瞑想

2015.11.12 Thu  Journal 

taoratden_2015_22
最近巷で瞑想が流行っていますが、瞑想には準備段階があります。
準備段階とは、呼吸を整えて心を鎮めるとかそういう準備段階の話ではなく、それ以前の話です。
この部分については、実はあまりフォーカスされていないのですが、
とても大切な部分だと思いますので、ここに記しておきます。

瞑想は、心を制御し、集中して行わなければなりません。しかし、集中することは非常に難しいです。
例えば、瞑想中に美味しい匂いがしてきたとき、嗅覚が反応し、これが終わったら何を食べようかと考え始め、
そこから発展して、あそこのお店で食べたいな、
そういえばあのお店は昔付き合っていた彼女と行ったな、別れが辛かったな、彼女今頃何しているかな…という具合に
心が動いてしまうと瞑想どころではなく、集中できていません。

心を制御し、集中するには、日々の中で心の汚れを取り除く作業が必要になってきます。
例えば、嘘をつかない、あらゆる執着をなくす、妬みや心配心を捨るなど。
それなしにはよい瞑想ができません。瞑想しても悪い記憶に心が引っ張られてしまうからです。

ところで、君の言う瞑想って一体どうゆうものなの?と聞かれました。瞑想にはいろいろな種類がありますね。
私が行っている瞑想は「慈悲の瞑想」というもので「トンレン」とも言います。
これは自己の幸せと他者の苦しみを交換する瞑想です。
日々の中で得た徳や幸福な気持ちを他者に差し出し、
他者の苦しみを他者に代わって受け取ることを繰り返し行います。

毎日朝晩、心を鎮め、呼吸に乗せて行い、心が清められる想いです。
家族や友人、時々ここへ感想をくださる貴方のことを思い浮かべて。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>