仙台広瀬通 炭火焼き牛たん おやま

2018.04.16 Mon  Eating place 仙台

oyama_20180410 - 1 / 4
仙台に来ています。仙台に来たらやはり名物の牛たんは食べておかないといけません。でもなぜ、牛タンが仙台の名物なのでしょう。

牛タンは昭和初期まで煮込料理で食されていました。焼いて食べる「牛タン焼き」は、元祖仙台牛タンのお店「太助」の初代店主佐野啓四郎(故)が編み出した手法で、以来、仙台が「牛タン焼き」発祥の地とされ、現在では市内にも多くの専門店があります。

今日伺ったのは、地下鉄広瀬通り駅から徒歩1分、フォーラスビルの裏路地にある「おやま」。グルメガイドではあまり出てこない家庭的な雰囲気の小ぢんまりとしたお店です。牛タン焼きは勿論のこと、おすすめは「牛タンシチュー (単品900円)」

oyama_20180410 - 2 / 4
お肉に処理を施してからスライスして焼く牛タン焼きと違って、シチューはじっくり煮込まないとなりませんから調理時間が結構掛かかります。十分に味わって頂きました。見た目は少ないですが、食べていくうちにお腹いっぱいになります。足りない方はパンとサラダがセットになったパンシチューセット1,200円もあります。

oyama_20180410 - 3 / 4
トマトベースのソースで酸味強め。あっさりしています。具材は、肉と大き目のマッシュルーム、ミニトマト大の球型ミニキャロット。

oyama_20180410 - 4 / 4
ニンジンとマッシュルームはしっかりと食感が残り、お肉はホロホロと柔らかいです。牛タン焼きは原価が高い料理、タンシチューは手間暇が掛かる料理。そのため、シチューを提供するお店は少ないと思います。ご馳走様でした。

■店名:炭火焼き 牛たん おやま
■住所:仙台市青葉区一番町3-7-20 フォーラスビル東隣り
■電話:022-264-1780 -
■営業時間:11:30~13:30 17:00~22:00(L.0 21:30)
■定休日: 不定休(お電話でご確認ください)
■HP:http://www.gyuutan.net/

九段下 ベーカリーカフェ FACTORY(ファクトリー)でウィークエンドブランチ

2018.04.09 Mon  Eating place 市ヶ谷

Factory_20180407 - 2 / 11
週末の朝、少し早起きして都内に出ると、平日とは違うゆっくりとした時間が流れています。土曜日の朝、九段下にあるベーカリーカフェFACTORYでウィークエンドブランチをしました。場所は九段下と市ヶ谷駅の中間辺りにあり、九段下からだと徒歩で10分程。武道館、インド大使館を越え、靖国神社の前を直進するとお店が見えてきます。ご飯をいただく前のエクササイズにちょうどよい距離です。平日は朝8時から営業していますが、土曜日の営業は9時からで、10時から15時迄ブランチメニューを提供しています。

Factory_20180407 - 4 / 11
FACTORYは麹町にある「麹町カフェ」で提供するパンのパン工場としてスタートし、現在でも焼きたてのパンを麹町カフェへ届けています。パンは国産小麦と季節の果物やレーズンからおこした天然酵母を使用。また、FACTORYの直ぐ側には、人気店であるChili Parlor 9があります。こちらも母体は同じで、麹町カフェからスタートしたepietriz(エピエリ)は現在6つのお店を運営しています。

Factory_20180407 - 3 / 11
9時45分に到着すると、ウェイティングが4組あり、20分程待った後、ようやく中へ。コンクリート打ちっぱなしの壁に、古い木材とアイアンでつくられたテーブル。BGMは全米ヒットチャートでおしゃれな雰囲気です。少し残念に思ったのは、店内の音の抜けがどうも悪いようで、どうしても音がこもってしまい、ついつい会話の声が大きくなってしまう点。耳が遠い人だと困ってしまうんじゃないかなと。こういうのは難しいのですが、BGMを小さくする、或いは雰囲気を壊さない程度にBGMをゆる目の音楽に変えるなどの策が考えられます。

Factory_20180407 - 5 / 11
ブランチのメニュー表。選択肢はクロックムッシュ、ピッツァ、キッシュの3つから。何れもパンが付き1,250円。ドリンクは別となります。

