台北 50嵐 永康店

2016.02.05 Fri Eating place, 海外

igarashi_20150315_01
タピオカミルクティーは台湾発祥のドリンク。台湾へ来たらやはり飲んでおきたいですよね。
友人が紹介してくれたのは、台湾のタピオカミルクティーチェーン店の中でも一番人気の「50嵐」。
全土で展開しているので、街を歩いていてもすぐに見つけられます。
屋号の50嵐は日本の名字「五十嵐」から取ったそう。

台湾でタピオカミルクティーは珍珠奶茶(ゼンチュウナイチャー)と書きます。

igarashi_20150315_03
珍珠奶茶(タピオカミルクティー)以外のメニューも豊富です。
布丁紅茶拿鐵(プリン+紅茶+ミルク)、冰淇淋紅茶(アイスクリーム紅茶フロート)、
金桔檸檬(金柑入レモネード)などが人気。

こちらがメニュー表。
igarashi_20150315_02
台湾でタピオカミルクティーを注文する際は、好みの甘さと氷の量をカスタマイズできます。

サイズ:中杯(M)500㏄/30元、大杯(L)700㏄/45元
タピオカのサイズ:波霸(大)珍珠(小)混珠(大小混合)
※どの飲物でもタピオカが追加できます(加波霸/加珍珠)
甘さ:十分100% 九分90% 七分70% 五分50% 三分30% 無糖
氷の量:正常冰 少冰 去冰 常温 ホット

igarashi_20150315_04
中杯、波霸、三分、去冰でお願いしました。(Mサイズ、ブラックタピオカ、甘さ控えめ、氷なし。タピオカの量は普通で)
氷は味が薄まるので、少冰か去冰がおススメ。去冰は氷が入りませんが冷えています。
甘さは五分で一般的な糖度。三分は程よい甘さ。十分だと激甘です。

●店舗名:50嵐 永康店
●住所:台北市大安區永康街14巷2號
●電話:02-2395‐2000

台北 長春素食

2016.02.02 Tue Eating place, 海外

vegetarian restaurant_20150314_01
台湾でよく見掛ける「素食」という表示。これは「ベジタリアン料理」という意味です。
人口に対してベジタリアンが多い国は1位がインド、2位が台湾。

vegetarian restaurant_20150314_15
ガイドブックにもよく登場するベジタリアンブッフェの名店「長春素食」を訪問しました。
MRT中山駅から徒歩10分程。長春通りにあります。

vegetarian restaurant_20150314_02
ベジタリアンと聞くと味気ないイメージがありますが、料理の種類はなんと100種類以上。
この豪華さで肉、魚、卵、牛乳一切無しは驚きです。

ランチ 11:45-14:00 550元
アフタヌーンティー 14:30-16:30 360元
ディナー 17:45-21:00 600元
(サービス料別途10%)

日本円で2,000円前後。台湾の物価で考えるとやや高めです。
時間制限はありません。

vegetarian restaurant_20150314_14
2階400席、3階400席。
2階はブッフェスタイルで、3階はコースをメインに提供する宴会席。
結婚式の披露宴などでも利用されるそうです。

vegetarian restaurant_20150314_11
食材を選び料理をオーダーすることもできます。※追加料金は掛かりません。
選んだ食材と席番号の書かれたクリップを一緒に厨房へ渡すと、
野菜炒めやスープなど調理してくれます。出来上がると席まで持ってきて下さいます。
味付けは調味料を控えた薄味です。それに自分の好みで調味料や薬味を入れて楽します。
写真はキノコが入った薬膳スープです。身体が温まります。

vegetarian restaurant_20150314_10
麺類も充実しています。
こちらは米粉麺。大豆ミートの肉みそ風トッピングや薬味をたくさん盛りました。

vegetarian restaurant_20150314_05
お刺身蒟蒻は醤油と山葵でいただきます。

vegetarian restaurant_20150314_09
イカに見立てた蒟蒻のお寿司。見た目は本物の様。

vegetarian restaurant_20150314_08
こちらはオードブル。

vegetarian restaurant_20150314_06
点心も充実しています。大根餅、てんぷら、胡麻団子、饅頭など。

vegetarian restaurant_20150314_04
有機野菜のサラダバー。
トッピングは胡麻、かぼちゃの種、ピーナッツ粉、カシューナッツ、アーモンド、レーズン。

