馬車道 勝烈庵 馬車道総本店

2015.12.09 Wed Eating place, 関内

katsuretuan_20151205_01浜の味定食 2,200円

遠方からお客様が見えたので、勝烈庵へお連れしました。
勝烈庵は昭和2年創業の老舗とんかつ店。横浜の名店で、私の大好きなお店です。
この時期は牡蠣フライが提供されます。
好物の海老フライと牡蠣フライ3個の大変魅力的な「浜の味定食」をオーダーしました。
ご飯とキャベツはおかわり自由です。

katsuretuan_20151205_02シーフード揚げ 1,000円(鱚、小海老、帆立貝柱、蟹爪、烏賊、ピーマン)

勝烈庵の魅力は、馬車道十番館で焼いている特別なパンでつくられたパン粉。
果物と野菜を2日間煮込んだ後1日寝かしたソース。
シャキシャキの千切りキャベツ。
ガスで炊いておひつに移、水分を調整したご飯。
しじみ椀。

ソースは一般的なとんかつソースとは異なり、辛さはなく、甘味があります。
そのソースをキャベツやカツに、これでもかとかけいただくのが美味しい。

千切りキャベツもシャキシャキ感がとても美味しいのですが、
キャベツだけではなく、グリーンボールをミックスさせているところがシャキシャキポイントです。

●店舗名:勝烈庵 馬車道総本店
●住所:横浜市中区常盤町5-58-2
●電話番号:045-681-4411
●営業時間:11:00~21:00
●定休日:年末年始

関内 Bistro Paris17 (ビストロパリ17区)

2010.12.09 Thu Eating place, 関内

画像 470
コック・オー・ヴァンをどうしても食べたいという我儘に付き合って下さった『パリの17区』石井シェフ。
コック・オー・ヴァンとは、
フランスの田舎料理の代表格で、鶏腿肉、ベーコン、マッシュルーム、タマネギなどを赤ワインで煮込み、
黒コショウの風味を利かせたもの。
発祥の地は赤ワインの煮込み料理で名高いブルゴーニュ。
現在はフランス全土に家庭料理として広まっている。
特徴は、料理名にもあるcoq(成熟した未去勢の雄鶏)が使われており、
元来、肉の硬い老いた雄鶏を食べやすくするために考案されたレシピであるが、
低温で長時間煮込んでも煮崩れず、若鶏には出せない滋味が現れる。

シチュー用の若鶏を使うのでなければ、
身を柔らかくするために一晩以上赤ワインに漬け込まなければならない。
近年は手間を減らすために若鶏や雌鶏を使い、
漬け込みの工程を無くし、煮込み時間も短いレシピが主流となっている。
画像 498
わざわざ、フランスから成熟した雄鶏『プレジェンヌ』(地鶏)を空輸し、食べさせてくれた。
若い鶏とは違って、引き締まった肉質。
煮込んでも崩れることなく、味は深い。
付け合せはペンネ。
これもフランスの家庭でよく用いられるそう。
よく味がしみ込んでいる。
画像 336
(自家製パン)
本格的な『ポトフ』が食べてみたいという願いも叶えてくれたシェフ。
ポトフと云えば、根野菜などをベーコンでコンソメ風に煮込んだお手軽スープだけど、
本格的にはどうなのだろう…と思って。
画像 451
ル・クルーゼで出てきました!
後で調べてみたら、『ポトフ』とは、フランス語で「火にかけた鍋」という意味。
なるほど。
画像 463
マスタードを添えていただきます。
画像 322
パリの路地裏にこんな雰囲気のお店あったな。
ビストロは肩肘を張らないフレンチ。
画像 313
3人で行って、一人3,000円でした。
わざわざ鶏を空輸するところから、手間と時間を掛けたおもてなし料理、感謝。
石井シェフありがとう。
●店名:パリの17区
●住所:横浜市中区相生町4-65-3 馬車道メディカルスクエアビル1F
●電話:045-664-1417
●営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.13:30) ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)
※日曜17:30~22:00(L.O.21:00)
●定休日:月曜

関内 勝烈庵 馬車道総本店

2010.09.22 Wed Eating place, 関内

浜の味。
とんかつの勝烈庵。
画像 579
創業は、昭和三十六年十月の老舗。

(さらに…)