Factory_20180407 - 7 / 11
ドリンクはオーガニックザクロソーダ 550円にしました。

Factory_20180407 - 6 / 11
お食事を待っている間、先にパンが運ばれてきました。プチパンとレーズンの入ったノアレザンにハーブ入りのバターをお好みで。先ずはそのままいただきましたが、このバターをつけると更に美味しくなります。パンはよい意味で個性が無く、主張がなく、そのままでも美味しいし、おかずともよく合います。ご飯のようなパンです。そして、これはネット情報なので定かではありませんが、パンは食べ放題らしい。お皿が空いても、パンのお代わりはおすすめされませんでしたので、勇気を持って店員さんに聞いてみた方がよいでしょう。お代わりできることを知りませんでしたので、私はよく味わっていただきました。また、パンは店内で焼きあがったパンをカットして提供していますので、都度種類が変わります。ちなみに、隣のテーブルで提供されていたパンは、バゲットとベーグルでした。

Factory_20180407 - 9 / 11
クロックマダムプレート クロックムッシュ目玉焼きのせ 1,250円

クロックマダム(クロックムッシュとも言う)は、パンにハムとチーズ(グリュイエールチーズやエメンタールチーズなど)をはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼き、ベシャメルソースやモルネーソースを塗ったリッチなトースト。塩気が強くガツンとくる味付けでした。

Factory_20180407 - 8 / 11
かぼちゃとほうれん草、きのこ、ドライトマトのキッシュ&本日のスープ 1,250円

キッシュはとにかくビッグサイズで、スバーロのカットピッツァを思い出しました。この大きさ、卵何個分だろうか。間違いなくこれはハイカロリーでファットな食事であることは間違いないのですが、そうは言っても結局いつも完食してしまう訳です。キッシュは思いの外軽く、クリーミーなアパレイユで生地も軽い食感。パンチのきいたクロックムッシュと異なり、こちらはあっさりとしたお味。この大きさでもクドくなく、胃にもたれること無く。

10時前後の時間帯では店内に入る行列ができていたものの、11時過ぎには客入りが緩やかに。お昼近くなると、また混み合うでしょうから、土曜日にブランチするなら11時前後がベストかなと思いました。お土産に、事前情報で調べていたすぐに売り切れるらしいプレーンベーグル220円とキャロットケーキ350円を買って帰りました。

Factory_20180407 - 11 / 11
こちらがキャロットケーキ。キッシュ同様ビッグサイズ。かなりずっしりしています。甘みは控えめ。トッピングはアーモンドやドライフルーツがふんだんに使われており、これ1個で十分お食事の代わりになりました。プレーンベーグルは翌朝トースターで温め、発酵バターとはちみつを付けていただきました。1日経ってもカチコチにはなっておらず、適度な噛みごたえとモチモチ感。断面はキメが細かく人気商品であること、納得です。FACTORYのベーグル、ファンになりました。今回イートインではブランチメニューから選びましたが冷蔵ケースあったベーグルサンドがとっても美味しそうでした。

■店名:FACTORY
■住所:東京都千代田区九段南 3-7-10 アーバンキューブ九段南1F
■電話:03-5212-8375
■営業時間:月〜金8:00〜22:00 土9:00〜18:00
■定休日:日曜
■HP:https://www.factory-kudan.com/

福岡空港 天ぷら専門店 天麩羅処ひらお本店

2018.04.07 Sat  Eating place 福岡空港

ひらおか_20180406 - 9 / 9
福岡県内に6店舗構える「うまい、安い、早い」三拍子揃った天ぷら専門店「ひらお」を訪問しました。本店は福岡空港を挟んだ道路沿いにあり、連日行列が絶えませんが、とにかく回転が早い為、ウェイティングはほとんどナシで入れます。

ひらおか_20180406 - 5 / 9
先ず、食券を購入します。基本メニューとなる「天ぷら定食770円」にしました。
定食には、ご飯、味噌汁、名物の塩辛などが付きます。

ひらおか_20180406 - 6 / 9
店内はカウンター席のみで、カウンター越しに目の前で天ぷらを揚げてくれます。そして、揚げたてが次々と運ばれてきます。かなり活気に溢れ、のんびり食べている雰囲気ではありません。写真を撮るのも場違いな気がしたので、帰り際、お店を出たところからこっそり店内の様子を撮影しました。