vegetarian restaurant_20150314_07
動物性は使用していませんが、油が使われていますので、カロリーについては要注意。
ですが、折角来たのだから、色々と試して楽しみましょう。

vegetarian restaurant_20150314_03
デザートの種類も豊富です。
デザートのみ卵と牛乳が一部に使用されています。

vegetarian restaurant_20150314_12
材料は植物性が主なので素朴なお菓子をイメージしますが、油も砂糖もしっかり入っています。
比較的甘味が強いです。

vegetarian restaurant_20150314_13
アイスクリームは16種類。
トッピングを楽しむ台湾風かき氷もあり充実のラインアップ。
料理方法など大変参考になりました。

●店名:長春素食
●住所:台北市新生北路二段38號(長春路口)
●電話番号:+8(02)2511-5656
●最寄駅:MRT松山南京駅、又はMRT中山駅から徒歩約10分
●営業時間:11:45-14:00、14:30-16:30、17:45-21:00
●休業日:大晦日から3日間

台北 Midori 蜜朵麗 好丘店

2016.01.29 Fri Eating place, 海外

midori_20150314_08
昔軍人さんが暮らしていた集合住宅 四四南村(スースーナンツン)跡地につくられた「好,丘」へ行ってきました。
古い建物をリノベーションしたカフェやショップがあります。

midori_20150314_03
こちらでは、台湾のいいものをテーマにセレクトした雑貨の販売。
カフェでは台湾産の食材を使ったメニューを提供しています。

midori_20150314_02
週末になると広場でフリーマーケットシンプルマーケットが開催されます。
ロハスをテーマにハンドメイドのアクセサリーやバッグ、雑貨などが並びます。

midori_20150314_09
台北101を間近に見ることができます。

midori_20150314_05
カフェ「好丘」の向かいにあるのが、ヘルシーなアイスクリームショップ「Midori 蜜朵麗」。
こだわりは、有機農家とコラボして作られた無農薬のお茶や果物だけを使用し、極力お砂糖を使わない点。
その為、どれを食べても果実そのもののフレッシュな味わいを感じられ、さっぱりとしています。
香ばしいコーンも、手作り。

midori_20150314_06
レパートリーは全部で60~70種類ほど。
台湾の旬の果実を中心に常時10種類が店頭に並びます。果実シリーズの他、お茶シリーズも人気です。

midori_20150314_07
苺 80元をオーダーしました。
ポーションは小さ目です。フローズンヨーグルトのようなすっきり感。もっと食べたかったです。
台湾に行ったとき、また行きたいお店。

●店名:Midori 蜜朵麗 好丘店
●住所:台北市松勤街54號(四四村 好岡信義店内)
●電話:02‐2758‐6907
●営業時間:11:00~17:00(土日10:00~19:00)

台北 Life on(ライフオン)

2016.01.29 Fri Eating place, 海外

lifeon_20150314_01
日本でも流行っているジューススタンド。台湾にもJUICEINJuice8があります。
今回訪問したのは、台湾ならではの「陰陽」「五行五色」の漢方理論を基にした養生ドリンクを提供するLife on

メニューは1週間の曜日に合わせて7種類+季節限定メニューを提供していますが、
毎日7種類販売しているので、曜日に関係なく、好きなものを注文することができます。

新鮮な野菜や果物、有機栽培の豆類や漢方などの食材を店内裏にある厨房で、
8時間以上かけて煮詰めたものを瓶詰めして店頭で販売しています。

lifeon_20150314_02
注文したのは、火曜日のオススメジュース、果香微酸甜 冰熱都好喝 紅入心 蘋棗洛桂湯 NT:90
メインは林檎で、心臓に良い効果があるとされるジュースです。
有機棗、天然ハイビスカス、ロンガン、有機氷砂糖、有機林檎。
養生ドリンクですが美味しいです。

lifeon_20150314_03
店内には座席と本棚が設置されており、店内でちょっと休憩しながらいただくこともできます。

●店名:Life on(ライフオン)
●住所:台北市信義區光復南路453之3號
●最寄駅:MRT信義安和駅より徒歩約8分
●電話:+886-2-8786-9053
●営業時間:月曜-土曜 10:30-22:30 日曜12:00-20:00

