炭水化物不耐症

2015.11.09 Mon  Journal 

sushiabe_20150911_01
チェンマイでデトックス三昧し、これからは身体を汚さないように気を付けようと思いました。
帰国して先ずお鮨を食べたのですが、食後胃が重く、尋常ではない眠気と疲労感に襲われました。

思えば、チェンマイでは炭水化物を殆ど摂っていなかったのです。

炭水化物を暫く抜いてから再び食べ始めたときに調子が優れず、
私は炭水化物不耐症の徴候があるということに気が付きました。
気付かぬうちに炭水化物を過剰摂取し、日中のパフォーマンスを落としていました。
そういう訳で、暫くはサラダランチにします。

食後、疲労感、集中力低下、眠気、甘味やカフェイン、煙草を欲するのは、
炭水化物の摂り過ぎが原因かもしれません。

炭水化物不耐症であるかテストする方法として、2週間ぐらい糖質を制限し体調の変化を観察する。
糖質制限して体調が良くなった場合、炭水化物を効率よく使うことができていない可能性が高いので、
糖質を減らすことで快適に過ごせるようになります。

米は好物ですが、腹八分目、今後はほどほどにしようと思います。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>