ひらおか_20180406 - 1 / 9
天ぷらが揚がるまでの間、先にご飯と豆腐の味噌汁、大根おろし入りの天つゆがサーブされます。ご飯のお供、高菜、もやしのナムル、名物のイカの塩辛は牛丼屋で言う紅しょうがの如く、テーブルに置いてありこちらは食べ放題です。このイカの塩辛がとても美味で、これだけで一膳簡単に完食してしまいます。天ぷらが揚がる前についつい塩辛でご飯を終えてしまうのでペース配分は要注意です。ひらおの塩辛はワタを使わないタイプで、塩辛と言っても塩分はかなり控えめ。材料は、生のイカ、塩、アミノ酸、そして柚子がアクセントになってさっぱりしています。お土産に買って帰る人も多く、勿論私も買って帰りました。値段は大1,100円/430g、小630円/215g(※2018年4月20日より原料高騰に伴い価格据え置の容量改定)保存料は入っておらず、消費期限は5日と短いです。しかしながら速攻で食べ切ってしまいます。

ひらおか_20180406 - 2 / 9

ひらおか_20180406 - 3 / 9

ひらおか_20180406 - 4 / 9
白身・きす・鯖・いか・野菜3品(かぼちゃ・ピーマン・なす)

少々忙しくて落ち着かない雰囲気ではありますが、コストパフォーマンスに優れたよいお店でした。この価格で提供できるのは「ひらお」が元々鮮魚店からスタートしているからこそ。なんと素晴らしいお店なのだろう。空港に用があるときはまた訪問したいと思います。

■店名:天麩羅処ひらお 本店
■住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1
■電話:092-611-1666
■定休日:年末年始(12/31〜1/2)
■営業時間:10:30〜21:00
■客席数:カウンター54席
■HP:http://www.hirao-foods.net/

吉野ケ里 果樹工房 新SUN

2018.04.05 Thu  Eating place 吉野ケ里公園

shinsun_2018030212
佐賀市若宮で人気の果物屋さんとフルーツ・パーラーのお店「Fruits Garden 新SUN」の新店が、2018年1月11日、道の駅吉野ヶ里にオープンしました。

shinsun_2018030210
新SUNは、昨年リニューアルオープンした道の駅吉野ヶ里の隣にあります。

shinsun_2018030211
2階建てのこちらの建物が新SUN。1階が工房とイートインスペース。2階は展望台とイートインスペースです。

shinsun_201803029
1階のイートインスペース。窓際に座れば吉野ケ里平野を一望できます。

shinsun_201803027
新SUNと言えば厳選されたフルーツをふんだんに使ったパフェが有名ですがタルトやケーキも人気。植物性の原料でつくられたジュレは、弾力あるプルプル食感。原材料は企業秘密とのことですが、伊那食品のル・カンテウルトラでしょうか。ジュレは250〜300円。苺タルト480円、ミックスタルト390円。

shinsun_201803025
展望台という名のイートインスペース。伺ったのは平日のお昼ごろ。この広い空間を独り占めできましたが、週末には行列ができるほどの賑わいをみせます。

shinsun_201803023
苺と金柑のパフェ 880円
苺は佐賀県産の新種、金柑は宮崎県産の完熟きんかん「たまたま」

shinsun_201803021
パフェにはふんだんに果物が使われており、結構な食べごたえがあります。フルーツの下には粒粒バニラビーンズのアイスクリームとジュレ、りんごやキウイのカットフルーツ。これぞ果物屋さんならではフルーツパフェ。

■店名:道の駅吉野ヶ里 さざんか千坊館 果樹工房 新SUN
■住所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈1710-11
■電話:0952-55-6175
■営業時間:10:00~18:00(LO17:00)、パフェは11:00~
■定休日:第3水曜

佐賀 完全予約制のカレー店 カレーのアキンボ

2018.04.02 Mon  Eating place 佐賀

Akinbo_201803021
佐賀県長崎自動車道「佐賀大和IC」からほど近い場所に、完全予約制のカレー屋さんがあるとのこと、ツイッターのDMで予約し訪問。看板が出ていないので少々分かり辛いですが、ナビで迷わず辿り着くことができました。カレーのアキンボは東京錦糸町で5年営業した後、2015年9月、店主の故郷である佐賀市大和町に移転。現在はお一人で運営されているため、昼6名、夜4名の完全予約制で、メニューは3種類のカレーが楽しめる日替わりカレーコース3,500円(税込)1本のみ。

Akinbo_201803022

Akinbo_201803023
古い日本家屋は自身が改装したそうでセンス光るシンプルな設え。中央には6人掛けのダイニングテーブルが1台。奥には2人掛けのテーブルと調理場出口付近には使用する食器がスタンバイされています。器は近所の器店「RITMUS」で調達しているそう。作家物は一部オリジナル品で食材が映える黒い土物が多いです。