Berkeley Farmers’ Market

2015.07.08 Wed Eating place, 海外

market_20150211_11
ecology centerが主催しているBerkeley Farmers’ Marketは、1987年にスタートしました。
現在は週3回、異なる場所で開催され、木曜日は100%オーガニックです。
日本で開催されているファーマーズマーケットは朝早くから始まり、午後には閉めますが、
開催されるのが平日ということもあってか、バークレーでは午後からオープンし、
仕事帰りに立ち寄れる時間帯まで開催しています。

market_20150211_01

market_20150211_07

market_20150211_09種やナッツ類、Weat Grass(大麦若葉)

market_20150211_05
Weat Grass(大麦若葉)は、細胞・免疫力の活性化、血液浄化、毒素排出など期待でき、
自然界で最良の薬(副作用なし)と呼ばれています。
アメリカでは、スムージーチェーンJumba Juiceなどで、
日本では自由ヶ丘にあるRobeks Juiceでいただくことができます。

market_20150211_04
グルテンフリー、ソイフリーの焼き菓子。
近年アレルギー人口が増え、日本でも3人に一人が何らかのアレルギー疾患に掛かっているというデータがあります。
大豆の代用品としては、アーモンドミルクやライスミルクなどがあります。

market_20150211_02こちらはアーモンド専門店。そのまま食べたり、アーモンドを潰して絞り、アーモンドミルクにしたり。

market_20150211_03焼き立てのパンが並ぶ。

market_20150211_08様々な種類の豆腐と大豆ミート。

サンフランシスコのマーケットよりも割安で、良い品が揃います。

Downtown Berkeley
Center Street @ M. L. King, Jr. Way
Saturdays 10 am – 3 pm

Shattuck Avenue @ Rose Street
Thursdays 3 pm – 7 pm

Adeline Street and 63rd Street
Tuesdays 2 pm – 6:30 pm

Bi-Rite Market

2015.07.04 Sat Eating place, 海外

birite_20140212_16
Whole Foods Marketよりも、より小規模生産者や個人企業を応援するローカルスペシャルストアBi-Rite Market
ミッション地区、BART 16th Street駅から徒歩10分程。Tartine Bakeryの向かい側にあります。
Creating community through food.食を通じて地域とコミュニティを創る。
食の大切さを伝え、生産者と消費者を繋ぐことをミッションとしています。
取扱う商品は、Local,Organic,Sustainable.であること。
地域で、無農薬、無化学肥料栽培を原則とする土壌で、
持続可能な環境を守りながらつくられた品物を取扱いしています。

birite_20140212_01

birite_20140212_02入口には、お花の販売。

birite_20140212_15新鮮な野菜はファーマーズマーケットに行かずともここで揃う。

birite_20140212_05日本では見掛けない形状の紙バック。
エコ意識が高いサンフランシスコでは規制があり、スーパーではビニール袋を手渡さない。
エコバックを利用する。バックが無い場合はリサイクルの紙バックを購入。

birite_20140212_14
birite_20140212_03販売する商品には生産者や特徴も記載されているので、顧客からの信頼度も高い。

birite_20140212_13Acme Bread(アクメブレッド)などの地元のベーカリーで焼いたパンが並ぶ。

birite_20140212_07サラダなのどの加工品も豊富。

birite_20140212_08

birite_20140212_12

birite_20140212_09

birite_20140212_10グルテンフリーのオーガニックチョコレートプリン。$5.5

Bi-Riteは、アイスクリームのお店Bi-Rite Cream&Bakes Shopも運営しています。
近年オープンした2号店となるDivisadero St.には、Bi-Rite Cream&Bakes Shopが併設。

Bi-Riteの他にも、サンフランシスコにはローカルスペシャリティストア、
Rainbow GroceryLocal Mission Marketがあります。
こういったお店が支持されてきているようですね。

日本では、同じようなコンセプトのお店Food&Companyが学芸大学にあります。
Food&Companyがある道沿いには、食のセレクトショップGOOD FORTUNE FACTORY
焼き菓子店Maison romi-unieがあり、少し歩くとナチュラルハーモニー本店があります。

