その癖、嫌われます

2014.11.03 Mon  Journal,  

kuse_20141103
移動の車中、盛り上がった話題は人の「癖」について。
癖は気になりだした途端から、敏感に反応してしまうようになり、それは拷問にも値するストレスとなる。

気になる口癖
「逆に」「むしろ」「要は」
「しれっと」「ほぼほぼ」「なるはや」
話の前に必ず「変な話」と連呼する。

何かにつけて、「バタバタ」という言い訳。
バタバタという言葉が忙しくさせるので、音をたてないでほしい。
バタバタは己の問題、相手には関係のない話。

この濁音を重ねる表現は、行動が荒くなる気がして是非避けたい。
「ジタバタ」「ドタバタ」「ドンドン」

食事中に、
足を組む、姿勢が悪い、肘をつく、くちゃくちゃ音をたてる(クチャらー)

仕事中に、
キーボードのエンターキーをやたらに強くたたく
受話器をガシャンと置く
ペンを机にたたきつけるように置く
キャビネットを閉めるときにガシャンと音をたてる

その他、
痰がのどにからんだ状態を頻繁に起こすなど

本人は無意識にやっているからたちが悪い
これらの癖は、本人にとっては、快感をもたらす行為にさえなっている。

「あるある~」と他人事を云いたい放題盛り上がって、
自分には悪い癖が無いか、人にストレスを与えてはないか
「これから言ったら注意してね」と言い合って、そんな気楽さが心をスッとさせた。

本人に伝えるには、なかなか勇気がいるし、躊躇してしまう。
双方軽い心構えで注意し合える仲でありたい。

帰宅後、私の口癖は何か夫に尋ねたら「これやっといて」ですって。
確かになんですが、まぁ変な言葉遣いではなくて良かったです。

この本にいくつもの共感がありました。

その癖、嫌われます (幻冬舎新書)
竹内 一郎 著

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>