浜松町 たぬきすし

2018.12.08 Sat  Eating place, 寿司 浜松町

たぬきすし_20181207 - 6 / 6
今月から新しい仕事が始まり、仕事の合間に街の散策を楽しんでいます。浜松町から芝公園へ歩き、将監橋交差点から芝大門二丁目交差点までの通りに行列の出来るお店を3軒見つけました。「天虎(てんこ)」、「汁なしタンタンメン専門店キング軒」、「たぬきすし」。今日は午前中の打ち合わせが早く終わったので「たぬきすし」にチャレンジ。11時オープンで、11時40分に到着したところ既に20人程の行列が出来ていました。

20人待ちで待ち時間は25分程度。店内は15席あり平均滞在時間は15分前後と大変短く、回転が早いです。驚くほど待たされることはありませんので行列に屈せず並んで正解。待っている間に注文をとっていきます。一押しは器からネタがはみ出す丼で、握りも丼も値段は1,000円前後とお手頃です。

たぬきすし_20181207 - 2 / 6
着席すると同時に大将が丼を作り始め、5分もしないうちに出てきます。女性スタッフが2人働いていますが、つくっているのは大将一人。客を待たせぬようにとリズミカルに丼とお寿司を握っていきます。昼時の止まない行列を一人でさばかないとなりませんから大将は大忙しです。それでも愛想良く、気持ちのよい挨拶をして下さいます。大将はちゃんと客の顔を覚えていて「いつもありがとうございます」「今日も大盛りにしておきました」などと、素晴らしい対応です。提供する寿司や丼は勿論のこと、こういうところが、人気の理由でしょう。

たぬきすし_20181207 - 3 / 6
おすすめは、あじわい丼1,200円、たぬき丼1,000円、漬け丼1,000円、おまかせ丼900円。奮発して「あじわい丼1,200円」にしました。本日のネタは大トロ、中トロ、青森産の天然ぶり、函館産の生蛸、あん肝、エンガワ、中おち、まぐろ、ねぎとろ。刺し身はわさび醤油、あん肝はぽん酢で。海老で出汁をとった味噌汁がつきます。酢飯の量が半端ないです。300gはあるかな。普通で大盛りの量。酢飯大盛りは無料なので常連客は大盛りにする人が続出。最後に黄身を割ってリッチな卵かけご飯にしていただきました。大満足です。

12時15分、食べ終わる頃には売り切れメニューも出始めました。昼時は何食提供しているのか分かりませんが、お勤めの方はお昼の休憩時間をフライング気味で出ないと厳しいと思います。この近辺はなかなか興味深いお店が多く、週に1〜2回行けたらいいなと思います。

■店名:たぬきすし
■住所:東京都港区芝大門2-9-15
■電話:03-3432-3794
■営業時間:11:00~14:00 17:15~22:00
■定休日:土、日、祝日

新宿 翁寿司 本店

2018.11.28 Wed  Eating place, 寿司 新宿

扇寿司本店_20181126 - 15 / 16
お寿司でもどう?とお誘い頂き、指定された「翁寿司 本店」で遅めのランチ。場所は、新宿駅東口から歌舞伎町方面へ徒歩5分。靖国通りから1本入った路地にあります。

扇寿司本店_20181126 - 14 / 16
気軽に一人でも入りやすい佇まいですが、回転寿司ではなく、カウンターで壮年の職人さんが握ってくれます。

扇寿司本店_20181126 - 12 / 16
大将が不在だった為、テーブル席にしました。土地柄外国人観光客がひっきりなしに訪れます。ここで働いたら英語が上達しそうです。また、お昼を過ぎてもお客さんが止むことがありません。カウンターでリーズナブルにお寿司が頂けるとあって人気です。

今日誘ってくださった方が「ま、大した店じゃないんだけど、30年来通ってる店でさ」と、連れて来て下さったのですが、こう長く大事にしているお店に連れて来てもらえるというのは大変嬉しいですね。創業が何年なのか、はっきりとは分かりませんが、つまり30年以上は続いている老舗です。お寿司を食べる気満々で来ましたがゆっくりやろうということで、先ずはつまみを。

