竹橋 クシガーデン(KUSHI GARDEN)マクロビオティックレストラン

2016.08.05 Fri  Eating place, マクロビオティック 竹橋

kushigarden_20160629_02
マクロビオティックレストランの老舗、クシガーデンへ久し振りに訪問しました。
クシガーデンは、クシマクロビオティックの提唱者である故久司道夫先生が世界で初めて認定した
マクロビオティックレストランです。

以前は地下1階にありましたが、2014年に移転し、現在は路面にあります。
営業時間が、平日のランチタイムのみで、土日休みのため、少々行き辛くなりました。
月一回のブッフェは今も開催しています。

kushigarden_20160629_01
1プレートランチ 980円を注文。
本日は、玄米ご飯、豆腐かつと味噌だれ、蕎麦サラダ、蒸し野菜、昆布、漬物、味噌汁。
多過ぎず、少な過ぎない量のプレートランチをよく噛んで、しみじみと味わいました。

今日は欲張らずにデザートは控えましたが、
クシガーデンのお菓子には、玄米米飴や甘酒などの伝統的な材料が用いられ、味に懐かしさと深みがあります。
不定期で開催されるお菓子のブッフェでは、ベジタリアンの方もそうでない方も一緒に楽しめる美味しいお菓子が並びます。

●店名:クシガーデン(KUSHI GARDEN)
●住所:東京都千代田区神田錦町3-19-21 橋ビル1F
●電話:03-3294-9455
●営業時間:11:30~16:00(L.O 15:00)
●定休日:土・日・祝日(年末年始・夏季休暇)

汐留 チャヤマクロビ ロイヤルパーク ホテル ザ 汐留店

2016.08.04 Thu  Eating place, マクロビオティック 新橋

cyaya_20160704_01
7月4日、リニューアルオープンした「チャヤマクロビ ロイヤルパークホテル ザ 汐留店」へ行ってきました。
天井高く広々したフロアは全72席。結婚式や二次会にも使い勝手の良いレストランです。
「チャヤ マクロビオティックス」は葉山の老舗料亭「日影茶屋」から誕生したブランドで、現在都内に5店舗。
食べてきれいになる、オーガニックライフをお洒落に提案しています。

基本的に、肉、卵、乳製品、白砂糖、化学調味料は使われていませんが、
一部メニューで魚類が使用されています。

cyaya_20160704_02
食べられるハーブサングリア パイナップル&ジンジャー 800円
こちらは、大き目のグラスに入っており、2人でシェアしてちょうどよいサイズでした。

cyaya_20160704_03
ベジメイン&デリプレート スープ・デザート付き 1,860円

国産有機玄米ご飯、ひじきとごぼうの和え物、きんぴら、豆腐バーグ、
小さな生野菜、ワンショットにんじんジュース

この内容で1,860円は、流石汐留価格。
こだわりは理解しますが、きんぴらごぼうもひじきもこれではセレブ飯。
身体によい食事だからこそ、より多くの人が注文し易い価格で、今後提供頑張っていただきたい。

私は、ヘルシー&ビューティーコース 2,980円を注文。

cyaya_20160704_04
ワンショットにんじんジュース、梅醤わかめと鎌倉野菜のサラダ

cyaya_20160704_05
三浦半島佐島漁港の地タコのセビーチェ、自然栽培野菜の盛り合わせ

cyaya_20160704_06
ヴィーガンスープ、ベビーケールのソテー、テンペベーコン、バルサミコソース

cyaya_20160704_07
ベジバーグと野菜の包み焼き 香草風味、有機玄米ご飯

cyaya_20160704_08
透明フィルム(リケンファブロ 耐熱クッキングシート TSUTSUMU)で調理し、
クリップをとると、香りがふわっと漂う演出。

cyaya_20160704_09
デザートは、ココナッツミルクで作られたチーズケーキ、ほうじ茶

cyaya_20160704_10
キャロットケーキ 380円

お洒落女子におススメのお店。

●店名:チャヤマクロビ ロイヤルパーク ホテル ザ 汐留店
●住所:東京都港区東新橋1-6-3 ロイヤルパークホテル ザ 汐留1F
●営業時間:11:00~21:00(L.O 20:30)
●定休日:無休
●電話:03-3573-3616

たまプラーザ Mana Burgers (マナバーガーズ)

2014.07.30 Wed  Eating place, マクロビオティック 横浜

2014年7月31日、たまプラーザに『マナバーガーズ』がオープンします。
場所は、田園都市線 たまプラーザ駅より徒歩5分。
たまプラーザ駅前交差点をJA横浜(横浜銀行)を右手にして、200m程直進したところにあります。

今日は、オープンに先駆けて、模範営業に伺いました。

マナバーガーズは、過去に日本初のベジタブルバーガー専門店として福岡にオープンしましたが、
2年前に閉店。
そして、たまプラーザに復活オープンします。

マナバーガーズのコンセプターは、ベジタリアン料理家のヨシハラアンナさん。
運営は、Musubu Dining 株式会社です。

コンセプトは、“NATURAL JUNK”
“NATURAL JUNK”とは、ジャンクフードのパンチの効いた美味しさとポップな手軽さ、
ナチュラルフードの安心・安全さとヘルシーさを融合させた造語です。
植物性の食材を中心としたヘルシーな新しいスタイルのベジタブルバーガー専門店。

