2月20日、中華街の聘珍楼横濱本店でお食事しました。
聘珍楼は高級なイメージがありますが、価格帯が松竹梅とあり、そこまで高くないところが魅力の一つ。

今日は、3階のメインダイニング(洋室個室)を予約しました。
4名以上で利用可能な個室で、部屋代は掛かりません。

heichinrou_20150220_02エントランスホールに、金柑の木が飾られていました。
金柑の木は、お金のなる木、おめでたい木なので、旧正月に飾るそうです。

heichinrou_20150220_19中華街限定ラベル、サッポロビールの中瓶。

heichinrou_20150220_18紹興酒 4,331円。こちらは一番リーズナブルな価格帯の紹興酒です。

お食事は、アラカルトで注文すると割高になるため、
コースの団欒之延5,600円に+670円して、窯焼北京ダックをお願いしました。

heichinrou_20150220_17前菜盛り合わせ4種(叉焼、ハム、木耳、海老)

heichinrou_20150220_16椎茸、筍入、フカヒレスープ

heichinrou_20150220_14エビチリソース

heichinrou_20150220_12三種点心(韮蒸餃子、焼売、春巻)
この焼売は、海老がゴロゴロ入って、食べ応えがありました。

heichinrou_20150220_10にんにくの芽、筍、豚肉の炒め
大皿で運ばれてきますが、毎度一皿一皿取り分けて下さいます。
その後、ターンテーブルで回して取ります。

heichinrou_20150220_09

heichinrou_20150220_15北京ダックbefore

heichinrou_20150220_11北京ダックafter

heichinrou_20150220_07あさりチャーパン

heichinrou_20150220_04桃の饅頭
予約時に、お祝いの席であることを伝えたところ、
食事の最後にサービスで桃の饅頭を出して下さるとのことでいただいた饅頭。
サービスってところが魅力的ですが、白餡が上品で美味しかった。

heichinrou_20150220_06
仕事帰りに居酒屋もいいけれど、
メンバー揃ってこういうちゃんとしたお店で御食事もよいですね。

●店名:聘珍楼 横濱本店
●住所:神奈川県横浜市中区山下町149
●電話:045-681-3001
●営業時間:月~金11:00~15:00 17:00~22:00 土11:00~23:00 日11:00~22:00
●定休日:無休

元町中華街 中国家庭料理 山東‏

2014.10.18 Sat Eating place, 元町中華街

santon_20141012_01
山東の水餃子が久し振りに食べたくなり再訪問。
2011年に記事を書きましたが、以前に比べ少し様子が変わっていました。(過去の記事

山東は、中華街のメインストリートから脇道に入ったところにあります。
日曜日の19時、ウェイティングが2組ありましたが、回転が速い為、すぐに中へ。
水餃子が人気の有名店です。

店内改装され、綺麗になっています。
2階も広々、1階と2階で合計93席。キャパが大きくなっています。
従業員が増え、オーダー時の待ちなどによるストレスは全く感じませんが、
サービスは益益粗く。

先ずは生姜のスープを注文。(生姜入アサリのスープ 1080円)

santon_20141012_08
注文後2分も経たないうちに出てきました。
恐らく、たっぷりの量をつくってあるのでしょう。
ラーメン丼に透き通ったスープが入っています。すごい量です。
砂利にご注意。

続いて、
セロリ水餃子と桃肌水餃子のセット。(セロリ水餃子と桃肌水餃子のセット 864円/各5個 ※50食限定)

santon_20141012_06
こちらも1分経たずに出てきました。
桃肌の方は海鮮(えび)が入っています。

santon_20141012_04
santon_20141012_05
年々サイズが小さくなっているのが気になりますが、食べ易くてよいかもしれません。

山東は、タレに特徴がありますが、以前と比べ個性が弱くなっていました。

santon_20141012_03
以前は、甘いタレにココナッツパウダーがたっぷり入って、それをドボドボとやりますが、
今日のは甘みが抑えられ、ココナッツパウダーも少量で、大衆受けする食べ易い味に変わっていました。
(個性が強かった為か、以前は醤油がテーブルに置いてありましたが、今日は醤油がありませんでした。)

