ロブション

2014.10.30 Thu  Journal 

Joel Robuchon_01
「食」仲間が、ロブションでお祝いしてくださいました。
正装し、背筋を正し、時間を掛けて真剣に味わう。
食事はもちろんのこと、サービスが行き届き、素敵な時間を過ごしました。
こういう時間もときどきは必要ですね、よい想い出になりました。
ありがとうございました。

友人との会話を残しておきます。

「わたしは今、人生の宿題をやっているところ。」
人生で、1度は叶えたいことの一つ、
今年は1月1日着で年賀状を送る宣言をし、みなさんの住所をお聞きました。

そういえば、ご一緒した方の一人が今年は喪中です。
そうしましたら、
「年賀状は、1年に1度のご挨拶ですから、贈りたい方へは今年も書きますよ。
いったい誰が喪中葉書をはじめたのか考えたら、
そろそろ私たちは、一般論や既成概念などなくして、本質で物事捉えるべきではないか」と。

後に調べたら、やはり喪中葉書が普及したのは、年賀はがきが始まったころからでした。
商業的に浸透させたことは素晴らしいですが、
普通とか一般論こそが正しいという考えから、そろそろ離れ、本質で物事を捉えてゆきたいと思いました。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>