告別式

2015.01.17 Sat  Journal 

昔勤めていた会社の方の訃報を受け、告別式に参列しました。

彼とは違う部署でしたから、仕事での関わりも殆どなく、
付き合いはありませんでした。

彼のことで知っていることとしたら、私が大切に想っている方と
大変親しくされていたということぐらいです。

しかしながら、なぜか知らせを受けたので、伺うべきなのだと心が想い、
伺って良かった。

私は、当日沢山の懐かしい顔に会うことができ、それはきっと彼が会わせてくれたのでしょう。

葬式用にと、一つ紋の色無地を少し地味な色に染め、私が家を出るときに母が持たせてくれた。

結婚式、葬式、私たちはドレスを着るようになって、民族衣装はいつ着るのでしょうか。
後日、母との会話。

mofuku_20150117

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>