仙台 太助

2018.09.04 Tue  Eating place, 定食 仙台

太助_20180528 - 8 / 9
昭和23年創業、元祖牛タンのお店「太助」に行ってきました。仙台市内には多くの牛タン専門店がありますが、ここが元祖・発祥のお店。

太助_20180528 - 9 / 9
お店は国分町の路地にあります。仙台駅からはやや離れていますが、美味しい牛タンが食べたかったらわざわざ足を運ぶ価値のあるお店です。伺ったのは14時過ぎ。昼休憩は無く通しで営業しています。

太助_20180528 - 3 / 9
店内は、昭和初期にタイムスリップしたかのような雰囲気。客席数は50席。焼き場が見えるカウンターの特等席に座りました。牛タン定食を注文すると、炭火で一気に焼いていきます。撮影許可を頂いた上カメラを取り出すと、「もうすぐ焼けるよ」と、気づいときには既に美味しそうな焼き目がついていました。

太助_20180528 - 1 / 9
塩味をつけて、網にのせ、炭火で焼く。これが仙台牛タンの本来の味。包丁で一枚一枚スライスして、塩を振って染み込ませ、一枚一枚重ねて、それを一晩おいて低温熟成させる。タンの処理と塩加減が重要なポイント。シンプルでありながら素材の旨味をぐっと引き立たせています。

太助_20180528 - 6 / 9
牛タン定食1,500円 牛タン4枚、テールスープ、野菜漬、麦ご飯 が付きます。14時までのランチタイムに入れば女性は200円お値引きあり。ザクザクとしたよい歯ごたえ。ご飯がすすみます。牛タンはカロリーの75%が脂肪に由来する脂肪含量の非常に高い食材なのですが、栄養が多く含まれており、脂質を多めに摂取しても他の肉に比べて、脂質が身体につきにくい特徴があります。また、牛タンに合わせた麦飯は白米にくらべて、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富。そこに、ご飯がすすむ青唐辛子南蛮味噌漬け。昔は、牛タンを食材にする人が少なかったので安く手に入ったそうで、栄養価の高い牛タンと麦飯、そしてご飯が一杯食べられるようにと合わせた南蛮漬け。今でこそ牛タンは高級なものになりましたが、当時は、栄養豊富で安価な庶民の味方であったお食事。

太助_20180528 - 7 / 9
テールスープも旨味があり美味しかったです。ご馳走様でした。また訪問したい。

■店名:太助
■住所:仙台市青葉区国分町2-11-11
■電話:022-262-2539
■営業時間:11:30~22:00(L.0 21:30)
■休業日:月曜、年末年始

仙台 たんや善治郎

2018.08.31 Fri  Eating place, 定食 仙台

たんや善治郎_20180830 - 5 / 5
最近は仕事で横浜、佐賀、福岡、仙台の行き来をしておりますが、今日は仙台に来ています。仙台で牛タンを食べるなら、一番オススメしたいのは元祖牛タンのお店「旨味 太助」です。しかし、国分町にある「太助」へは仙台駅からだと徒歩で20〜25分程、最寄駅は地下鉄勾当台公園駅。十分な時間が無いと伺うのが困難。

そんなときには、駅近で味わえる牛タン屋さん「たんや善治郎」。現在は県内に7店舗あり、仙台駅近くには仙台駅構内の「牛タン通り店」、仙台駅中央口から出て、ペデストリアンデッキを歩いて1分の「駅前本店」と、仙台駅から何れもアクセス良好な場所にあります。

たんや善治郎_20180830 - 4 / 5
11時過ぎの新幹線で仙台駅に着き、12時頃、先ずは腹ごしらえをしに「駅前本店」に伺いました。既に20人程が並んでいましたが、回転が早く15分ぐらいで入れました。

たんや善治郎_20180830 - 2 / 5
平日限定のランチ得々定食1,200円にしました。牛タン2枚(4切れ)、牛たんソーセージ、牛たんつくね、焙煎麦飯、テールスープ、南蛮味噌、白菜の漬物のセットです。
牛タンのソーセージとつくねが食べられるのは珍しいですよね。少々くどかったので、胃に自身が無い方は一番人気の牛タン3枚(6切れ)が入った牛タン定食1,500円をおすすめします。

たんや善治郎_20180830 - 3 / 5
麦飯の所々に茶色い粒粒が見えると思いますが、麦は煎ってあり、香ばしくさせることで食欲をそそる味わいに一工夫しています。ご飯は1回のみおかわり可能。

定食の他、麺類などのメニューも豊富。(麺類はかなりボリュームありますよ)

■住所:仙台市青葉区中央1-8-38 AKビル 3階
■電話:022-723-1877
■営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
■ランチタイム禁煙 14時から喫煙可
■休業日:1月1日
■座席数:37席
■HP:https://www.tanya-zenjirou.jp/

福岡空港 天ぷら専門店 天麩羅処ひらお本店

2018.04.07 Sat  Eating place, 定食 福岡空港

ひらおか_20180406 - 9 / 9
福岡県内に6店舗構える「うまい、安い、早い」三拍子揃った天ぷら専門店「ひらお」を訪問しました。本店は福岡空港を挟んだ道路沿いにあり、連日行列が絶えませんが、とにかく回転が早い為、ウェイティングはほとんどナシで入れます。

ひらおか_20180406 - 5 / 9
先ず、食券を購入します。基本メニューとなる「天ぷら定食770円」にしました。
定食には、ご飯、味噌汁、名物の塩辛などが付きます。