Akinbo_201803025
日本家屋は断熱性が悪いため少々足物が冷えますが、夏は風通しが抜群によく気持ちがよいと思います。それにしても石油ストーブがよく似合います。

Akinbo_201803028

Akinbo_201803027
奥には8畳程の畳の部屋があり、お子様連れのお客様などが利用可。

Akinbo_201803026
席に着くと、お水ではなく白湯が出てきます。胃に優しいです。健康への配慮が感じられました。食べる前に白湯をいただき胃をウォームアップさせます。食事中も冷たいお水より白湯の方が胃に負担なく消化によいのです。ちなみに、カレー店で食後にラッシーが出てきますが、これはスパイスなどの刺激物を摂った後、乳製品の脂分で胃を保護するためです。伝統的な食べ方にはちゃんと意味があります。

Akinbo_201803029
鯖の酢漬け、菜の花、金柑 カレー

Akinbo_2018030210
海老のリゾット。お米は店主のお兄様が趣味でつくられている「夢のしずく」という品種に古代米を合わせて炊いています。お米は程よく芯が残り硬めの食感。蒸らす前のお米をさっと取り分け、更に海老の出汁で炊いています。海老の香りはガツンと強いものではなく、香りは主張しないけれど旨味はある不思議なリゾット。トッピングは生の海老をたたいたもの。

Akinbo_2018030211
ラムひき肉カレー。ラムの臭みは全くありません。リゾットと同じお米ですがこちらは蒸らした後で柔らかい食感。

Akinbo_2018030212
野菜カレー。ゴロゴロ野菜のカレーライスではなく、グリルした野菜と鰹節を加えて煮たダール豆。上品なプレゼンテーション。全体的に穏やかな味付け。ポーションは少な目です。ご飯多めでお願いしましたがこの通り。提供はかなりゆっくりです。十分に時間をとって伺いましょう。

Akinbo_2018030213
8時間かけ低温でじっくり蒸したプリンはとっても濃厚。甘さは控えめ。

Akinbo_2018030214
2層になっており、プリンではなく、チーズに近い重さがあり少量でも食べごたえがありました。

Akinbo_2018030215
昼食は1時間半から2時間掛かりますので、時間に余裕を持って伺った方がよいでしょう。カレーは癖になるスパイシーホットではなく、かなり優しい味。油脂も塩分も控えめです。スパイスが苦手な人でも美味しくいただけるカレー、スパイス好きの人には少々物足りたにかもしれません。

カレーでコース料理を提供しているお店は、全国探してもここだけかもしれません。「カレー」と聞いてやはり思い浮かべるのは「カレーライス」か「インドカレー」。カレーのアキンボは、そのどちらでもなく、「スパイスとハーブをつかった創作料理」というジャンルだったように思います。

こちらのコース料理、以前は2,000円〜2,500円で提供していたそうです。1日の最大対応数が決まっている以上現在の3,500円という価格は仕方ないのかもしれませんが、少々高いように感じてしまったのが正直なところ。今回凄く期待してしまったが故に驚きが無く残念に思いました。もう少し店主の方ともコミュニケーションを取りたかったなと思います。よいお店なのですが、わざわざまた行きたい!と思わせるには、ここにしかない何か、相当な仕掛けが必要です。価格設定も利益を出しつつ喜ばれる妥当なラインが難しい。今回はやや強気。強気に見合うだけのパフォーマンスを求められてしまう。色々と考え深いランチとなりました。

皆様遥々ご一緒いただきまして有難う御座いました。

■店名:カレーのアキンボ
■住所:佐賀市大和町川上475
■電話番号:080-6426-4170(電話に出られない場合もあります)
■営業時間:11:00~17:00、18:00~20:00
■定休日:日曜
※完全予約制 予約はfacebook、twitterダイレクトメッセージ

大濠公園 FYLGDU MÉR 福岡店 (フィルクトゥ ミエール)

2018.03.13 Tue  Eating place 大濠公園

fylgdumer_201803038
2017年4月、大濠公園エリアにこだわりの野菜や果物を使ったコールドプレスジュースとファラフェルなどの中東料理を提供するFYLGDU MÉR(フィルクトゥ ミエール)がオープンしました。屋号のFYLGDU MÉR(フィルクトゥ ミエール)とは、アイルランド語でFollow me(私についてきて!)という意味。重厚感のある錆色のドアに大きな窓。店の看板は出ておらず、飲食店とは思えないスタイリッシュな外観。白い文字で窓書かれた数字は、この場所の緯度と経緯を表しています。

