Kopi Luwak

2015.08.01 Sat  Journal 

azazawacofee_20150801
六角橋仲見世商店街にある赤澤珈琲研究所へ伺いました。
以前、コピ・ルアクをインドネシアから入手した際、お世話になったお店です。

コピ・ルアク(Kopi Luwak)とは、ジャコウネコが食べたコーヒー豆が、
体内で消化されずに豆の形を残したまま糞に混ざり、そこから取り出したコーヒー豆です。
腸内の消化酵素や腸内細菌による発酵によって、豆に独特の香味が加わると言われている
世界で最も高価なコーヒー豆です。

折角なので、本格的に淹れて飲んでみたいと、持ち込みした豆を淹れて貰えないか、
何軒もの喫茶店へ電話しました。
相手にされない中、唯一、「面白うそうな試みですね。是非うちで淹れましょう」と
快く引き受けて下さったのが赤澤珈琲研究所のマスターの赤澤さん。

わたしは仕事柄、コーヒーやカフェのことに関しては少し知識があるけれど、
赤澤さんには、より詳しく珈琲のことを教えていただく。

変なプライドが邪魔して人に聞くことや、教えていただくことを恥じると、
知ったかぶりほど、自分の成長を止めることはないのだと、いつも気付かされる。

商店街には、様々な専門店が軒を連ね、
其々のお店で、より専門的な知識、知恵を教えていただく。

美味しいものを食べたかったらその専門店へ行く様に、
野菜のことなら八百屋さん、肉のことならお肉屋さん、豆腐のことなら豆腐屋さん。
そういった具合に様々な専門店が集う商店街は、これから流行るのではないかと思う。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>