お裾分けいただいた旬の食材で (蛤の潮汁とこしあぶらのごはん)

2016.05.08 Sun  Journal 

koshiabura_20160508
新潟がご実家の友人からいただいた山菜と、九十九里から届いた蛤で、
こしあぶらのごはん、わらびのポン酢和え、蛤の潮汁をつくりました。最強の朝食です。
一昨年のゴールディンウィークも丁度山菜と蛤をいただいて、フェアを開催したのを覚えています。

わらびは、アク抜きした状態でいただいたので、
前回、そのままポン酢を掛けて食べるのが美味しいよと教えて貰い、今回も引き続き。
こしあぶらのごはんは、教えて貰った通りにつくり、美味しくできました。
鮮やか緑が目にも爽やかに、こしあぶらのほろ苦さが季節を感じさせてくれました。

(作り方)
こしあぶらは、さっと茹でてから、みじん切りにします。
フライパンに少量の胡麻油を垂らしさっと炒め、お好みで塩を少々。
これを炊き立てのごはんに混ぜて出来上がり。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>