季節の和菓子

2014.12.06 Sat  Journal, 和菓子 

suisen_20141206水仙

季節の和菓子

2014.11.29 Sat  Journal, 和菓子 

shibayuki_20141129
柴雪

季節の和菓子

2014.11.16 Sun  Journal, 和菓子 

ukishima_20141116
山路という名の、秋の浮島。

季節の和菓子

2014.11.16 Sun  Journal, 和菓子 

inokomochi_20141116
猪子餅

11月の一週目は炉開きですが、すっかり忘れて、山中湖へ。
※来年は忘れることなく、手帳へ記しました。

猪子餅は毎年炉開きの生菓子として頂きますが、
今年は日を改めていただいて、邪気払いです。

猪子餅は、旧暦10月の亥の日に作られる餅。
冬も近づく亥の月亥の日にいただくことで、邪気を払い、
無病息災と多産の猪にあやかって子孫繁栄を願い、お餅を食べます。

胡桃入りのこし餡を胡麻入りの求肥で包み、きな粉とシナモンが掛かっています。

季節の和菓子

2014.10.11 Sat  Journal, 和菓子 

wagashi_20141011
里の実り、柿の生菓子。
稽古場の柿は、実が成るのは1年おきで、昨年豊作でしたので、今年は成りが悪く。

気になること。
最近スーパーで販売されている柿の殆どが種無しで、聞けば、種有は売れ行きが悪いそうです。
人間が食べやすいように命(種)を途絶えさせる処理を施しているわけで、不自然さを感じてしまいます。
※もし、自分がそんなことをされたら辛い。

種無し、つまり次に残したいという基本的な生命力を抜き取られた状態ですから、
見た目や味に損傷がなくとも、生命力という「力」は半減してしまったと、想像します。
ですから、成る丈なら、自然な状態なものをいただきたいです。

種は少々煩わしですが、
種を持つ柿は、強い力を持ち、
栄養や舌では感じ取れれないもっと深い部分で、わたしたちの身体に強い力をもたらしてくれると思います。

わたしは、種有の柿を選びます。

いも茶巾

2014.10.10 Fri  Journal, 和菓子 

imochakin_20141010
明日の茶会で出すお菓子をつくりました。
前日に仕込んで、明日お茶を出す頃には、ちょうど馴染んで、しっとりよい頃合いになることでしょう。

茶会やホームパーティー、イベントごとの準備で、
毎度毎度、間際症候群の私は、ドタバタして殺気立ち、家族や近しい人に八つ当たりしていました。
人間、焦るとよい結果が出せません。
何より、楽しくありません。

その悪い癖も、繰り返し、繰り返し実践していく中で、
徐々に精度が上がり、焦ることなく、疲れ知らずで楽しめるときがやってきました。

何事も準備万全ですと、心平穏に、落ち着いていられます。
経験が物を云うというのでしょうか、前回よりも今回とよくなり、それが自信に繋がります。

しかし、それでも準備不足で、毎回学びがあります。
学びを活かし、改善し、続けてゆくことがきっと大切なのだと思います。

毎週、毎週、稽古事をつづけて、その都度、学びがあります。
とにかく続けることを大事にしてゆきたいです。

季節の和菓子

2014.10.04 Sat  Journal, 和菓子 

watashi_20141004
子いもの生菓子。
10月は、芋の名月。

季節の和菓子

2014.09.09 Tue  Journal, 和菓子 

kisewata_20140906
着せ綿。
9月9日、重陽の節句(菊の節句)に因んだ縁起のよい御菓子。

季節の和菓子

2014.07.26 Sat  Journal, 和菓子 

20140726_ajisai_01

朝顔の生菓子。
朝顔の花言葉は、「平静」。
世間が穏やかで静かなこと、気持ちが落ち着いていること。
そうでありたいなぁ。

季節の和菓子(滝枕)

2014.07.12 Sat  Journal, 和菓子 

20140712_takimakura_01
滝枕とう名の水菓子。
ここ最近焼き菓子ばかりつくっていますが、暑い夏です、
お菓子で涼しさを表現する、視覚で涼しいひとときを提供する、お菓子にも季節がある。

1 2 3 4 5 6 7 8