クリスマスの飾り

2014.11.27 Thu  Journal 

christmas_20141130
居間の天井にクリスマスのオーナメントを飾りました。
小さな子供がいる訳ではありませんが、こうやって飾りをすると気分がノッてきます。

先日、ふれあい訪問員の活動で出逢った、1人暮らしの高齢者のお宅を訪問したときの話です。

随分前に、旦那様は他界され、以来ずっとお一人暮らしですが、
私がいつ行っても身なりが整って、家は綺麗に片付いており、
いつもニコニコと、最近の出来事を楽しそうにお話して下さいます。

「主人は私を置いて先に逝ってしまった。それは悲しいこと。でも、彼が望むことはきっと、
私が毎日楽しく過ごすことだから、毎日笑って、楽しく過ごそうと決めたの。
私が雨風を凌げる家と、食べることに困らない程度のお金を残してくれて、私はなんて幸せなのかしら。
彼にはとても感謝している。」と話します。

今を受け入れ、日々工夫しながら、与えられた環境を十二分に楽しんでいるという印象。
素敵な女性です。

「12月はクリスマスの飾り付けがあるから、忙しくなるわ。家中飾り付けするから見に来て頂戴ね」

彼女は旦那様の仕事の関係で、ニューヨークでの生活が長く、
クリスマスの飾り付けは恒例行事になっているんだそう。

「日本は四季があるから四季を感じられるけど、アメリカは日本ほど四季を感じられないから、
こうやって季節の飾りをして、楽しむのよね」とも話していました。

そういえば小さい頃は、家族でクリスマスツリーを飾って、
サンタさんに手紙を書いて、ケーキを食べてお祝いしました。

大人になって、そういう楽しいことをどこかに置いてきたのかな。
決して大きなイベントではないことの一つ一つを楽しみ、ワクワク、待ち遠しく思えたりして。

そうか、季節を楽しむ"ゆとり"が、心の豊かさをもたらしてくれるのか。
大人はそれを置いて、自らを忙しく(心を亡くする)させているのかもしれない。

そんなことを想い、早速、家の天井にゆらゆらとオーナメントを飾ったのです。

やっぱり気分がノッてきます。
クリスマスホリデーが待ち遠しい。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>