扇寿司本店_20181126 - 3 / 16
鯵、鯛、烏賊、赤身、赤貝。鯵は厚目です。刺し身と一緒に熱燗を頂きました。

扇寿司本店_20181126 - 4 / 16
穴子の白焼。塩で味がついています。ツメ(甘いタレ)は追加で付けていただきました。

扇寿司本店_20181126 - 8 / 16
小鰭

扇寿司本店_20181126 - 7 / 16
〆鯖

扇寿司本店_20181126 - 6 / 16
最後にお寿司をと思いましたが、次もありましたので、ネギトロで〆ました。平日の昼間から寿司屋で、つまみだけでお腹一杯。大人な贅沢をしました。熱燗結構飲みましたね。翁寿司は、気軽に寿司飲みが出来る、そんなお店でした。ご馳走様でした。

■翁寿司 本店
■電話:03-3354-7925
■住所:東京都新宿区新宿3-21-4
■営業時間:11:00~23:00

浅草橋 江戸前 寿し政 本館

2018.09.10 Mon  Eating place, 寿司 浅草橋

寿し政_201805 - 10 / 10
東京下町、浅草橋へ来ました。次の予定まで少し時間があったので路地を散歩してみると、昭和感漂う喫茶店や間口が狭くていかにも美味しそうな定食屋さんがあり、これは改めて来る必要があるなと思いました。また用事をつくって散策しに来たいと思います。

さて、お昼は取引先の方に「お寿司はどう?」と、路地裏にあるお寿司屋さん「江戸前 寿し政 本店」に連れて来ていただきました。浅草橋駅から徒歩5分ほどの住宅街にある小ぢんまりとしたお店です。本館と別館が向かい合わせにあるのですが、本館は昼夜、別館は夜のみ営業しており、本館はささっと江戸前の握りを手頃な値段で提供してくれるお店に対して、息子さんが営む別館は、おまかせコース11,000円とこだわったネタと仕事で勝負しているお店です。

寿し政_201805 - 3 / 10
少々分かりづらい場所にあるので、ふらっと入る感じではなく、近隣にお勤めの方や地元の方の利用が多いように思いました。ランチメニューは、すし1人前1,050円、
すし1.5人前1,550円、ちらし1人前1,050円、ちらし大盛り1,150円。全て味噌汁がつきます。

寿し政_201805 - 5 / 10
すし1.5人前 1,550円。1.5人前で正解です。大満足です。さっと出てきて、さっと食べて帰る。お昼からお寿司は贅沢ですね。ご馳走様でした。こういう穴場的なお店に連れてきてくださる方は、間違いなく美味しいお店をよく知っていらっしゃるので、「最近行ったよいお店はどこかありますか?」と伺うと、この辺だと老舗の天麩羅屋「柳橋 大黒屋」とのこと。先ず待合の座敷でお茶を上がって、そからカウンターで天ぷらとお酒を。最後にまた席をかえて、川沿いのお部屋でデザートを出してくれるそうです。予算は昼5,000円、夜20,000円。次の候補に。

柳橋大黒屋
東京都台東区柳橋1-2-1

■店名:江戸前 寿し政 本館
■住所:東京都台東区浅草橋2-18-2
■電話:03-3851-0833
■営業時間:11:30~13:30 17:30~22:00
■定休日: 日曜日、祝祭日

福岡うきは市 託正(たくまさ)

2018.09.06 Thu  Eating place, 寿司 筑後吉井

託正_20180609 - 1 / 11
福岡市から車で1時間、福岡県と大分県の県境に、江戸時代に宿場町として栄えたうきは市があります。その名残ある町並みが今も残っていて、最近では、お洒落なカフェや雑貨屋さんなどが点在する人気エリアで、遠方からの観光客も多いとのこと、週末に遊びにいってきました。

託正_20180609 - 3 / 11
白壁の風情ある家が並んでいます。観光地化はあまり進んでいないので、人通りも少なく、ゆっくり散歩を楽しむことができます。

託正_20180609 - 4 / 11
昼食をしに伺ったのは、お寿司屋さんの「託正(たくまさ)」12時少し前に到着し、予約なしで入れました。託正は、ご主人の名前です。

