小田原駅前の人気店 新鮮な地魚のお鮨がいただける天史朗鮨

2019.12.05 Thu  Eating place 小田原

天史朗鮨_20191124 (1) - 3 / 3
小田原駅前にある人気店「天史朗鮨」に行ってきました。平日でも行列が出来ると聞いていたので、待つことは覚悟していましたが、30分程で入店出来ました。
間口が非常に狭いく1階はカウンター7席、奥に小ぢんまりとした二人がけのテーブル席。2階席もあります。席数は不明。12時前であれば予約も出来るようです。待っている間に注文をとっていきます。客のほとんどが注文するのは地魚鮨2400円ということで悩まず地魚鮨をお願いしました。

天史朗鮨_20191124 (1) - 1 / 3
昨日今日とシケだったため仕入が少なく、赤身だけ他所のと説明あり。他は新鮮な地魚。厚目に切ってあります。
鯛はシメてあり、白身は一部塩でかぼすが絞ってあります。巻物はカツオの酒盗、麹の塩辛と塩辛の三種。

天史朗鮨_20191124 (1) - 2 / 3
シャリは赤酢でマイルド。美味しいです。鮨はネタも大事なんですがやっぱりシャリが美味しくなくっちゃ。行ってよかった大満足のお寿司屋さん。並んでもまた通いたいお店です。

箱根神社と芦ノ湖ソフトクリーム食べ比べ

2019.12.05 Thu  Eating place 芦ノ湖

 

箱根神社_20191124 - 6 / 8
箱根神社へ行ってきました。第四の鳥居付近にある参拝者専用無料駐車場に車を停め、神社は直ぐ側の階段を上ったところにあるのですが、第一の鳥居からくぐって参拝した方がよいとされているので、神社から遠ざかるように10分程歩き、箱根海賊船乗り場近くに位置する第一の鳥居をくぐりました。

箱根神社_20191124 - 3 / 8
箱根海賊船乗り場近くに、行列が出来ているパン屋さんBakery&Table箱根があります。ここ、よくメディアで紹介されている足湯につかりながらパンが食べられるお店です。芦ノ湖を一望できますが歩道との距離がこの通り物凄く近いんですよね(笑)

箱根神社_20191124 - 1 / 8
Bakery&Table箱根の売店でパン de ソフト390円をいただきました。蜂蜜シロップをからめて焼いたパンの耳に、丹波牛乳の濃厚ソフトクリームがトッピングされたデザート。

Bakery&Table箱根 http://www.bthjapan.com/hakone.php

箱根神社_20191124 - 5 / 8
Bakery&Table箱根から神社に向かって歩いていると、気になるお店が。今年7月にオープンしたバスクチーズケーキ専門店CHEESE TERRACE。バスクチーズケーキといったら2019年大流行のお菓子。2018年7月開店のGAZTA(ガスタ)を皮切りに、都内では続々と「バスクチーズケーキ」を扱う店が登場。今年3月にローソンが「バスチー」を販売開始。食感がベイクドでもない、レアでもない、スフレでもない、濃厚な味わいのチーズケーキ。ここまで説明しておいて、購入したのはチーズソフトクリーム。

箱根神社_20191124 - 4 / 8
チーズソフトクリーム400円。レアチーズケーキを食べているような感覚。小さいのですが食べごたえありです。2人でシェアしても過分でした。もっと小さくてもいいかな。とにかく濃厚。

CHEESE TERRACE https://hakone-cheese-terrace.com/

箱根神社_20191124 - 1 / 1
だいぶ道草食って、カロリー摂取して、ようやく箱根神社へ戻ってきました。

箱根神社_20191124 - 8 / 8
箱根神社 http://hakonejinja.or.jp/

養生館 はるのひかり

2019.12.02 Mon  Eating place 箱根湯本

養生館はるのひかり_20191124 - 8 / 22
一度訪れてみたかった「静養館はるのひかり」に宿泊しました。箱根湯本駅からは徒歩15分のところにありアクセスは然程悪くないと思います。「温泉と食での静養」がコンセプトのはるのひかりでは、一泊で慌ただしく帰るのではなく、連泊して、せめて一日は何にもしない日を味わってほしいとの思いで、連泊を推奨しています。連泊すると、四日目が無料です。一泊でも利用可能とのこと、今回は一晩だけお世話になりました。

