石川町 志木葉(懐石よしひと)

2016.01.28 Thu  Eating place, 日本食 石川町

shikiha_20160124_14
横浜元町裏路地にある一軒家を改装した懐石料理「志木葉」を訪問しました。
元町shimomuraから程近い場所にあります。

料理人は渡邊 佳人(よしひと)さん。
関内「月」店総料理長下村邦和氏のもと、関内「蘇」の料理長を務め、2011年に志木葉を開業しました。

木の葉に包むほどの小さな物でも、心が籠っていれば立派な贈り物になるという意味のことわざ
「志は木の葉に包む」を由来とする店名の通り、心づくしの懐石料理が堪能できるお店です。
食材の仕入れから料理の仕込みを一人で切り盛りしています。

shikiha_20160124_13
お昼は、藤7品2800円、椿9品3800円、百合10品5800円
夜は、百合5800円、桜8000円、蘭11000円、おまかせ16000円

席数は、1階8席、2階16席、完全予約制です。
お昼のコース椿3800円を予約しました。結果、大満足です。

shikiha_20160124_12
先付:粟麩みぞれ和え

shikiha_20160124_11
お椀:重ね地蛤白味噌仕立て
焼き豆腐、蛤、椎茸がスライス餅の下に隠れています。旨味ある蛤の出汁と白味噌の上品なお椀です。

shikiha_20160124_10
お造り:ばち鮪、寒ブリ
すっきりとした脂の寒ブリとばち鮪。

shikiha_20160124_05
冷菜:紅ずわい蟹と蕪のサラダ
季節の生野菜と温野菜を柚子胡椒のドレッシングで。紅白色の大根は渦巻きビーツ。

shikiha_20160124_08
八寸:鰆木の芽焼き 口取り肴いろいろ

shikiha_20160124_09
鮭の二見漬(魚のすり身を鮭に巻いた料理)
穴子八幡巻
卵カステラ
黒豆
空豆の蜜煮
菜の花の生ハム巻
エシャロット甘酢漬け

shikiha_20160124_07
炊き合わせ:金目鯛と松皮高野 季節の山菜(かぎわらび)
もちっとした松皮高野の上に蒸した金目鯛を載せ、出汁餡がかかっています。上品な味わい。

shikiha_20160124_06
揚げ物:鱈白子揚げ出し、獅子唐辛子

shikiha_20160124_04
shikiha_20160124_03
shikiha_20160124_02
お食事:里芋の土鍋炊きご飯
土鍋で炊いた里芋ご飯は、2名なら1.5合。香の物、赤だしと一緒に。
食べきれない分は、おにぎりにしていただき、お土産に持ち帰りました。

shikiha_20160124_01
水菓子:とちおとめアイス

お料理を一人でされているので、料理の提供が前後することもありましたが、
これだけの内容をお一人でなさっているのですから驚きです。しかも大変リーズナブルで驚きました。
裏路地の住宅街にある静かな志木葉。また訪問したいと思います。

●店名:志木葉(懐石よしひと)
●住所:横浜市中区石川町1-24-1
●電話:045-263-8188
●営業時間:11:30~15:00 18:00~23:00
●定休日:月曜日
※完全予約制

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>