サンフランシスコのように街全体で地域や食を大切にするムーブメントは、
日本でも少しずつ浸透し、そのような傾向になってきているのではないかと思います。

BI-RITE MARKET
3639 18TH ST
SAN FRANCISCO, CA 94110-1531
Phone: 415-241-9760
HOURS: 9am – 9pm every day
CLOSED on Thanksgiving Day & Christmas Day
HP:http://www.biritemarket.com/

Whole Foods Market Market Street

2015.07.02 Thu Eating place, 海外

Wholefoods_20150216_20
全米に展開する大手ナチュラル系スーパー、ホールフーズマーケット。
創業は1980年、Safer Way Natural Foods のオーナーであったJohn MackeyとRenee Lawson、
Clarksville Natural Grocery のオーナーであったCraig Weller とMark Skilerによって、
自然食品の発展と、従来の小規模な個人店から自然食品大型店の到来を予測し、19人で発足。現在約350店舗。

その成長の歴史は、売上を伸ばし店舗を増やすという戦略ではなく、
既存の自然食専門店を買収、合併することで急成長を成し遂げました。
(詳しくは、Whole foods market historyをご覧ください)

スーパーマーケットを利用する消費者の流れは、安売り重視と品質優先に二分化し、
ナチュラル系のホールフーズは値段も割高ですが、それに見あったライフスタイルを送る顧客を掴んでいます。
中でもサンフランシスコは、全米でも圧倒的に店舗数が多いです。

「サンフランシスコのホールフーズに行くなら、SoMa店が楽しいよ」と友人が勧めてくれました。
SoMaはGayの街として有名ですが、Gayはオーガニックを愛するらしく、お店の周辺を歩いても、面白そうです。

SoMa店へ向かうタクシーの車中、運転手さんがお勧めてくれたのは、最も品揃えが多い店舗Market St.店。
立ち寄ることにしました。
Market St.店は、2013年11月にオープンした比較的新しい店舗です。
場所は地下鉄MUNI線、Castro streetから徒歩5分程。

入ってすぐが、靴磨きとお花のコーナー。
奥にはカフェが併設しており、購入したジュースやデリを食べる人たちで賑わっています。

Wholefoods_20150216_03オーガニックジュース。ココナッツウォーターなど。自然派のドリンクが並ぶ。

Wholefoods_20150216_18デリをフードコンテナーで量り売り。

Wholefoods_20150216_04オリーブの種類も豊富。

Wholefoods_20150216_17野菜だけでなく、チキンなどのデリも。

Wholefoods_20150216_13青果コーナー。新鮮なオーガニック野菜が揃う。

Wholefoods_20150216_08

Wholefoods_20150216_14

Wholefoods_20150216_05お米の種類も豊富。

Wholefoods_20150216_07こちらは、グラノーラとナッツ類の量り売り。

Wholefoods_20150216_06

Wholefoods_20150216_16近郊で加工されたローフードやグルテンフリーの食品なども揃う。

Wholefoods_20150216_15Whole foodsはPB品の売上占有率も高い。
コンセプトは全米で統一されていますが、品揃えはローカライズされている。

Wholefoods_20150216_01ホームメイドのお菓子。
前菜や、副菜、スープ、ローストグリル、寿司、サンドイッチなど、
日々異なるメニューを自然な材料を使い調理、販売。

Wholefoods_20150216_02
見るだけでも楽しい場所です。日本へのお土産はこちらで購入。
※店舗撮影は許可を取りました。

Whole Foods Market Market Street
2001 Market Street
San Francisco, CA 94114
Open hour: 8:00am – 10:00pm Seven days a week
Phone:415-626-1430
HP:http://www.wholefoodsmarket.com/stores/2001marketstreet

Hog Island Oyster Company(ホグアイランド オイスターカンパニー)

2015.04.15 Wed Eating place, 海外

hog_20150211_08サンフランシスコの人気レストランが集結しているフェリービルディング(Ferry Building)内にある
オイスターバーHog Island Oyster Companyでランチしました。

ferry plaza_20150211フェリービルディング(Ferry Building)は、バートのエンバカデロ駅(Embarcadero)下車、
マーケットストリートを海の方へ直進するとあります。駅から徒歩5分ぐらいです。
この背の高い時計台が目印。

