IMAHAMA CUP

2015.01.03 Sat  Journal 

imahamacup_20150103
今年は母の提案で、小学校の体育館を貸切にし、第一回IMAHAMA CUPを開催しました。
家族でバトミントン、卓球大会です。

お正月からなんとも健康的な家族だと思います。

ウォームアップ後、個人トーナメント戦。
参加費1,000円。
本気を出す為、決勝戦は皆で観戦し、優勝者が参加費総取りということにしました。

記念すべき第一回目の優勝者は、兄夫婦。

運動後、程よい肉体疲労感と激しい空腹感に襲われ、
「お腹空いた―」とかつての通学路を歩き、家路を急ぎます。

この空腹感、大人になってからあまり味わうことの無い。
それはまるで、部活帰りのような感覚。

実家に集まり、皆で、今日はお疲れ様の乾杯。
相当お腹が空いていたのか、全員黙って、ただただ食べることに夢中になりました。

毎日パソコンとにらめっこするような仕事をしています。
お昼の時間になると、当たり前のようにご飯を食べる習慣。
それは、お腹が空いていなくても、決め事のように、ついつい食べてしまいます。

時計を見て、「12:00だから食べよう」ではなく、
お腹が空いたと思って、時計を見たら、ちょうど12:00が理想。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>