養生館はるのひかり_20191124 - 21 / 22
茅葺屋根の母屋がロビー。こちらで受付を済ませます。チェックインは15時からで夕食は18時から。少しでも宿でゆっくり時間を過ごしたいと15時過ぎに到着しました。

養生館はるのひかり_20191124 - 22 / 22
かつてこの場所は、財界人のあいだで数寄茶の趣味が広がった大正初期に、旧三井財閥の三井合名で理事などを務めた重鎮の一人、有賀長文氏が広大な茶庭に茶室を配した別邸として建造された場所の一部で、温泉宿としては昭和21年開業。今も残る茶室一棟から始まりました。その後は棟を増やし建て増しし、現在に至ります。

養生館はるのひかり_20191124 - 2 / 22
母屋を抜け、奥にある4階建ての建物へ。通路を歩いているとほのかに白檀のよい香りがします。館内にエレベーターは無く階段移動となりますがそんなに苦には感じませんでした。3階の書斎付き和洋室「明星」へ。二人で泊まるには十分過ぎる50平米ほどの広々したお部屋です。

養生館はるのひかり_20191124 - 3 / 22
籐の椅子に座って、ぼーっと窓から景色を眺めるのは最高でした。

養生館はるのひかり_20191124 - 1 / 22
お部屋に小さな書斎付きです。もしも小説家だったら、数週間ここにこもって作業して、、、と妄想。そういうのにはもってこいの空間です。凄く集中できそうです。

養生館はるのひかり_20191124 - 5 / 22
こちらは離れにある共有の図書室。

養生館はるのひかり_20191124 - 4 / 22
食養に関する本などが置いてありました。

養生館はるのひかり_20191124 - 15 / 22
シンプルでミニマルな大浴場。熱湯からぬる湯まで3段階の温泉が楽しめます。お湯に浸かっていると心も解けてくるからでしょうか、お風呂で出会った方とついつい話がはずんでしまいます。このような場所を好んで来るのですから盛り上がる話題は健康についてです。静養館は女性のお一人様利用も多いそうです。脱衣所にはお風呂の中で読める本も置いてありました。

養生館はるのひかり_20191124 - 10 / 22
お待ちかねの夕食。お食事は玄米と野菜の健康食。量が少ないようにも思いましたが、よく咀嚼してゆっくり頂き、十分お腹いっぱいになりました。旅行ではついつい食べ過ぎてしまいがちですが、静養館ならばセーブできます。夕食はなんと500Kcal未満。

養生館はるのひかり_20191124 - 11 / 22

養生館はるのひかり_20191124 - 12 / 22

養生館はるのひかり_20191124 - 13 / 22
煮込み、汁物、揚げ物、本日のお献立には、大根がふんだんに使われていたように思います。

養生館はるのひかり_20191124 - 14 / 22
デザートはゆず寒天。お腹いっぱいになりましたが、満腹ではちきれそうな苦しさや胃が重くもたれる感じは無く、心も身体も満足のいく食事でした。ご馳走様でした。

養生館はるのひかり_20191124 - 9 / 22
二日目の朝。雨が上がりました。 6時過ぎに目が覚め、昨日ならやあんで購入した絵葉書に旅の思い出をしたためたり、ヨガをしたり、温泉に浸かったりして、充実した朝の時間を過ごしました。

養生館はるのひかり_20191124 - 18 / 22
朝食は8時半から。野菜中心の健康的な食事にイワシの干物が付きました。朝食はなんとなんと370Kcal以下!!

養生館はるのひかり_20191124 - 17 / 22
食前に、自家製の酵素ジュースをぐいっと。

養生館はるのひかり_20191124 - 19 / 22
昨晩の夕食に大根がたくさん使われていましたが、朝食には大根の葉が使われていました。食材を無駄なく丸ごと頂くという「一物全体」の考えと、地の物、旬の物をいただくという「身土不二」の考え、身体を冷やす作用がある大豆料理には、身体を温める作用がある生姜を加えるなど、「陰陽調和」を考えたお献立でした。そして、五味(塩っぱい、酸っぱい、甘い、辛い、苦い)や調理方法(煮る、揚げる、和える、生のまま)の工夫が成されているので、飽きずに、気持ちも満たされる内容でした。