FYLGDU MÉRのウェブサイトを開くと複数の数字が並んでいるのですが、これらは緯度と経度を表しており、「034°40’44″N 135°29’46″F 」は大阪店で「033°35’20″N 130°23’04”E」が福岡店です。

土曜日のランチタイムに予約なしで伺ったのですが、既に4組ほどのウェイティングがあり、名前を伝えた上で、1時間後の14時半に改めて再訪問することにして、遅めのランチをとりました。

fylgdumer_201803037
入って先ず目に飛び込んでくるのがライブキッチン。作っている様子を見ることができます。席へ着く前にオーダーし、先払い制です。メインシェフは、トルコ、イギリスに滞在経験があり、メニュー表には、トルコ、パキスタン、インド料理など、見慣れない単語が並んでいました。店員さんと相談をしながら注文を決めていきます。ランチタイムは12時〜15時迄、価格は1,200円〜2,100円です。ランチタイムにはすべてスープとデザートがつきます。相談した結果、土曜日のみのスペシャルランチ、Shawarma plate(シャワルマ・プレート)にしました。メインのお肉料理は3種類(ピリピリチキン1,800円、ラム肉のケバブ2,000円、ビーフコフタ2,000円)から選べます。 健康志向の高いお店ですからヴィーガン専門かと思いましたが、お肉料理もあります。

fylgdumer_2018030311
コールドプレスジュース 1,200円
本日のコールドプレスジュースは2種類。専用の機械でじっくり時間を掛けて圧搾しています。中央2本がジュース、両端が搾りカスです。プレゼンテーションがおしゃれですね。

fylgdumer_2018030312
こちらは、絞る前の状態。

fylgdumer_2018030310
生産者と産地表示。ここでも緯度と経度が記されています。

注文を済ませ、奥のテーブル席へと移動しました。キッチンエリアとイートインエリアは壁で区切られています。

fylgdumer_201803031
テーブルはこちらの美しい木目調の大きなテーブルのみ。椅子は2人掛けのベンチ型で、最大16人座ることができます。調理器具や花瓶など、至る所に銅製の物が使われているのですが、かなりお金が掛かっています。こだわりを感じました。

fylgdumer_201803034Shawarma plate(シャワルマ・プレート)ラム肉のケバブ 2,000円

お皿は、有田焼、1616 / Arita Japanのもの。黒と白で統一されており、カラフルな野菜がよく映えます。

fylgdumer_201803035 プレートの内容。左から時計回りに、

●ケバブ
●フムス(茹でた豆をペースト状にし、すりゴマ、塩、にんにくを加えたアラブ発祥の料理)
●チョバン・サラタス(さいの目切りにしたトマト、きゅうり、たまねぎを
レモン汁、オリーブオイル、塩で和えたさっぱりとしたトルコ定番のサラダ)
●ライタ2種(野菜、豆、果物などをヨーグルト和え、香辛料で風味づけしたインド料理)
●自家製ピタパン
●根菜マリネ
●紫キャベツマリネ、キャロットラペ
●ヨーグルト
●ダール
●ビリヤーニ(バスマティ米を使った、肉とスパイスの炊き込みご飯 パキスタン料理)

fylgdumer_201803032Shawarma plate(シャワルマ・プレート)ビーフキョフテ 2,100円

キョフテ(コフタ)とは、トルコのハンバーグです。フムスやライタをビリヤーニに混ぜていただきました。肝心なお味はというと「美味しかった!」こだわり過ぎているお店にありがちな「変わった味」ということもなく、「減塩し過ぎて味に輪郭がない」ということもなく、塩っぱ過ぎず、薄すぎず、スパイシー過ぎず…美味しくいただける塩梅でした。中東料理が味わえるシャワルマ・プレートは南インド料理のミールとは違った楽しさがあり、こだわりの空間でいただくお食事は2,000円出す価値ありです。

■店名:FYLGDU MÉR 福岡店 (フィルクトゥ ミエール)
■住所:福岡市中央区大手門1-4-21 萬屋館1F
■電話番号:092-753-8602
■営業時間:12:00-22:00 (21:00 kitchen closed)
ランチ12:00-15:00  カフェ15:00-18:00 ディナー18:00-21:00
■定休日:水曜日
■HP:http://www.fylgdumer.jp/shop/fukuoka

