胡桃キャラメルコーヒーのメレンゲとココナッツのメレンゲ

2016.05.04 Wed  Journal, お菓子 

Meringue_20160504_01
煎茶に合うお菓子を作りたかったのですが、なかなかな着手できず。
連休を利用して、今日は軽いメレンゲ2種をつくりました。
これだ!という配合に辿り着くまで、あと数回いろいろやってみようと思います。

桜の焼き菓子

2016.04.24 Sun  Journal, お菓子 

sakuracookie_20160420
桜の花びらと葉の塩漬けをみじん切りして、甘しょっぱいお菓子を焼きました。
サックっとほろっと、口の中で解けます。

桜シフォンケーキ

2016.02.21 Sun  Journal, お菓子 

sakura chiffon_20160221_05
sakura chiffon_20160221_07
春の陽気のような今日の日にぴったりの桜シフォンケーキをつくりました。
ほのかな桜風味のシフォンに、桜リキュールを加えたシャンティクリームを飾り、
パターグラッセとピスタチオで桜の花びらと若葉を表しました。

天気が良かったのでいつもなら車で移動する距離を散歩したのですが、
ちょっとした冒険気分を味わい新鮮でした。
毎日の移動は乗換案内で調べて予定通りに動きます。無駄が嫌いなのです。
でも今日のように、時間を決めず景色を楽しみながら歩くこのゆとりが、
心の穏やかさを取り戻し、清々しい気持ちにさせてくれました。

せかせかすると、日々変わりゆく一瞬の美しい景色を見過ごし、
たくさんの大切なことに気づかず生きてしまう。
そんな人生になってしまっては勿体ないですね。

散歩の後、紅茶と共に楽しいティータイム。
良く晴れた気持ちのよい日曜日でした。









birthday cake

2016.02.20 Sat  Journal, お菓子 

birthdaycake_20160220
一昨日誕生日を迎えた友人へバースデーケーキをつくりました。
白くおめかしした台に、赤い苺を飾って、お祝いムードたっぷりのケーキです。

作っているときに、幼い頃お誕生日会を開いて、みんなでケーキを食べた記憶が甦ってきました。
子供の誕生日会には張り切って手作りケーキを準備するけれど、大人にはなかなかないなと。
そう思うと、このサプライズに友人がどんな反応をするのかが楽しみで、わくわくしてきました。

大人になっても、バースデーケーキをみんなで囲ってわいわい食べるのは、
なんだか少し新鮮で、なかなかよいものでした。

スポンジケーキ

2016.02.18 Thu  Journal, お菓子 

chiffon_20160217
材料がシンプルであればある程隠すことのできない難しさ。
同じ分量でも作る人によって大きな差が生じてしまう。しっかりと基本ができていないとボロが出る。
毎日初心に帰り、基本をしっかりと手に染み込ませよう。

米粉ココアシフォンケーキ

2016.02.17 Wed  Journal, お菓子 

cocoachiffoncake_20160217
ココアシフォンはバレンタインの名残の味。

身体が弱っていると、気持ちも連動して弱っていきます。
張りの無い口調で、未だ起こってもいないことへの不安を声に出し、
無意味な話をすればする程、エネルギーが漏れていきます。

気を付けなければならないのは、
弱音を吐いたら、その言葉が現実になってしまうということです。

言葉を慎み、
言葉を発するときはよく吟味してから声に出すことを忘れませんように。

抹茶マフィン

2016.02.16 Tue  Journal, お菓子 

muffin_20160214_02
ホワイトソルガム(たかきび粉)を使って抹茶マフィンを焼きました。
表面はカリッと、中は弾力性のあるお餅のような食感に仕上がりました。

色々な食材を使ってお菓子を研究していますが、健康情報に振り回されて、
いったい何が正解なのか分からなくなります。
白砂糖、小麦、卵、乳製品などは時々悪者扱いされますが、人の体質によりけり。
なんでも美味しく食べられれば、それが一番自由で幸せなことです。
食材が何であれ、人の手で作られた手作りのお菓子は美味しいですね。



Happy Valentines Day

2016.02.14 Sun  Journal, お菓子 

valentine_muffin_20160214
濃厚な米粉チョコレートマフィン。
午前中、外に出られない程の豪雨を利用して焼きました。
ハッピーバレンタイン。

butterflies cookies

2016.02.10 Wed  Journal, お菓子 

butterfly cookie_20160210
お花を愛する方へクッキーをプレゼントしました。
感謝の気持ちの伝え方は人それぞれ、自分の得意な方法で。私はお菓子に言葉を添えて。

今日仕事をしていて、明らかに問題はあなたにあると思えることがありましたが、いや待てよ。
責任がどちらにあるか追求するより、あなたを不安にさせたことについてお詫びしたら、
不思議と相手も「いや、こちらの問題です。」と謝ってきました。

争えば、争い合うけれど、 認めたら、認められる。
奪い合えば、足りないけれど、譲り合えば、余る。
不思議ですね。

ローズマリークッキー

2016.02.08 Mon  Journal, お菓子 

edible flower cookie_20160207_02
ローズマリークッキーを焼きました。
甘く爽やかな香りとエディブルフラワーで、春のフラワーガーデンを表現しました。

edible flower cookie_20160207_01
鮮やかなお花は、焼くと鮮やかさを失います。

edible flower cookie_20160207_03
押し花のように仕上がり、目も舌も楽しめるお菓子ができました。

1 2 3 4 5 6 7 8