養生館はるのひかり_20191124 - 20 / 22
この湯気もご馳走の一つ。食後にハーブティーを頂きました。

養生館はるのひかり_20191124 - 7 / 22
10時半チェックアウト。バジェットは13,800円。時間と懐が許せば、2泊、いや4日滞在したいところでした。

養生館はるのひかり
https://harunohikari.com/faq/

箱根の足湯カフェ NARAYA CAEF

2019.11.26 Tue  Eating place 宮ノ下

 

P1790585
山薬の後向かったのは、源泉の足湯があるNARAYA CAFE。宮ノ下観光案内所の向かいにある駐車場に車を停め、あじさい坂を上ると左側にカフェが見えてきました。

P1790584
NARAYA CAFEは、この地に300年続いた奈良屋旅館の名を引き継いで、2007年9月にオープンした”旅人たちの新たな交流拠点”がコンセプトのカフェ。奈良屋旅館時代からの温泉を利用した足湯を中心に、カフェ、ギャラリー、ショップがあります。

P1790558
2階から1階を撮影。

P1790556
2階、窓際席。崖に面しているので窓からは素晴らしい景色。今日は生憎の雨ですが、しとしと雨の箱根も美しい。

P1790555

P1790564
ドリンクは1階のカウンターで前払い制。コーヒーと紅茶各400円を注文しました。ネットで画像検索すると出てくる名物の”ひょうたん最中”は1個250円。足湯につかりながらいただきました。雨の箱根は少し冷えましたが、足が温まると不思議と全く寒くないんですね。コーヒーを飲み終わる頃にはうっすら汗をかきました。その後もぽっかぽか。

P1790573
カフェの下にある建物には、子供が遊べるようなちょっとしたスペースがあって、自由に読める本が並んでいます。今日はこちらでチャリティーコンサートがあるとのこと、足湯の後は音楽鑑賞。先般の台風の影響で、未だ箱根登山鉄道は被害の為不通となっていて、登山鉄道宮ノ下駅から徒歩1分の立地ににあるNARAYA CAFEへの来客数も激減したそうです。早い復旧をお祈りします。
しかし、お陰でかなりのんびりさせていただきました。のんびーり足湯カフェ最高によかった。

https://naraya-cafe.com/

箱根でいただく 究極の朝ごはん 山薬

2019.11.25 Mon  Eating place 宮ノ下

山薬_20191123 - 2 / 9
紅葉が美しい季節となり、週末、箱根1泊2日の旅に行ってきました。初日は生憎の雨でしたので予定していた紅葉名所巡りは延期し、雨に濡れずに楽しめるスポットを開拓すべく、行き当りばったり過ごしました。
朝食は、宮ノ下にある自然薯料理専門店 箱根 自然薯の森 山薬へ。お目当ては午前7時から11時迄提供している「究極の朝ごはん」。

山薬_20191123 - 9 / 9
箱根湯本駅から強羅方面へ向かう一本道138号線を上り、宮ノ下のY字を富士屋ホテル方面に曲がらずそのまま真っすぐ進んだカーブのコーナーにあります。こちらの掘っ立て小屋が店舗です。(ちょっと大丈夫かと不安になる外観)

山薬_20191123 - 8 / 9
中に入ると階段があって、客席は降りたところにあります。

山薬_20191123 - 7 / 9
今日はすんなり入れましたが、このような張り紙が。

山薬_20191123 - 6 / 9

山薬_20191123 - 5 / 9
普段は待ち時間が余程長いのでしょう。ほうじ茶がサービスで置いてありました。

山薬_20191123 - 1 / 9
朝食提供時間が11時迄なので10時までに着けば大丈夫だろうと9時45分に到着。一応待つことも想定していましたが、今日はウェイティングも無し。で、このがらーんとした異様な状況、今日に限っては11時から団体客の予約があり、朝の営業は10時迄とのこと。土日祝日は混雑が予想される為、予約は不可とホームページに載っていたのですが、こんな日もあるようです。お店にはご迷惑掛けますが、事前に営業時間の確認をしておいた方がよさそうです。折角なので、10時迄に食べ終えるという条件付きで入らせていただきました。

