着物のこと

2015.10.11 Sun  Journal, 着物 

kimono_20150926_02
着物は好きですが、恥ずかしながら、着物の事はなんにも分かりません。
全て母任せなのです。祖母が母の為に縫った着物を本人は袖を通さず、
結果、孫が代わりに着ています。
私は着る専門、母は着物の手入れ専門で衣装部は大変よとよく嘆いています。

母は、今は元気ですが、いつどうなるか分かりません。
それで、今のうちから備えておくことにしました。

何となく着ていた自己流着付から、一度先生にみていただきたいと、
今夏より下町にある呉服屋さんに通っています。呉服屋さんの店主が私の先生です。

着付の方法は色々あるけれども、
綺麗に着られるコツは、落ち着いて、1つ1つを丁寧に仕上げることだと教えていただきました。下処理が大切であると。
毎週通い、扱い方、手入れ方法、着付のコツなど、補いたい知識、テクニックについて、
ピンポイントで教えていただく。

こうしたい、こうなりたいと思ったとき、結果を出す最短の方程式は、
(良い先生)×(自身のやる気+予習と復習)だと思います。

私の考える良い先生の定義は、
●軸はあるけれど柔軟性が高いこと
●生徒のやる気を引出し、実践と自習を促すことができること

加えて、1対1であることも私にとっては重要なポイントです。
全ての稽古事は、1対1で行っています。より集中して相手から得られるので、効果が大きいです。

今回もまた、良い先生に巡り合いました。今後もお世話になります。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>