清澄白川 ブルーボトルコーヒー (Blue Bottle Coffee)

2015.07.21 Tue  Eating place, カフェ 清澄白河

buluebottlecofee_20150419_16
2015年2月6日にオープンしてから2ヵ月余り経った日曜日の朝、
ブルーボトルコーヒー国内1号店の清澄白河店を訪問しました。

buluebottlecofee_20150419_14
8時開店で、7時半に到着。列の10番目でした。
店内は15席よりありませんので、時間を間違えると相当待たされます。
店舗横の広いスペースにはパーティーションポールが設置されており、
長蛇の列ができることが想像できます。

朝から警備員が2名常駐し、列の誘導や車両の移動指示などを行っていました。
住宅街にあるので、近隣住民とトラブルにならない様配慮が成されています。
(駐車場はありませんので、近くのコインパーキングをご利用ください。)

ブルーボトルコーヒーのオープンについては大々的に騒がれましたが、
実は、2009年に初上陸しており、カフェは1年後に閉店しました。
この頃は、まだタイミングが早過ぎたのでしょう。

8時にオープンし、中へ入ります。
なんでしょうか、このワクワク感。待っていたアトラクションに挑むような嬉しさです。

buluebottlecofee_20150419_11
コーヒー豆やトートバックなどの物販。

buluebottlecofee_20150419_10
背の高い長テーブルと椅子が15客。
とてもシンプルな誂。サンフランシスコのお店と同じような様子です。

ブルーボトルの他、サンフランシスコのサードウェーブカフェは、
Wi-Fiや電源が無く、テーブルをわざとパソコンが使い難い高さに設計しています。
人と人とのつながりを大事にし、カフェに流れる自然な会話をなくしたくないという彼らの哲学があるからです。

buluebottlecofee_20150419_01
奥はロースター(焙煎工場)。

buluebottlecofee_20150419_09
メニューボード。

buluebottlecofee_20150419_06
キャッシャーで注文を済ませ、名前を伝えて、出来上がったら呼ばれるシステムです。

buluebottlecofee_20150419_05
ガラス張りのボード下にはコーヒーとフードが置かれています。
コーヒーに合うフードは、2階で作られています。
ブルーボトルが大切にしている地産地消の考えから、材料は近隣、国内産を使用しているそうです。

buluebottlecofee_20150419_12

buluebottlecofee_20150419_07
ドリッパーは、ラッキーコーヒーのBONMACを使用。
CEOのジェームス・フリーマン(James Freeman)氏は、日本の喫茶店の大ファンで、
日本製のコーヒーメーカーを使用しています。

buluebottlecofee_20150419_04
1杯1杯丁寧にドリップされます。
台の下に保温プレートが埋め込まれており、冷めることなくコーヒーが淹れられる。
温度や時間はタイマーで計測。

出来上がると名前を呼ばれます。
私は下の名前でお願いしたけれど、苗字でオーダーしている人が多く、これには違和感を覚えました。
「○○様」と呼ばれるから、病院のような感じがして少々残念。
日本人はファーストネームではなく、ファミリーネームを使用する文化が強いので、
番号で呼ばれるシステムに変更するか、日本独自のオペレーションにした方がよいのではと思いました。

buluebottlecofee_20150419_02
注文したのは、
Singke Origin P.N.G シングルオリジン パプアニューギニア 450円
リエージュワッフル 500円

ブルーボトルコーヒーの特徴は浅煎りで、クリア。
パプアニューギニアは酸味が強かったです。
店内は、KINTOのガラスカップで提供されます。

リエージュワッフルは、コーヒーを淹れている後ろで焼いてくれます。
ワッフルメーカーはSUNTECのBelgium Waffle Baker Double Typeを使用。
提供方法が少し変わっていて、ペーパーフィルターに入れて渡されます。
omotesando koffeeも同じ提供方法でした。)

サンフランシスコのMINT PLAZA店で食べたワッフルの方が好みだったけれど、
あちらはブリュッセルワッフル。
ベルギーワッフルは2種類あって、ブリュッセルワッフルは、大き目の長方形で、
食感はサクサク、ふわふわ軽く、生地の甘さが控えめなので、トッピングで甘さをプラスします。
もう一つは、リエージュワッフル。
ワッフル専門店マネケンMR.Waffleが提供しているワッフルがリエージュワッフルです。
しっかりした生地で歯ごたえがあり、ブリュッセルワッフルより小さいものの、
食べごたえがあり、パールシュガー(粒の大きな砂糖)が入っているので、そのまま食べるのにも充分な甘さです。

ブリュッセル、リエージュとそれぞれ発祥の街の名を冠していますが、
ベルギーの街中ではどちらも食べることができます。街のスタンドではリエージュワッフルが主流。
カフェやレストランでは、ナイフとフォークを使ってブリュッセルワッフルを楽しむことができます。

1回転目に入れたことはラッキーでした。
8時15分を過ぎる頃には、外に列が出来ており、おおよそ1時間弱のウェイティング。
店内も席に座れないお客さんがごった返し、少々窮屈。
ゆっくりとコーヒーをいただける場所としては、まだ時間が掛りそうです。

先日、代官山3号店のオープンが取りやめになったことが正式発表されました。
次の出店場所はどこになるのでしょうか。
Tartine Bakeryのオープンも待ち遠しいです。

店名:ブルーボトルコーヒー (Blue Bottle Coffee)清澄白河店
住所:東京都江東区平野1-4-8
営業時間:8:00~19:00
定休日:無休
Hp:https://bluebottlecoffee.jp/

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>