新米の季節がやってきました。

2018.10.16 Tue  Journal 

IMG_7586 IMG_7594 IMG_7612
新米の季節になりました。いただいた新米を、今朝、早速炊きました。本日の主役は白いごはんです。

母の弁当

2018.10.15 Mon  Journal 

IMG_7574
母の手作り弁当を久し振りに味わいました。茶色いおかずが沢山入っていて美味しい。どんなお弁当もこれに勝るものはないでしょう。

じっこり煮込む もつ煮込み

2018.10.02 Tue  Journal 

IMG_7531
台風が来るというので、家で過ごしていた日に、もつ煮をつくりました。3回湯切りして余計な脂と臭みをとってから、じっくり煮込むのがポイントです。

ふくれ菓子

2018.10.01 Mon  Journal 

日々の食事とお菓子 - 4 / 10
霧島で食べた「ふくれ菓子」を朝のおやつにつくりました。ふくれ菓子は鹿児島で昔から親しまれる郷土菓子で、小麦粉に黒砂糖や重曹を加えてつくる素朴な蒸し菓子です。

野菜と果物のごろごろサラダ

2018.09.30 Sun  Journal 

IMG_7484
今夏は色々な場所を巡り、そこで得たエッセンスを活かして、料理を愉しみました。でもやはりシンプルなものが一番。素材がよければテクニックは不要なのですね。旬のいちぢくとプルーン、アボカド、キュウリ、モッツァレラ、ハーブをざっくり混ぜ、お気に入りの塩と胡椒をパラパラと。最後に早摘み無濾過の爽やかな香りがするオリーブオイルを垂らした簡単ご馳走サラダ。美味しいパンと一緒にいただきました。秋が深まる今日この頃。我が家の朝ごはんです。

梅仕事

2018.06.07 Thu  Journal 

ume_20180602
青梅を収穫して、ジュースや調味料をつくりました。
ジュースは甜菜糖で仕込みコクを出すのが好み。梅酢シロップは今年初めてつくりました。青梅漬はエキスを和え物などに、青梅醤油は刺し身や冷奴に垂らすと爽やかで美味しいです。糠床に青梅を入れると梅の殺菌作用で防腐効果があり、糠床が爽やかになります。恵みに感謝いたします。

盆石展のお知らせ

2018.05.30 Wed  Journal 

bonsekiten
細川流盆石展のお知らせです。
今年も目白学習院大学記念館にて開催いたします。
近くまでお越しの際には、是非お立ち寄りください。

●細川流盆石展
日時:2018年6月28日(木)~7月1日(日)10時~17時 (最終日は16時迄)
会場:学習院記念会館3階
アクセス:JR目白駅より徒歩5分 学習院正門入口すぐ右側
入場無料/各日11時〜、13時〜実演いたします。

※1日(日)午後会場におります。

初夏の茶会

2018.05.27 Sun  Journal 

cyakai_201805272
青葉若葉が目に美しい好季、三渓園にて茶会を開催いたしました。
沢山の方にお越し頂き感謝申し上げます。

cyakai_201805277

cyakai_201805278

cyakai_201805276
お煎茶席では玉露のお点前をさせていただきました。普段いただくお茶とは一味違う玉露の旨味に感激していただき、大変嬉しく思いました。旨味を出す為にゆっくりとお湯を冷ましていきます。美味しくお茶がはいるようにと祈りながら。

cyakai_201805275

cyakai_201805273

cyakai_201805274
盆石は二景打たせていただきました。これからも稽古に精進して参ります。有難う御座いました。

「花は野にあるように」

2018.05.13 Sun  Journal 

12
大和円照寺 山村御流いけばな展へ行って参りました。「花は野にあるように」とは、千利休が茶道の教えとして残した「利休七則」にある言葉ですが、野に咲く花が自然の中で咲いていたそのままの姿を生けること、つまり、花のいのちをいただいて生けるという心、そこに命の尊さや無常を観て正面から向き合う大切さを教えているのではないかと思います。自然のままに生けるからこそ、質素でありながら、凛とした力強い美しさがありました。

草団子

2018.04.30 Mon  Journal 

kusadango_2
春が旬の野草、よもぎの若芽を摘んで草団子をつくりました。
野草の力強い香りをさっぱりした粒粒餡といっしょに。

1 2 3 4 5 6 7 71