託正_20180609 - 5 / 11
奥に長い店で、入って手前がカウンター6席、小上がりの座敷20席。座敷席は掘りごたつ式になっており、足を崩してお食事することができます。

託正_20180609 - 6 / 11
落ち着いて食事ができる空間。大人向きの誂です。待たずに入れたのでラッキーでしたが、欲を言うならばカウンター席でご主人とお話しながら過ごしたかったな。カウンター席は6席しかありませんから、事前に予約をしておいた方がよいでしょう。
ランチ・ディナー共にコースがメインで、にぎり御膳1,600円(小鉢 寿司 汁物 茶碗蒸し)をお願いしました。ちなみに、ランチの一番人気は、お昼のミニコース 2,100円で、前菜、小鉢、お刺身、季節のお料理、おまかせ寿司、汁物、デザートがつきます。にぎり御膳とは500円の差で4品から7品へアップグレードしますから、お得感がありますね。しかし、きっとこの後も、色々食べるであろうことを考慮し、控えめに、にぎり御膳にしました。

託正_20180609 - 7 / 11
小鉢は、おからと枝豆豆腐

託正_20180609 - 11 / 11
茶碗蒸し

託正_20180609 - 8 / 11
左上から、鯛(鯛の塩辛)、太刀魚(柚子胡椒)、玉子、海鮮巻、かんぱち(もろみ)、南関あげ。鯛には鯛の塩辛、太刀魚は軽く炙って柚子胡椒、かんぱちは漬けにしてもろみが薬味としてのっています。江戸前鮨と違ってこちらは創作的なお寿司です。一つ一つお味がついているので醤油をつけずそのままでいただくのが託正スタイル。

託正_20180609 - 10 / 11
このお稲荷さんは、詰めるタイプではなく、クルンと巻かれています。小ぶりで可愛らしいです。この揚げは、南関あげという熊本県の名産物で、一般的な油揚げよりも乾燥しており、出汁や煮汁がしっかり染み込みやすいのが特徴。油抜きの必要もなくお稲荷さんにもとても適した油揚げ。甘く煮てあって美味しかったです。
にぎり御膳は女性にちょうどよい量。男性には少なめにかんじられるかもしれません。もうちょっと食べたい、また食べたいと思えるぐらいが実はちょうどよい量。腹五分目でお食事を終え、お店を後にしました。ご馳走様でした。

■店名:託正
■住所:福岡県うきは市吉井町1390-20
電話:0943-76-5551
■営業時間:12:00~14:30(L.O13:30) 18:00~22:00(L.O.21:30)
■定休日:火曜日、他

野毛たべもの横丁 立喰寿司 まんぼう

2017.12.30 Sat  Eating place, 寿司 野毛

まんぼう_20171229 - 8 / 10
桜木町駅から歩くこと5分。
野毛エリアと言えば間口の狭いディープな飲み屋が軒を連ねる怪しい街というイメージがありましたが、
久し振りに訪れた野毛には若者が多く、活気に溢れ、かつての街とは様子が違いました。

仕事を終えた20時過ぎ、野毛の柳通りにある「野毛たべもの横丁」に向かいました。
野毛たべもの横丁は、串かつ、ホルモン焼き、鉄板焼き、ビストロ、スナックなど
現在7店舗が所狭しと軒を連ねる屋台村です。

まんぼう_20171229 - 10 / 10
ムンムン・ワイワイと活気に溢れています。若い女子も多くてびっくり。
可愛い女子が隣で飲んでいたので気になりましたが、横丁ではナンパ禁止となっております。

我々は横丁の端にあるリーズナブルな価格でお寿司がいただけるお店「まんぼう」に入りました。
カウンターは10人ほどが入れるスペース。立喰ですが実は2階には座敷もあります。

まんぼう_20171229 - 2 / 10
お腹が空きすぎて、初っ端から寿司を注文したものの、かなり待ちました。
それもそのはずです。2階席の最大収容人数が28人、1階のカウンターが10人。
それを2人で捌かなければならないとなると、団体予約が入った日にはアウトです。
案の定団体予約が入っていたのか、なかなか注文しても順番が来ませんでした。