オープンが11:30なので、時間まで散策していましたら、11:00頃から外に列ができていました。
慌てて11:15頃から列に並び、オープンを待ちました。
1回転目で入ることができましたが、時間がずれると随分待ちそうです。
予約はできないので、開店早々に並ぶのが確実。

hog_20150211_09屋内とテラス、計150席。
屋内は、牡蠣を開いているところを見ながら食事ができるカウンター席、
屋外はベイブリッジが一望できるテラス席。天気の良い日は、テラス席でいただくのも気持ちがよさそうです。

hog_20150211_06Hog Island Oyster Companyは、1983年にトマレス湾(Tomales Bay)で牡蠣の養殖を始めた会社の直営。
養殖場があるトマレス湾から毎日フレッシュなものが運ばれてきます。
一般的に牡蠣のシーズンは冬場ですが、トマレス湾は年中水温が冷たいことと、
適切な温度管理により年中養殖が可能で、Hog Island Oyster Companyが1年間に出荷する牡蠣はおよそ300万個!!
こちらでは常時数種類の牡蠣が用意されており、フレッシュな牡蠣が6個から注文できます。

hog_20150211_04Today`s Oysters(本日の牡蠣)

●Hog Island Sweet water(Pacific)Tamales Bay,CA
●Redwood Kumamoto(Kumamoto) Humboldt Bay,CA
●Chelsea Gems(Pacific)Eld Inlet,WA
●Blue Pool(Pacific)Hood Canal,WA
●Hog Island Cliff side(Pacific)Discovery Bay,WA
●Olde Salts(Atlantic)Chincoteague Bay,VA
●Rappahannock(Atlantic)Topping,VA

値段は牡蠣の種類により異なりますが、6個/$18-20、12個/$32-36、24個/$60-64。
色々味比べができるOyster Bar Mixもあります。
写真は、Oyster Bar Mix12個。Kumamotoを除く6種類の牡蠣が2個ずつ提供されました。
6個/$20、12個/$36、24個/$64。

日本の牡蠣と違って小ぶりなので、スルッとお腹におさまってしまいます。
臭みがなくクリーミー&フレッシュ。

hog_20150211_07席について出てきたパンは、フェリービルディング内にも店を構えるAcme Bread (アクミ・ブレッド)のもの。

hog_20150211_05Beer $6.00
House made Market Shrub&Soda $3.50

hog_20150211_03Chowder $14.00(クラムチャウダー)
Manila clams, aromatic vegetables,bacon,potatoes,cream

友人から、ここへきたらチャウダーを注文するようにとオススメされた一品。
ぐつぐつ煮たとろみのあるチャウダーではなく、シャバシャバ系。
オーダーが入ってから火を入れするそうです。魚介類や野菜がたっぷり入っていて美味しかった。

hog_20150211_02Rustic Seafood Stew $20.00(シーフードの煮込み)
Fresh fish and shellfish,spicy herb-tomoto broth,grilled levain toast

hog_20150211_01こちらは、店員さんの一押し。魚介の旨味が凝縮された美味しいシチュー。

お昼からなかなかリッチな食事でした。
美味しい牡蠣をいただいた後は、フェリービルディング内にあるHumphry Slocombc Ice Cream(ハンフィースローカム アイスクリーム)でアイスを食べて、ランチ終了。

●店名:Hog Island Oyster Company
●住所:1 Ferry Bld. 11A,The Embarcadero,San Francisco,CA 94111
●電話:(415)391 7117 ※予約不可
●営業時間:
月-木 11:30-21:00
金 11:30-22:00
土 11:00-22:00
日 11:00-21:00

Greens Restaurant(グリーンズ)

2015.04.14 Tue Eating place, 海外

greens_20150216_19サンフランシスコを代表するベジタリアンレストランGreensに行ってきました。

アクセスは、ケーブルカーのパウエル&メンソン線(Powell-Mason)終点駅
フィッシャーマンズ・ワーフ(Fishermans Wharf)下車、海沿いを15分程(約2㎞)歩き、
フォートメイソン・グレートメドウ(Fort Mason Great Meadow)の丘を越えると見えてきます。
ここは、ゴールデンゲートブリッジやサウサリート周辺を見渡すことができるビューポイント。

greens_20150216_18Greensがあるのは、Fort Mason (フォート・メイソン)という、
70年代まではアメリカ軍の基地だった歴史的な倉庫の一角。ちょうど横浜の赤レンガ倉庫のような環境です。