友泉亭公園にて一服 静寂のひととき

2018.03.05 Mon  Eating place 福岡

友泉亭公園_1803037
日本で代表的な池泉回遊式庭園と言えば、石川県金沢市にある兼六園や岡山県岡山市にある後楽園が有名ですが、福岡にも福岡市城南区に「友泉亭公園」という庭園がありることを知り、雛祭りの日に訪問しました。

※池泉回遊式庭園とは、江戸時代に発達した日本庭園の一様式。池とその周囲を巡る園路を中心に作庭する。

友泉亭公園_1803031
桃色の梅が満開を迎え、甘い、よい香りがしました。

友泉亭公園_1803032
友泉亭は、福岡藩6代藩主、黒田継高の別邸屋敷として江戸時代中期、宝暦四年に建てられたもので、一時期「筑豊の炭坑王」である財閥貝島家が所有していました。園内は1ヘクタールと、ゆっくり散歩しても20分掛かからない広さ。池の中心にある大広間で一服いただくことにしましました。

友泉亭公園_1803036
大広間から庭園を眺めると静寂な空間の広がりを感じることができます。

友泉亭公園_1803035
お干菓子とお抹茶セット 300円

3月3日ということで、お干菓子は可愛らしい菱餅でした。姿勢を正して、一服。心が洗われます。

友泉亭公園_1803034
観光客も少なく、雑踏を離れて静かに過ごしたいときにはピッタリの場所。

■名称:友泉亭公園
■住所:福岡市城南区友泉亭1-46
■営業時間:9:00~17:00
■入場料:大人200円 子ども(中学生以下)100円
■休業日月曜(休日の時は翌日)※5月4、5日開園、年末年始(12月29日~1月1日)
■HP:http://www.yusentei.com/index.html

理想の一杯に出逢えるカフェ REC COFFEE 県庁東店

2018.03.05 Mon  Eating place 福岡

REC COFFEE_201803031
福岡のコーヒーファンにはお馴染みの「レックコーヒー」へ行ってきました。こちらは14年、15年と2年連続日本バリスタチャンピオンに輝いた岩瀬由和さんが代表を勤めるお店です。愛知県出身の岩瀬さんは、大学で知り合った共同代表の北添修さんと一緒に移動販売のトラックカフェからスタートし、今では福岡に3店舗、今月3日には、表参道ヒルズ内に東京発となる期間限定店舗がオープンしたばかり。

REC COFFEE_201803037
お店は、県庁や県警、税務署、大学があるエリア。サンドイッチなどの軽食も提供しているのでお昼時は混み合いますが、それ以外は比較的ゆっくりと過ごすことができます。店内はゆったり広々。コンクリート打ちっ放し床に天井板は取り払われ、ダクトが剥き出しになっています。そこにユーズドのパイプ椅子やDIYしたと思われる棚やスツール。シンプルでざっくりとしたクールな空間です。店内入口には、豆や抽出器具、オリジナルのマグカップなども販売しています。

REC COFFEE_201803034
コーヒーは世界中の産地から厳選したスペシャルティコーヒー豆を使用。正直なところ自分の好みは分かるけれど、それが何の豆なのかまで分かりません。テイスティング用のコーヒーが用意されているのは有難いです。また、バリスタに相談すると、好みの豆を提案してくれます。私は酸味が苦手なのでブラジルにしました。抽出方法は、ペーパードリップかフレンチプレスを選べます。

REC COFFEE_201803033
コーヒーを淹れてくれたのは昨年日本バリスタチャンピオンシップ準決勝出場者福田雅さん。従業員に技術教育が成され、しっかりバリスタを育てる社風なのだと、大変感心しました。

REC COFFEE_201803036
日中は一人でまわしているとのこと。実に手際がよいです。カウンター越しにコーヒーを淹れているところが見られるので、待っている時間も楽しめました。

REC COFFEE_201803035
シングルオリジンコーヒー(ブラジル)430円 ピスタチオのムース

コーヒーとの相性を考えてつくっているフードは、清川にある専用のセントラルキッチンで毎日手作りしています。ゆっくりと美味しいコーヒーをいただくことができました。

■店名:REC COFFEE 県庁東店
■住所:福岡市東区馬出1-10-3-1F
■電話:092-643-6266
■営業時間:月ー金8:00-21:00 土日9:00-21:00
■HP:https://www.rec-coffee.com/

御成門 Weekend Morning ル・パン・コティディアン 芝公園店 (Le Pain Quotidien)