P1790522
朝のメニュー。銀シャリは釜で炊くのに20分程掛かる為、時間的に断念。麦ごはんをお願いしました。

山薬_20191123 - 3 / 9
麦とろろ飯 1,480円(税別)

山薬_20191123 - 4 / 9
この卵かけご飯最高に美味しかった!美味しい卵であることは勿論のこと、卵かけご飯専用の甘い醤油が美味しさを更に引き立てているんじゃないかなと思いました。自然薯よりも、卵かけご飯の方が印象に残りました。麦飯に卵とお醤油をかけ、木製のスプーンでささっといただき、制限時間5分に迫ったところで、麦ごはんをおかわりし、自然薯でもう一膳いただきました。
時間が限られていたため、銀シャリ釜飯はいただけませんでしたが、とろろと麦飯はベストマッチなので、結果、麦飯にして正解だったかなと思います。

https://yamagusuri.com/

和みの時間を過ごせる場所 南青山 SunnyHills微熱山丘

2019.11.20 Wed  Eating place 青山

SunnyHills_20190929 - 3 / 3 (2)
誰にも教えたくないけど、やっぱりこの素敵な場所を誰かに教えたくなってしまう。
パイナップルケーキのお店SunnyHills微熱山丘。
目立った看板は出ておらず、南青山の閑静な住宅街に現れる木を格子状に組んだ建築物が店舗です。一際目を引くこの建物は建築家の隈研吾氏が手掛けたもの。

1階では持ち帰り用のパイナップルケーキの販売。2階はカフェスペースではないのですが、店舗に訪れたゲスト向けの喫茶になっていて、中国茶とパイナップルケーキを無料で提供してくれます。

SunnyHills_20190929 - 2 / 3 (2)
2階へ上る階段から撮影。美術館に来ているような雰囲気で見ているだけでも楽しいです。日中は木の隙間から木漏れ日。夜の雰囲気もきっとまたいいでしょうね。

SunnyHills_20190929 - 1 / 3 (2)
南青山というロケーション、隈研吾氏が手掛けた格子状の建物、そして無料でのおもてなし。一つ一つが素敵なんです。
企業体力があるというか、とにかく理想的なかたちではありますが、そう簡単には出来ません。そして、いつでもまたいらして下さいねと仰って下さいまして、図々しくも翌週にまた訪問してしまいました。2度めの訪問は一人でふらっと。初回訪問の際にしてくださった説明が省かれただけで、変わらないおもてなし。SunnyHills微熱山丘ファンになりました。
肝心なパイナップルケーキのお味はというと、品よく穏やかな甘さで美味しいです。ケーキは5個入1,500円(税込)。パッケージも素敵なのでお土産や贈り物としても喜ばれると思います。

https://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/

横浜関内 江戸前鮨を主とした割烹 駒

2019.11.07 Thu  Eating place 関内

鮨割烹駒_20191030 - 6 / 7
横浜勝烈庵、馬車道十番館近くに、ちょっといい江戸前のお寿司さんがあるとのことで「駒」を訪問。

鮨割烹駒_20191030 - 5 / 7
今までこの路は通ったことがあるけれど、気に留めていませんで、ここにお寿司屋さんがあったとは、気づきませんでした。ランチは1,250円〜。

鮨割烹駒_20191030 - 7 / 7
暖簾をくぐり中へ。引き戸前には美しいお花が生けられていました。

鮨割烹駒_20191030 - 4 / 7
カウンター11席。手前、奥、2階にテーブル席があります。壁に飾ってある木彫りは店主が作ったものなんだそう。手際よく握ってくれます。待ち時間はほとんどなく鮨が完成。

鮨割烹駒_20191030 - 2 / 7
梅1.5人前2,000円。かなり食べごたえがあります。10貫+巻物2種類となると、お米約1合分相当。ちょっと欲張りました。次は普通の梅にしようと思います。シャリは小さくもなく大きくもなく程よいサイズ。ネタはどれも見た目、味、美味しいです。丁寧に仕込みされているなという印象。

手軽に済ませようと一皿100円の回転寿司に行っても、ついつい手が伸びてしまい1,000円超えてしまいがちなので、目の前で握ってくれて、このクオリティならば、かなりコスパ高いと思います。

