賞味期限10分の味わい (本葛餅)

2016.07.19 Tue  Journal, 和菓子 

kuzumochi_20160717_01
葛餅は賞味期限10分の味わい。
いただく直前に練って、出来立ての風味と食感を召し上がれ。

季節の和菓子(撫子の練り切り)

2016.07.05 Tue  Journal, 和菓子 

yamatonadeshiko_20160702
日本女性の美称を「やまとなでしこ」と言いますが、
今や「やまとなでしこ」は絶滅品種の危機にさらされているのではないかと思います。
強くなり過ぎず、控えめな美しさを心がけたいと思います。

季節の和菓子(水無月)

2016.06.30 Thu  Journal, 和菓子 

minazuki_20160630
水無月は、書いての通り、水の無い六月。
旧暦では、今の八月をさしますので、水が乾上がる程の日照りがつづく真夏の天候だったのであろう、
新暦では、梅雨の真最中。
旧暦の名称は季節を表しますが、新暦では二か月先にあたるため、
表現が季節に沿わなくなってしまったのは残念にも思います。

六月三十日は、「水無月」(みなづき)を食べる日です。
京都では1年の折り返しにあたる日に、この半年の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。
そこでいただくのが水無月です。

水無月は、白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された和菓子です。
昔は庶民にとって貴重だった氷の結晶に似せ、
台は外郎で氷をあらわし、上に散らした小豆は魔除けの意としています。

季節の干菓子(傘と紫陽花)

2016.06.25 Sat  Journal, 和菓子 

kasa_20160625_01
研究会での干菓子は、千草庵製の傘と紫陽花の干菓子でした。
お味も美味しく、舌と目で楽しませていただきました。

季節の和菓子 紫陽花きんとん

2016.06.18 Sat  Journal, 和菓子 

ajisai kinton_20160618
梅雨はどこに行ったのでしょうか。
夏のような蒸し暑い日でした。

季節の和菓子 「岩根つつじのきんとん」

2016.05.22 Sun  Journal, 和菓子 

iwanetutuji_20160521
五月、岩間に根を下ろし葉を茂らせ、花を咲かせる岩根つつじ。
淡い緑に真っ赤な花を咲かせるつつじの様を視覚と味覚で味わいました。

季節の和菓子(春紅)

2016.04.25 Mon  Journal, 和菓子 

harukurenai_20160423_01
若葉色と紅色のきんとん

『柳は緑花は紅』

柳は緑色、花は紅色をしているように、
自然はいつもあるがまま美しい姿をしているという悟りの心境を表す句。

黄身しぐれ

2016.04.22 Fri  Journal, 和菓子 

kimishigure_20170418_02
黄身時雨と抹茶時雨。
漉し餡を時雨生地で包み蒸したお菓子です。
オレンジピールのは、刻んだオレンジピールと白餡を混ぜた変わり餡を包みました。
蒸しあがった黄味しぐれは、一つ一つ表情が異なり可愛らしい仕上がりに。
ほろほろと口の中でほどける、軽いお菓子です。

季節の和菓子(菜の花きんとん)

2016.03.27 Sun  Journal, 和菓子 

nanohanakurikinntonn_20160326_01
桜はまだ二分咲。来週末には満開を迎えそうです。
昨日、横浜髙島屋ギャラリーへ「永樂歴代と十七代 永樂 善五郎」展を観に行きました。
日本のみやび。造形と色彩が美しい。
3月28日迄開催していますのでお時間許しましたら是非お出掛けください。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/eiraku.html


季節の和菓子(うぐいす餅)

2016.03.05 Sat  Journal, 和菓子 

uguisumochi_20160305
春の芽吹きを思わせるうぐいす餅。
最近日の出が早くなり、日に日に暖かくなってきました。暖かくなると気持ちも身体も軽くなります。
今年は桜の開花が早い様で、今月23日に開花し、4月1日に満開を迎え、6日頃には散る予想。
早々にお花見の予定を立てています。

1 2 3 4 5 6 8