2018.02.23 Fri  Eating place 神谷町

Le Pain Quotidien_20180216
日曜の朝、少し早起きして、都内へ朝食を食べにいきました。時刻は午前7時。空気が澄んだ空にそびえ立つ東京タワー。

Le Pain Quotidien_20180229
こちらが本日朝食をいただく場所。ベルギー発祥のベーカリーレストラン「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」御成門駅から徒歩3分、神谷町から徒歩10分。東京プリンスホテルの敷地内にあります。ル・パン・コティディアンは1990年ブリュッセルでスタートし、現在ではNYを拠点として、世界17カ国132店舗、日本国内では伊藤忠商事が独占輸入販売権、独占製造販売権を持ち、都内に3店舗あります。芝浦公園店は国内一号店として2011年にオープン。客席数98とゆったりとしたつくりです。

Le Pain Quotidien_20180227
ドアを開けると芳ばしいパンの香り。入口には種類豊富なパンやパティスリーが並びます。

Le Pain Quotidien_20180228
美味しそうなパンが並び目移りしてしまいますが、ル・パン・コティディアンの代表はウィートパン。オーガニックの全粒粉、塩、水、生地をゆっくりと発酵させるルヴァンと呼ばれる手作りの発酵種を使います。パンは手ごね、大きな釜で焼き上げています。

Le Pain Quotidien_2018022
店内でも提供されているオリジナルジャムとスプレッドも販売しています。私のおすすめはシナモン・ビスケットとチョコレートのスプレット。何れも甘さ控えめで、流石はチョコレートの国ベルギー産。ここでしか買えない味だと思います。

Le Pain Quotidien_2018028
冷蔵ケースには、タルトやプリン。ショップの奥がレストランです。

Le Pain Quotidien_20180220
先ず目を引くのがこちらの大きなテーブル。美味しい食事を家族や友人と囲い、向かい合って話すのにちょうどよいサイズにこだわったコミュニティーテーブルです。

Le Pain Quotidien_2018027
奥の席の窓からは東京タワーがよく見えます。窓側の席は「予約席」となっていたので、ベストスポットで食事をされたい方は事前に予約することをおすすめします。何をオーダーするか非常に悩みましたが、Weekend Specials Breakfast(午前11時まで提供から)から選ぶことにしました。先ずはコーヒーで一息つきます。

Le Pain Quotidien_20180225
オーガニックコーヒー ポット550円

コーヒーはたっぷりポットに入っており、それをコーヒボウルでいただきます。両手でボウルを抱え、手に温もりを感じながらいただくのがル・パン・コティディアンスタイル。

Le Pain Quotidien_20180213
チキンクラブタルティーヌ 990円(ベーコン、エッグ、アボカド、ハーブマヨネーズ)
タルティーヌはベルギーの郷土料理です。

Le Pain Quotidien_20180212
クロワッサンダマンド 350円(持ち帰りは300円)

Le Pain Quotidien_20180214
スモークサーモンブレックファースト  1,190円 (スモークサーモン、ソフトボイルドエッグ、リコッタチーズ、メスクランサラダ、ブレッド)

Le Pain Quotidien_2018023
コミュニティーテーブルに置いてあるジャム・スプレッドはセルフサービスとなっています。好きなものを好きな分だけ、残さない量を少しずつ。

Le Pain Quotidien_2018025
チョコレートとシナモン・ビスケットのスプレッド、オリーヴオイルをいただきました。

9時半を過ぎるとウェイティングができます。そしてお客さんのほとんどが外国人でした。芝浦公園という立地を考えると仕方ないと思いますが、客単価2,000円〜2,500円と今朝は少々高額な朝食となりました。総評として、やはりパンが美味しい!ということで、ル・パン・コティディアンで注文すべきは「プチ・デジュネ」のセットメニューがおすすめ。こちらはドリンクが付いて990円です。内容は、ウィートブレッド、バゲット、オーガニックオレンジジュースクロワッサンまたはパンオショコラ オーガニックコーヒー又は紅茶。+200円で卵が付けられます。付け合せが何も無いので見た目は少々寂しいですが、パンが美味しいので間違いないです。ドリンクは、ベルキー発祥ということで、ホットチョコレートがおすすめ。帰りは新橋まで歩きました。新橋までは徒歩で15分ほど。平日はビジネスマンで賑わう新橋エリアも日曜日は静かで穏やか。いつもと違う景色でした。