鮨割烹駒_20191030 - 1 / 7
こちらは桜(五目ちらし・刺し身)1,250円。鮨もいいけど、ちらしも美味でした。酢飯を敷いた上に、炊いた干瓢や椎茸をちらした上品な五目ちらしです。ランチメニューには全て吸い物と茶碗蒸しがつきます。
さっと入って、さっと食べる。ちょっと小粋なランチとして、お客さんを連れていくのにも十分なお店でした。

http://www.sushi-koma.jp/

みなとみらい merengeでハワイアンブレックファスト

2019.10.17 Thu  Eating place みなとみらい

merenge_20190908 - 1 / 4 (1)
みなとみらい線高島町駅から徒歩5分。新しいオフィスビルが立ち並ぶエリアのビルの1階に入っているハワイアンダイニングmerengeを訪問。週末の午前8時。開店前のウェイティングは3組ほど。eggs’n thingsやCafe Kailaでパンケーキで食べよう!という日ほどの気合はいりません。(並ばずに入れます)

merenge_20190908 - 2 / 4 (1)
屋号がmerenge(メレンゲ)ということで、パンケーキは試してみたいところ。パンケーキが売りのお店に行ったら、ついついテーブルの全員がパンケーキを注文したくなるのですが、それで何度失敗したことか。飽きてしまわないよう、甘い系としょっぱい系を選びシェアすることに。

merenge_20190908 - 3 / 4 (1)
ハワイアンブレックファスト1,180円。安定感ある朝食セット。結果、これが正解でした。メレンゲのふわふわパンケーキではありませんが、パンケーキとスクランブルエッグ、リーフサラダ、ソーセージ、ベーコン。一皿で甘いのとしょっぱいのを楽しめます。コナコーヒーは別途450円。おかわりはできません。パンケーキは注文してからじっくり焼くので20〜30分かかります。

merenge_20190908 - 4 / 4 (1)
メレンゲのバターパンケーキ680円。映える見た目です。生地がきめ細かくてふわふわ。メレンゲなので卵白の味が全面に出ています。ホットケーキとかパンケーキとは全くの別物。シュワ~っとするスフレとか焼き菓子のメレンゲとも又別で、なんとも表し難い。卵白味に慣れていないのと、見た目とのギャップ、味と食感が一致せず、少々難しかったです。これは好き嫌いが分かれると思います。

こちらのパンケーキ、平日のモーニングでは2枚100円で食べられます。ただ、ワンドリンク制なのでコーヒー450円はマストオーダー。平日の朝、コーヒーとパンケーキで550円はお得だと思います。モーニングは平日、週末ともに、8:00-10:00まで。

http://www.merengue-hawaii.jp/

小淵沢 OTTO SETTE (オットセッテ)

2019.08.19 Mon  Eating place 小淵沢

OTTO SETTE _20190817 - 1 / 11
予約が取れない野菜が美味しいレストラン「オットセッテ」に行ってきました。なぜ、予約が取れないかというと、レストランは星野リゾートリゾナーレ内にあって、通常は宿泊者以外利用できないんですね。でも一年のうち8月の一ヶ月だけ、期間限定で宿泊者以外もランチ予約が可能となります。行きたいレストランとして長らく温めておりましたが、ようやく訪問が叶いました。

ちなみに店名のオットセッテとは、イタリア語で”OTTO”数字の8、”SETTE”は数字の7を表しており、”八ヶ岳”で”7人の達人”を意味しています。達人とは7人の生産者のこと。野菜、鮮魚、鮮肉など、どの達人もシェフが直接会いにいき、情報交換を欠かせないんだそう。ランチは4,700円のコースのみ。店内には全長12mのワインセラーがあり常時2,000本のワインを用意しています。ワインリストを見てびっくり。シャンパン以外、全て地場のワインというこだわり。

OTTO SETTE _20190817 - 3 / 11
一皿目は小淵沢で採れた30種類の野菜と虹鱒のインサラータ。インサラータとはイタリア語でサラダですが、野菜を使わずに、肉や魚介類を塩、コショウ、酸味、オリーブオイルで和えたものもインサラータと呼びます。水玉模様のソースは黄色がクミン、茶色はアンチョビ・ニンニク・オリーブオイルのバーニャカウダソース。野菜は、生のままであったり、蒸したり、焼いたり、野菜の個性に合わせた調理法で提供されます。