ひらおか_20180406 - 6 / 9
店内はカウンター席のみで、カウンター越しに目の前で天ぷらを揚げてくれます。そして、揚げたてが次々と運ばれてきます。かなり活気に溢れ、のんびり食べている雰囲気ではありません。写真を撮るのも場違いな気がしたので、帰り際、お店を出たところからこっそり店内の様子を撮影しました。

ひらおか_20180406 - 1 / 9
天ぷらが揚がるまでの間、先にご飯と豆腐の味噌汁、大根おろし入りの天つゆがサーブされます。ご飯のお供、高菜、もやしのナムル、名物のイカの塩辛は牛丼屋で言う紅しょうがの如く、テーブルに置いてありこちらは食べ放題です。このイカの塩辛がとても美味で、これだけで一膳簡単に完食してしまいます。天ぷらが揚がる前についつい塩辛でご飯を終えてしまうのでペース配分は要注意です。ひらおの塩辛はワタを使わないタイプで、塩辛と言っても塩分はかなり控えめ。材料は、生のイカ、塩、アミノ酸、そして柚子がアクセントになってさっぱりしています。お土産に買って帰る人も多く、勿論私も買って帰りました。値段は大1,100円/430g、小630円/215g(※2018年4月20日より原料高騰に伴い価格据え置の容量改定)保存料は入っておらず、消費期限は5日と短いです。しかしながら速攻で食べ切ってしまいます。

ひらおか_20180406 - 2 / 9

ひらおか_20180406 - 3 / 9

ひらおか_20180406 - 4 / 9
白身・きす・鯖・いか・野菜3品(かぼちゃ・ピーマン・なす)

少々忙しくて落ち着かない雰囲気ではありますが、コストパフォーマンスに優れたよいお店でした。この価格で提供できるのは「ひらお」が元々鮮魚店からスタートしているからこそ。なんと素晴らしいお店なのだろう。空港に用があるときはまた訪問したいと思います。

■店名:天麩羅処ひらお 本店
■住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1
■電話:092-611-1666
■定休日:年末年始(12/31〜1/2)
■営業時間:10:30〜21:00
■客席数:カウンター54席
■HP:http://www.hirao-foods.net/

南部市場 澄んだスープが絶品の支那そば「がってん食堂」

2017.12.29 Fri  Eating place, 定食 南部市場

市場_201707 - 1 / 5
横浜には市場が2つあります。一つは神奈川区にある中央卸売市場。
もう一つは金沢区にある南部市場。
中央卸売市場は横浜駅東口から徒歩15分のところにあり、
南部市場は横浜シーサイドライン南部市場駅を出た目の前にあります。
市場というと関係者以外は入れないイメージがありますが、
エリアによっては一般客も買い物や食事をすることができます。

市場_201707 - 2 / 5
本日伺ったのは、南部市場水産棟にある「がってん食堂」。
市場での営業は6年ほどになりますが、本店は関内で35年続く和食板前料理店のがってん。
場内では食堂の他「ふぐ商」というふぐ加工店も運営しています。

市場_201707 - 3 / 5
メニューボード。カレーライスを食べる人がいたのでそそられましたが、
ここは市場。やはり魚は押さえておきたいということで、
本日のおすすめ「全部盛ラーメンセット 750円」にしました。

市場_201707 - 5 / 5
小さめの丼に6種類(平目、生白魚、すずき、カンパチ、ほうぼう、イワシ)の刺し身がのっています。
さすが市場。刺し身が厚く、大盤振る舞い。

市場_201707 - 4 / 5
澄んだ綺麗なスープの「支那そば」はがってん食堂の人気メニュー。
鶏と豚ガラに煮干しや昆布をベースにきちんと出汁をとっているから美味しい。
久し振りに食べた美味しい支那そばでした。ご馳走さまでした。

■店名:がってん食堂
■住所:横浜市金沢区鳥浜1−1 南部市場水産棟
■電話:080-6599-1399
■営業時間:6:30~13:30(13:15 L.O)
■定休日:日曜日・水曜
■HP:http://www.washoku-gatten.com

阪東橋 いちばん

2016.04.24 Sun  Eating place, 定食 阪東橋

ichiban_20160409_01
横浜橋商店街近く、大通り公園沿いにあるお食事処「いちばん」。
最寄駅は、市営地下鉄線阪東橋。ラブホ街の入口というロケーションにあります。
「いちばん」は以前から何かと話題に上がるお店で気になっていたのですが、
入るのには若干勇気がいるので、機会が無く。今回初めて訪問しました。

ichiban_20160409_02
お目当ては、午後3時までのタイムサービスで提供している「まぐろぶつ切定食 594円」

ichiban_20160409_05
広々した店内は、大衆食堂といった雰囲気。
昼間から焼酎で一杯やっているガテン系の方やオジサンが多いです。
相席が当たり前で、なかなか刺激的です。

ichiban_20160409_04
見ての通り、業務用を多用しており、化学調味料ばんばんです。
ですので、ただ切っただけのまぐろぶつ切り定食がオススメなのです。

ichiban_20160409_03
小鉢類は既にスタンバイされており、注文してすぐに出てきました。
ごはんは普通盛りでこの量です。大盛りとなると、富士山のよう盛られて出てきます。
ご飯大盛りは無料です。
お漬物、小鉢、しじみ汁、半熟卵か茶碗蒸しが付きます。

ichiban_20160409_06
ぶつ切りした赤身はちゃんと美味しいです。この定食はお値打ちだと思います。
ガッツリご飯を食べたい日にオススメしたいお店。
アトラクション的な楽しさもあります。

●店名:いちばん
●住所:横浜市南区真金町2-22
●電話:045-261-5997
●営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00、飲み物L.O.21:30)
●定休日:木曜日