Greensは、1979年、サンフランシスコ禅センター(ZEN center)の一環としてオープンしました。
現在料理長を務めるアニー・サマービル氏(Annie Somerville)は、禅センターの参禅者のひとりとして、
野菜料理や、自給自足の精神を学び、1981年Greensに招かれ、その後1985年より料理長を務めています。

サンフランシスコ禅センターは、1962年マリン郡(Marin County)に設立された禅を学ぶ為の施設で、
そこには道場や宿泊施設があります。
有機農場グリーンガウチ(Green Gulch Farm)では、野菜作りの教育も行っています。

今でこそベジタリアンのお店は多くなりましたが、36年前、まだ菜食がお坊さんの料理とされる時代から
長年に渡り続いている、ベジタリアンレストランの先駆けとなるお店です。

Greensのコンセプトは、地元の小さな農家やチーズメーカーを応援し、アメリカに健康食を広めること。

greens_20150216_17店内へ入ると、先ず ToGo 専門の Greens to Go があります。
ここでサンドイッチやデリを購入して、フォート・メイソン・グレートメドー(Fort Mason Great Meadow)の芝生でピクニックするのも気持ちが良さそうです。

greens_20150216_05Greens to Goを抜けて奥がレストラン。
海側は全面大きなガラス貼りで、陽がたくさん入り、解放的な空間。
店内、いたるところに、たくさんの木々が使われています。これらは、ほとんどがリサイクルされた木々です。

12時頃予約せずに伺いました。ヘルシー好きな人たちで満席。
席が空くか不安でしたが、20分くらい待っていただければとのことで、ラッキーでした。
待っている間に、ちょうど表で開催していたマルシェをぶらり。
タコスやグリルドチキンなどもあり、ここで買って、座って食べるのも気持ちがよさそうでした。

greens_20150216_07greens_20150216_09greens_20150216_10greens_20150216_12greens_20150216_11greens_20150216_13greens_20150216_15greens_20150216_14マルシェを散策した後、お店に戻り、席へ案内されました。

greens_20150216_01メニューは野菜中心ですが、ヴィーガンではなく、ベジタリアンなので、
チーズなどの乳製品や卵を使ったメニューもあります。
野菜は、地元の契約農家から新鮮なオーガニック野菜を仕入れており、
季節によって仕入れが異なる為、メニューはほぼ日替わり。
メニュー表には、毎日日付が刻印されている。

何を注文したらベストか分からなかったので、店員さんにオススメを尋ねると、
Sampler(野菜の盛り合わせプレート)と、Grilled Brochettes(野菜の串焼きグリル)とのことで、
そちらをオーダー。

先ずはドリンク。
乾いた喉に、潤う一杯。とっても美味しかった。

greens_20150216_04Organic Cara Cara Orange Juice Large $5.50
Lemonade $5.00

greens_20150216_02Indian Sampler Brunch $17.50(野菜の盛り合わせ)
Basmati,red rice and chickpea salad with Hamada Farm raisins and cashews;
Warm coral lentil dal;gingered beets;roasted cauliflower with lemon oil,pepper flakes and mint;
Apple-winter fruit chutney;toasted cumin papadams

バスマティ米、赤米、ひよこ豆、ハマダファームのレーズン、カシューナッツのサラダ
ダール豆、生姜に漬けたビーツ、レモンオイルで焼いたカリフラワー・ミントと胡椒のスパイス、
チャツネパパド

greens_20150216_03Mesquite Grilled Brochettes $17.50(野菜の串焼きグリル)
With mushrooms;Mariquita Farm potatoes,peppers,fennel,
Sweet potatoes red onions and Hodo Soy tofu with charmoula,Hamada Farm fruit almond couscous and Moroccan carrot slaw

マッシュルーム、Mariquitaファームのじゃがいも、胡椒、フェンネル
サツマイモ、赤玉ねぎ、Hodo Soy豆腐、チチャモーラ・ソース(モロッコ料理で使われるソース)
ハマダファームのアーモンド、カシューナッツ、モロッコキャロットコールスロー