隣で飲んでいた方々を見ると、大体刺し身の盛り合わせや酒の肴になりそうなものを注文して
しっぽりやりながら、最後、お寿司で軽く〆るといった流れで。
忙しい時間に、初っ端から寿司を注文しては追いつかない場合もあるので、
常連客に習ってまずは一品料理、あるいは、おまかせにぎり10貫頼んでから、
その後アラカルトで握っていただくか。
横丁初心者の私は、このお店で心地よく過ごすためのペースが分かっていなかった。

まんぼう_20171229 - 1 / 10
メニュー表。1貫(1個)75円〜と大変リーズナブル。アルコール類も良心的な価格でした。

まんぼう_20171229 - 5 / 10
活赤貝 300円
しゃりは小さ目で、ふわっとしていました。

まんぼう_20171229 - 6 / 10
バイ貝75円、あじ120円、いわし120円、天然まぐろ赤身120円

まんぼう_20171229 - 7 / 10
北海道生うに400円 酢橘でさっぱりと。

まんぼう_20171229 - 9 / 10
2人でお寿司27貫、生中と焼酎を飲んで6,375円でした。
課長、ご馳走様でした。

■店名:立喰寿司 まんぼう
■住所:横浜市中区野毛町2-74-1 野毛たべもの横丁
■営業時間:月~金17:00~24:00 土・日16:00~24:00
■定休日:無休
■HP:http://noge-yokocho.jp/index.html

近江町市場で朝から豪快な海鮮丼 いきいき亭 近江町店

2017.12.26 Tue  Eating place, 寿司 金沢

いきいき亭2017825 (1) - 1 / 7 (1)
金沢2日目。ホテルの朝食には目もくれず、早起きして近江町市場まで出かけました。
お目当ては、朝7時から営業している海鮮丼と握りがいただけるお店「いきいき亭」。

少し出遅れて7時半ころ到着。
店内はカウンター10席の小さなお店。既に満席でした。
ただ、予約用紙に名前を記入する際電話連絡希望としておけば、
順番が近くなると携帯電話に連絡してくれますので、
待ち時間に市場を散策などして過ごすことができ、そうこうしているうち
すぐに順番が回ってきました。

いきいき亭2017825 (1) - 1 / 7
この時間市場はまだ静かで、午前9時ころから活気を見せます。

いきいき亭2017825 (1) - 1 / 7 (6)
ご主人が「どこから来たの?」と話かけてくれ、一人で行っても和やかな雰囲気の中食事ができます。
一番人気の「いきいき丼」2,000円を注文しました。
ご飯は無料で大盛りにできますが、後から追加だと有料となります。
珍しく大盛りにしませんでしたが、ご飯はやや少なめなので、
大盛でも丁度良かったかもしれません。

いきいき亭2017825 (1) - 1 / 7 (3)
14種類のネタがぎっしり敷き詰められた贅沢な丼。味噌汁付き。
こちらの丼は、ネタとご飯のお皿が分かれており2段になっています。

いきいき亭2017825 (1) - 1 / 7 (2)
海鮮丼はご飯の上に生ものをのせる訳ですから、一般的に冷ました寿司飯を使う店も多いです。
温かいご飯であるところが、いきいき亭のこだわり。
また、ネタとご飯がセパレートされているので食べやすいです。

いきいき亭2017825 (1) - 1 / 7 (5)
別途、ぶり大根を注文しました。
大根は中までしっかりお味がしみており、大変美味しかったです。

隣の大学生が、平日10時まで限定の「本日の近江町ミニまかない丼 800円」を
注文していたのですが、いきいき丼よりネタは少ないものの、十分楽しめる内容。
もりもり寿司にせよ、以外にお値段が張りますので、朝食であればミニまかない丼がオトク。
新鮮で美味しくって、大満足の朝食でした。

●電話:076-222-2621
●営業時間:7:00~17:00
※ネタが無くなり次第終了(15時ごろ終わることも)
●定休日:木曜日 又は海が時化の場合は休むこともあります。