■店名:ル・パン・コティディアン 芝公園店 (Le Pain Quotidien)
■住所:東京都港区芝公園東京プリンスホテル
■電話:03-6430-4157
■営業時間:7:30ー22:00 (21:00 L.O.) ※土日祝の10:00-16:00は予約不可
■定休日:年中無休
■HP:http://www.lepainquotidien.jp/

あわら温泉 のみ処 ひーちゃん

2018.02.16 Fri  Eating place 芦原温泉

ひーちゃん_20180122 - 20 / 20
福井県は、昭和56年振りの大雪を記録。街へは出られず、夕飯はあわら温泉まち駅から程近いホテル八木の向かいにある「のみ処 ひーちゃん」へ地元の方に連れてきて貰いました。オープンは2015年5月。ひーちゃんこと、今出弘子さんが一人で切り盛りしている居酒屋です。平日の夜でしたが、カウンターもテーブル席も満席。常連客と思われる方々で賑わっていました。新鮮な地魚、地域に根付いた産物をつかった弘子さん手作りのおばんざいと地酒を一緒に愉むことができる温かいお店です。

福井県はコシヒカリ発祥の地で、蔵元が幾つもあります。文化元年(1804年)創業の黒龍酒造や鯖江市にある1860年(万延元年)創業の加藤吉平商店の梵(ぼん)などが有名ですが、今宵最初の一杯は黒龍にしました。

ひーちゃん_20180122 - 15 / 20
ひーちゃん_20180122 - 9 / 20
黒龍酒造の餘波(なごり)。やさしい口あたりの吟醸生貯蔵酒。ちなみに、アルコールは弱いので普段はあまり口にしない私ですが、一番好きな日本酒は?と聞かれたら、間違いなく黒龍酒造の「火いら寿」と答えます。名前の如く、火入れしていない生酒で、フレッシュな香り、キリッとしていて、スッと消えてゆく。気がついたら全部飲んでしまった!となる美味しい日本酒です。2月限定で販売しますがなかなか手に入りません。

ひーちゃん_20180122 - 4 / 20本日のつきだしは、イワシの煮物。臭みなくさっぱりとして美味しかった。

ひーちゃん_20180122 - 6 / 20ふくらぎ刺し身 750円

ふくらぎとは、出世魚、ブリの子供。漢字では「福来魚」と書く縁起が良い名前の魚。富山県では一番食べられている魚です。ブリよりもさっぱりとした美味しさがあります。

ひーちゃん_20180122 - 7 / 20

あじ刺し身 650円 こちらは生姜といっしょにいただきました。

P1670663甘エビ刺し身 650円

ひーちゃん_20180122 - 3 / 20めぎすの塩茹 400円

石川県が漁獲量全国一位である深海魚。傷みやすい魚のため、上越地域以外ではあまり食べられていない魚です。

ひーちゃん_20180122 - 2 / 20竹田の厚揚げ煮 450円、タラのうま煮 650円

初めて知りましたが、福井県は油揚げの消費量が全国一位。そして、そんな福井県で有名な厚揚屋さんが創業大正14年、谷口屋の「竹田の油揚げ」

ひーちゃん_20180122 - 1 / 20本日のおすすめメニューをすべてお願いしました。 ほうれん草煮浸し 650円

ひーちゃん_20180122 - 11 / 20ハタハタ天ぷら 650円

ひーちゃん_20180122 - 10 / 20牛すじ煮込み 650円

ひーちゃん_20180122 - 5 / 20手作りメンチカツ 650円

ひーちゃん_20180122 - 12 / 20酒万寿の天ぷら 250円

〆にいただいたのは、名物、酒まんじゅうの天ぷら。こちらの酒万寿、弘子さんのご親戚が営む三国町の和菓子屋「いまで涛花堂」の酒万寿をつかっており、三国町では「酒饅頭」を「酒万寿」と表記します。酒万寿は「万の寿ぐ(ことほぐ)」縁起のよいものとされ、婚礼やお祝い事で配る風習が今も尚残っているそうです。※寿ぐ(ことほぐ)とは、言葉で祝福するという意味

のみ処なので、ママさんが居る飲み屋かと思いましたが、福井の郷土料理をいただける美味しい小料理屋でした。福井県の美味しいを堪能した夜でした。

ひーちゃん_20180122 - 19 / 20
■店名:のみ処 ひーちゃん
■住所:福井県あわら市温泉4丁目914
■電話番号:0776-78-4373(090-5177-4586)
■営業時間:18時〜23時半
■定休日:水曜日

1 2 3 4 5 36