様々な雑穀やスパイスづかいが、インド、中東テイストで、やや複雑でした。
野菜に個性があり、野菜そのものにしっかりと味があるので、
ただ塩だけでシンプルにでも、十分味わいのあるプレートだったなと思います。
お洒落過ぎて、慣れない味付けでした(笑)
そういう意味でも、ただ絞りましたといったストレート表現のジュースは大変美味しく、印象的でした。

●店名:Greens Restaurant
●住所:Building A, Fort Mason Center San Francisco, CA 94123
●電話:(415) 771-6222
●営業時間:
ランチ 火~金 12:00 – 14:30
ブランチ 土 11:00 – 14:00  日 10:30 – 14:00
ディナー 日~金:17:30 – 21:00 (土曜は$59のPrix Fixe Menu のみ)

Asha Tea House

2015.04.07 Tue Eating place, 海外

asha_20150211_11コーヒーを専門とするカフェは多いですが、お茶に特化したカフェは未だ少ないと思います。

Asha Tea houseは、バートのダウンタウンバークレー駅から2ブロック歩き、
マクドナルドがある交差点を左折、隣がシティーバンク。高い天井、大きな窓が目印です。

オープンは、2012年7月。
バークレー大学からほど近い場所にあり、学生や地元の人たちのコミュニティースペースとして利用が多い様です。

asha_20150211_05入口付近には、ポイントカードボックスが設置されています。
6か月間はここで保管してくれるシステムです。カードは、自分で保有して持ってきてもよいし、ここに置いて帰り、また来たときにカードをここから取って、スタンプを押して貰う。10杯購入すると1杯好きなドリンクと交換してくれます。

asha_20150211_10紅茶、日本茶、抹茶、ウーロン茶、ハーブティーなど。メニューが豊富です。

こだわりは、高品質で正しいものを使うこと。
提供する茶葉が、オーガニックでサステイナブル(地球環境を保全しつつ、維持が可能な産業)であること。

自分たちが何を提供するか、それらがどこからきているかがはっきり分かっていることが重要で、
茶葉は農家から直接仕入れしています。

フレーバーティーには、地元で採れた新鮮な季節のフルーツでつくった自家製ピューレを使います。
コンデンスミルクは、抗生剤とホルモン剤が使用されていないクローバーミルクを使用し、
自家製シロップは、本物のさとうきびからつくります。

誰かによってつくられたティーバックや、粉ミルク、人工的につくられたシロップ、
ドライフルーツなど、どのようにつくられたか分からないものは使用しません。

asha_20150211_09先にオーダーして、支払を済ませます。
その際、名前を伝えて、出来上がったら名前を呼ばれるので取に行くスタイルです。

オープンキッチンなので、つくるところ、提供するまでを見ることができます。
こういった点も需要なポイントです。

ここは、所謂サードウェーブ的な、ティーハウスですね。
豆の産地を重視し、豆の個性を最大限に引き出す淹れ方を追求する。
シングルオリジンで、トレーサビリティーが生産農家まで正確なシングルコーヒー。
指定した農家から買い付けし、流通経路が透明になっている。
安心で高品質、ハンドドリップて丁寧に淹れる。これが今のトレンド。

Asha Tea Houseでは、家に帰ってからもお茶を楽しむことができるように、
お茶を淹れるためのポットや器なども販売しています。

asha_20150211_07ガラス製のポットから、お抹茶を点てる茶筅や器まで。ラインナップが豊富です。

asha_20150211_08さて、注文したものは、

asha_20150211_02Mint Tea $3.00

asha_20150211_06フレッシュハーブがふんだんに使われています。
カフェで、紅茶やハーブティーを注文たときに、ティーバックでお湯を注がれるだけだとなんだか味気ない気分になりますが、こうやってきちんとフレッシュハーブふんだんに使われていると、嬉しいし、とっても美味しく感じました。

asha_20150211_01こちらでは、オンラインショップかメールで事前にオーダーして、ピックアップするサービスも導入しています。
モスバーガーやホットモットでは導入されていますが、カフェでは珍しいですね。
一杯ずつ丁寧に淹れてくれますから、少し待たないとなりませんが、待たずに済むのは、便利です。

●店名:Asha Tea House
●住所:2086 University Ave., Berkeley, CA 94704
●電話:(510) 549-9137
●営業時間:Sunday, 11:00am – 8:00pm Mondays-Saturdays, 11:00am – 10:00pm

1 2