近江町市場で朝から贅沢な回転寿司 もりもり寿司

2017.12.25 Mon  Eating place, 寿司 金沢

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (9)
近江町市場内で朝7時から営業している行列必至の回転寿司店「もりもり寿司」へ
朝食を食べに行きました。
「もりもり寿司」は、金沢を中心に県外にも展開している回転寿司チェーン店で
現在全国に17店舗あります。
到着したのは平日の8時半ころ。店内は混雑していたものの待ち時間なく入れました。
それが9時を過ぎると行列に。写真は会計を済ませお店を出た10時半頃の様子。

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (7)
回転寿司とうたっていますが、基本的に注文を受けてから板さんが握ってくれます。

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (6)
人気店だけ合って、朝から活気が溢れています。

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (3)
北陸五点盛り1,080円
先ず注文したのは、北陸に来たら是非おさえておきたい地物寿司が
一貫ずつ楽しめる「北陸五点盛り」
がすえび、生バイ貝、のど黒、ほたるいかの軍艦、白エビの軍艦

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (4)
赤貝
とにかく、ネタが新鮮。そして肉厚で食べごたえがあります。
ネタがよいことは勿論のこと、ご飯や醤油も地場産にこだわっています。
シャリは、北陸産コシヒカリを100%使用。少し大きめです。
醤油は「ヤマト醤油味噌(金沢市大野町)」の甘口醤油。

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (8)
白身のトロこと、のどぐろ。別名アカムツ

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (10)
うにの軍艦

もりもり寿司2017824 - 1 / 11
大変歯ごたえのよいバイ貝

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (2)
しめ鯖

もりもり寿司2017824 - 1 / 11 (1)
朝食で一人3,000円〜3,500円。ちょっと贅沢な朝食になりましたが大変満足しました。
資金を貯めてまた行きたいです。

●店名:もりもり寿司 近江町市場店
●住所:石川県金沢市青草町88 近江町いちば館
●電話:076-262-7477
●営業時間:7:00~21:00
●定休日:無休

横浜 寿し さがみや

2016.06.13 Mon  Eating place, 寿司 横浜

sgamiya_20160611_01
明治10年(1877年)創業の横浜市場内にある老舗の寿司屋「さがみや」を訪問しました。
市場内の一角には、飲食店や食材屋が数軒あり、そのエリアのみ市場関係者以外も入ることができます。
横浜市場へのアクセスは、横浜駅東口からバスで市営バス48系統「コットンハーバー行」中央市場前下車、
神奈川駅、横浜駅から徒歩15~20分程です。車は無料で停められます。

sgamiya_20160611_02
店内は、1階がカウンター席のみ15席、2階は4名のテーブル席2席です。
13時半頃に伺い満席。でも、回転は比較的早いので、10分程で中へ入ることができました。
ランチメニューは、日・祝日を除く14時まで。予約は夜のみ可能です。

ランチメニューの市場寿司(握り10貫) 2,700円を注文しました。
全てのランチメニューには、生海苔のお味噌汁が付きます。

sgamiya_20160611_03
カウンター越しに、目の前で握ってくれ、握った順に出てきます。
スターターは真蛸、昆布締め。塩がついているので、醤油はつけずにそのままで。
シャリは、少な目で小ぢんまりとしており食べ易いです。
丁度新生姜の季節だったので、ガリが又美味しかったです。

sgamiya_20160611_04
中トロ、金目

sgamiya_20160611_05
ゲソ、イワシ

sgamiya_20160611_06
平貝

sgamiya_20160611_07
ズワイガニ

sgamiya_20160611_08
しめ鯖、アナゴ

sgamiya_20160611_10
たまご

sgamiya_20160611_12
お昼はさっと入れますが、
夜は、つまみとお酒を楽しみながらゆっくりと過ごす方がほとんどなので、予約はマストです。

店名:寿し さがやみや
住所:横浜市神奈川区山ノ内町1-1 横浜中央卸売市場関連棟内
電話:045-453-0166 (お問い合わせ専用)0066-9712-913115 (予約専用)
営業時間 :月~金 9:30~22:00 土7:00~22:00 祝11:30~21:00
定休日:日曜 ※月曜祝日の場合、日曜日営業、月曜日休み