水餃子を注文したかったのですが、「焼き」に初挑戦しました。(焼き餃子 864円/8個)

santon_20141012_07
化学調味料ばっちりの濃い系の中華で、間違いなくビールがほしくなります(笑)

バイクでしたので、アルコールは抜きです。
〆に、自家製オリーブ炒飯を注文。(自家製オリーブ炒飯 864円)

santon_20141012_02
ごはんは少し固めなので、パサパサ感がよろしい。
やはり味は濃いめです。
炒飯をつまみに、ビールが欲しくなる濃さです。

胃が健康的になったせいか、消化に負担が掛かり、体が重くなってしまいました。
軟な胃が鍛えられた感じ、たまにはこういうのもよいですね。

●店名:山東(サントン)
●住所:横浜市中区山下町150
●電話:045-212-1198
●営業時間:11:00~翌1:00 (L.O24:30)
●定休日:無休







元町中華街 喜久家のラムボール

2010.12.08 Wed Eating place, 元町中華街

画像 468
(ラムボール230円)
元町通りにある『喜久家
創業は大正13年(1924年)
自家製洋菓子、常時40種類以上販売しています。
お店はレトロな雰囲気で、2Fが喫茶店になっています。
以前バイクで行って持ち帰りしようとしたら、
「バイクで持って帰るとせっかくのケーキが台無しになる」ということで、
相当断られたが、今日は怒られなくて済む。
2Fの喫茶店で一休みすることに。
喜久家といえば『ラムボール』
ラム酒とレーズンがしみ込んだスポンジをチョコレートでコーティングしているケーキ。
ラム酒が結構効いていますが、お酒が弱い方でも美味しく食べられると思います。
画像 463
(サバリン 350円)
『サバラン』ではなくて『サバリン』です。
違いは、
サバラン=英語
サバリン=ドイツ語
イートインの場合、ケーキだけの注文はNG。
アイスカフェオレ500円を注文しました。
●店名:喜久屋
●住所:横浜市中区元町2-86
●電話:045-641-0545
●営業時間:10:00 ~ 19:45
●定休日:不定休(第3月曜日)

中華街 謝甜記 本店

2010.11.27 Sat Eating place, 元町中華街

R0013606.jpg
久々に『謝甜記』へ御粥を食べにいきました。
暴飲暴食の毎日ですので、たまには胃腸を労わらないと。
創業は昭和26年。
御粥と云ったらここでしょう。
お粥は15種類以上。
とろとろになるまでよく煮込んであるため、スープ感覚…家で作る御粥とは違います。
今日は『三鮮粥』788円を注文。
『蝦焼売』347円(4個)
R0013602.jpg
御粥を食べにきたけど、やはり『やきそば』も捨てがたいと迷った挙句…
R0013612.jpg
『肉絲炒麺』788円を注文。
最後はお酢をたっぷりかけて、さっぱりといただきます。
R0013617.jpg
サービスで『杏仁豆腐』いただきました。
いつもありがとうございます。
結局、今日もよく食べました。
胃袋満タンでございます。
R0013622.jpg
人気店なので、お昼時は、行列ができます。
でも回転は比較的早いので、10分~15分で入れます。
R0013624.jpg
●店名:謝甜記 本店
●住所:神奈川県横浜市中区山下町165
●電話:045-641-0779
●営業時間:平日10:00~15:00/16:30~20:30 土曜 10:00~21:30 日曜・祝日10:00~20:30
●定休日:火曜

元町中華街 salon de the (サロン・ド・テ)

2010.11.23 Tue Eating place, 元町中華街


元町ストリートから1ブロック中村川沿いにあるビル2Fのサロン。
普段はお菓子教室EIKO MORITAですが、土・日13:00~18:00のみカフェとして営業しています。
サロンスタイルの店内で、くつろぎながら、できたてのフランス菓子をいただくことができる。

(さらに…)