野菜の味が凄く濃いですね。小淵沢は山々に囲まれ1000m近い標高がある場所。寒暖の差も大きいため、過酷な環境で育った分、味が凝縮しています。

OTTO SETTE _20190817 - 4 / 11
甘みのある小さなパンは、シャーレのようなガラスの器で提供されたオリーブオイルをつけて。

OTTO SETTE _20190817 - 5 / 11
二皿目。ナスとプロシュートのアンティパスト・カルド(温かい前菜)シャッキシャキのロメインレタスに揚なす。アンチョビ風味のソース。

OTTO SETTE _20190817 - 6 / 11
スパゲッティーニは2種類からの選択で、こちらは海老とブロッコリー。ソースにはペーストされたバジルがほんのり混ざっており、夏らしい爽やかな香りがするスパゲッティーニ。

OTTO SETTE _20190817 - 7 / 11
こちらは、ズッキーニと牛のラグーソース。

OTTO SETTE _20190817 - 8 / 11
セコンド・ピアット(メインディッシュ)は、低温調理された甲州信玄豚。豚、絶品。これはプロの技でしょう。抜群の温度調整で調理されています。脂身も全くくどさがなく、すべて美味しくいただきました。添えてあるのは、ローストしたお野菜と牛でお出汁をとったソースとピュレした枝豆。

OTTO SETTE _20190817 - 9 / 11
フレッシュメロンのドルチェ。エスプーマで泡にしたメロンとアイスクリーム。私は糖度の高いメロンは喉がイガイガして食べられないので、違うものをご用意いただきましたが、クリームソーダのようなデザートだったようです。

OTTO SETTE _20190817 - 10 / 11
メロンの代わりに作ってくださった、チョコレートムースとセミフレッド。食後のコーヒーと一緒にいただきました。どの料理も大変美味しく、太鼓判を押せるよいレストランでした。ご馳走様でした。

OTTO SETTE _20190817 - 11 / 11
「オットセッテ」オフィシャルサイト
https://risonare.com/yatsugatake/restaurant/otto-sette/

葉山 THE HOUSE FARM

2019.08.10 Sat  Eating place 葉山

THEFARM_20190804 - 3 / 8
葉山の続き。高台にあるTEH HOUSE FARMに行ってきました。葉山の海沿いでレンタル邸宅を提供しているTHE HOUSEが運営するプライベートグリルガーデンです。今日はこの雰囲気にぴったりの人たちと集い夕暮れどきまでのんびり過ごしました。週末の営業は18時迄と少々早いです。

THEFARM_20190804 - 1 / 8
オープンエアーで開放感があり気持ちがよいです。屋根があるので日差しは気にならず。爽やかな風が入ってくるので暑さは感じませんでした。

THEFARM_20190804 - 4 / 8
見てください、この景色。山の緑と青い空。朝起きて初めて見る景色がこんなのだったら、人生の幸福度が上がるだろうなと思いました。やはり自然は大事ですね。自然に心動かされる。先日、新海誠監督の「天気の子」を観にいったのですが、天気が良いだけで気持ち上がったり、下がったり。自然があって人間が居るというのかな。ならば、晴の日は晴れの活動。雨の日は家でのんびり過ごしたり、雨の活動を。天気に合わせて楽しんで暮らした方が、過分な力も掛らず自然な気がします。とにかく今は早過ぎますね。無理せずもっとゆっくり時間を過ごしたいです。

THEFARM_20190804 - 1 / 1
こちらはバーベキューエリア。手ぶらでバーベキューが楽しめます。中央には浅せのプール。

THEFARM_20190804 - 5 / 8

THEFARM_20190804 - 7 / 8

THEFARM_20190804 - 6 / 8
地場の食材をふんだんに使ったメニュー。新鮮でよい食材をつかっているので、味付けはとってもシンプル、美味しいです。

THEFARM_20190804 - 8 / 8
夕暮れどき。このムードもいいですね。

「THE HOUSE FARM」オフィシャルサイト
https://www.thehousefarm.holiday/

1 2 3 4 5 50