虎ノ門 意気な寿し処阿部 虎ノ門ヒルズ店

2015.11.16 Mon  Eating place, 寿司 

sushiabe_20150911_03
虎ノ門ヒルズ4階にある「意気な寿し処阿部」でお寿司をいただきました。
昼時ともなればオフィスワーカーで混み合いますが、このお寿司屋さん、ファストフード並みに提供が早いです。

作り置きしているのかと思うほど早いのですが、注文を受けてから板さんがちゃんと握って下さいます。
板場には4名いらして、それぞれ担当が分かれています。
例えば、巻物担当の方はひたすら巻物を。鮪担当の方は鮪を握り続けます。
それぞれが握ったお寿司をベルトコンベアー式に器に載せ1皿仕上げる為、早いそうです。
このスタイルは初めてでした。

オススメのヒルズランチ 1,100円を注文しました。
1分ぐらいで出てきました。早いですね。

sushiabe_20150911_02
板さんがちゃんと握ってくれたお寿司は美味しいです。このロケーションで1,100円とてもリーズナブルだと思います。
お寿司10巻に汁物が付きます。提供も早ければ回転も非常に早いです。ささっと食べてお店を後にしました。

店名:意気な寿し処阿部
電話:03-3539-3663
住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ 森タワー 4F
営業時間:平日11:00〜23:00(L.O.22:30)土日祝11:00〜22:00(L.O.21:30)

銀座 鮨 天川

2012.04.23 Mon  Eating place, 寿司 

R0013660f
銀座8丁目、新橋駅から5分程歩いたリクルートG8ビルの裏手に
鮨 銀座 天川はあります。
銀座のクラブ街にひっそりと佇むお寿司屋さんですが、
暖簾を潜ると、そこには構えているような空気感はなく、
気を遣わずにお寿司をいただくことができる、心地のよい一軒でした。
入って直ぐが6名程の個室、奥に9席の白木のL字型カウンター。
事前に予約をして伺いましたが、
週末の昼時、9席のカウンターは全て埋まっておりました。
お昼の花コース3,675円を注文しました。
R0013638f
季節の野菜3点盛
葉物と榎のお浸し、炊きごぼうの玉味噌かけ、にらの玉味噌かけ
R0013635f
R0013640f
鮪とろステーキ 特選ソースかけ(玉ねぎやにんにくの風味がきいたソース)
R0013644f
芯まで火が通っておらず、よい塩梅の焼き加減
おませ握り8貫
R0013646f
おまかせのスタートは赤身とトロ。
出だしからトロときましたので一瞬驚きましたが、
脂がたっぷりとのったものではなく、赤身に近い程度でさっぱりしておりスッと入っていきました。
天川では醤油は不要です。
醤油は、握った寿司の上から刷毛で引かれて出てきます。
R0013648f
甘鯛昆布〆、のどぐろ
昆布の旨味がしっかりと上品な味わい。
よい仕事をされていますねのお味です。
舎利は小振りで、硬めの炊き上がり、酢はごく控えめ。
R0013650f
烏賊の握りは、少々変わっており、今まで口にしたことのない食感。
烏賊独特の歯応えとは反して、柔らか。
舎利との一体感。
烏賊は身を薄く3枚に削ぎ、食べ易いように細かく包丁を入れ、
塩を振って酢橘を絞り、卸した酢橘の皮を振りかけています。
R1.jpg
平貝
海苔との相性がバツグンでした。
R0013654f
蛤と筍のお椀
旬を感じる香り。
お椀は、コースの華です。写真はさっと撮らせていただきお熱いうち、美味しい瞬間をいただきます。
R0013655f
握りの〆は、干瓢巻きです。
江戸前の濃いめの味付けで、こちらも醤油は必要ありません。
玉は高野豆腐に近い食感でぎっしりしており、甘みは強すぎず。
店主 星廣幸氏のお店はもう一軒、恵比寿にほしがあります。
よりリーズナブルにお寿司をいただける様です。
次回はそちらで鮨ランチ@恵比寿といきたいと思います。
●店名:銀座 天川
●住所:東京都中央区銀座8-5-19 三幸ビル1F
●電話:03-3572-1633
●営業時間:昼11:30~14:00(L.O) 夜17:30~22:30(L.O) ※土曜のみ21:00
●定休日:日曜、祭日

1 2