20140729_manabugers_05
20140729_manabugers_07
20140729_manabugers_03
20140729_manabugers_04
20140729_manabugers_09
20140729_manabugers_08白を基調とした、明るく、ナチュラルテイストの店内。
入って直ぐにテーブルが2席、奥にはテーブルとカウンター席。
中央にはキッズスペースが設けられています。
店内では、自然食品や雑貨なども販売しています。

さて、お楽しみのベジタブルバーガーを注文します。

メニュー表には、”V”と”L”の標記があり、
ビーガン(植物性のみ)とラクトベジタリアン(乳製品使用)とが分かるようになっています。

20140729_manabugers_10
20140729_manabugers_13
20140729_manabugers_11ガーデンマナ 780円
レタス、トマト、スプラウト、オニオン、アボカドがトッピングされたサラダバーガー。
ビーガン対応のバーガーです。

ビジュアル、食べごたえ、かなりのボリューム。
口を大きくあけて、頬張ります。

バンズの原材料は、花糀、小麦粉、塩と甜菜糖のみで、
添加物は一切使用せず、天然酵母でふくらませ、卵、乳製品、白砂糖は使用していません。
食感はもっちり、ほのかな甘みがあって、美味しいです。他所では味わえないバンズ。

20140729_manabugers_14テンペ&チップス 500円
こちらもビーガン対応。
テンペの癖もしっかり消えて食べ易くなっています。
手作りソイタルタルソースをつけて。

20140729_manabugers_12マナソイシェイク ストロベリー 480円
有機豆乳と甘酒でつくったナチュラルシェイク。穏やかな優しい味です。

20140729_manabugers_01マナナゲット 500円。

これは美味しい。
ジューシーで、チキンナゲットと間違える食感と味。びっくりです。

ベジミートの臭みをしっかり抜いて、前処理の手間が掛かっていることが伺えます。
そこにしっかりと味をしみ込ませています。

バーベキューソースかマスタードソースをつけて。
こちらはラクトベジタリアン向け。

20140729_munabugers_15看板メニューのクラシックマナ 680円。

バンズとパテ、ソースのバランスがよく、これぞナチュラルジャンク。
分かり易く表現すると、モスバーガーに似ている。
但し、こちらのパテは、ビーフではなく大豆ミート。
食べた後にもたれることなく、お腹も心も満足します。

特製ケチャップと手作りソイタルタルソース、
オニオン、ピクルス、チェダチーズスライス、トマト、レタス、ビッグな味わい。

20140729_manabugers_02アサイーボウル 580円。
有機グラノーラ、甜菜糖シロップを使用しています。
アサイーはフルッタフルッタのものです。

バーガーとサイドメニューとドリンクで、1500円~2000円してしまいます。
お財布には決してお手軽ではありませんが、
身体への労りを考えたらプライスレスです。

単品だと直ぐに1000円超えます。
そんな訳でお得なセットメニューがありまして、
バーガーに+400円で、フレンチフライSとドリンクSがセットにできます。
バーガーの種類にもよりますが、セットで1,000円前後。

何人かでメニューを色々シェアした結果、
今のところクラシックマナとマナナゲットがベスト。(わたしのオススメ)

オープン後、暫くして落ち着いた頃に、また伺いたいと思います。

●店名:Mana Bugersたまプラーザ店(マナバーガーズ)
●住所:横浜市青葉区美しが丘2-21-12 Y45たまプラーザビル1F
●電話:045-901‐1599
●営業時間:11:00~22:00(L.O21:30)
●定休日:年中無休

長谷 cafe & bar 麻心

2012.09.10 Mon  Eating place, マクロビオティック 

R0014596.jpg
オーガニック・ヘンプビール カンナビア (成分は、麦芽・ホップ・ヘンプ)
江ノ電、長谷駅から徒歩5分。
国道134号線沿いにある、麻の食材を使った
心と体に優しい食事を提供してくれるcafe & bar 麻心へ行ってきました。
窓の外は、道路が視界に入らない絶好のロケーションで、
由比ヶ浜の海岸を一望することが出来ます。
R0014605.jpg
The organic & Hemp Style Cafe & Bar 麻心は"オーガニック"と"麻"をコンセプトに
2002年の夏にオープンしました。
麻心の"こころ"は、人のまごころ、麻のこころを意味し、
"日本人が忘れかけていた何かを思い出してもらいたい"との想い。
そんな想いからこの古都鎌倉に落ち着きスタートしました。
麻には保温効果や空気洗浄作用があり、
店内は、麻の建材を使用しています。(HPより)
フードメニューは基本的にオーガニック&マクロビオティックス。
無農薬無化学肥料の野菜や雑穀、地元鎌倉の採れたての野菜や地魚。
無農薬・無化学肥料で栽培される雁音米(かりおんまい)、パンには、天然酵母を使用。
R0014578.jpg
しらす定食麻心風 1,380円
目の前に広がる由比ヶ浜より採れたて新鮮なしらすと堪能できる定食。
(※12月末~4月の期間はしらすが不漁のためお休み)
R0014582.jpg
釜揚げしらす丼、生しらす、しらすサラダ、しらす汁、しらすやっこ、つくだ煮
麻心風に、お醤油と相性がいい麻ナッツや麻オイルとあわせて。
R0014583.jpg
麻心ベジタブルランチプレート 1,280円
テンペのフライ、ズッキーニのソテー、茄子のトマト煮、
自家製ぬか漬け、胚芽米ごはん、ヘンプサラダ、ヘンプスープ、プチデザート
ミネラル、ビタミン、食物繊維を豊富に含む麻の実と、旬の野菜やお魚、雑穀を使用。
心も身体も元気になれる薬膳ごはん。
R0014591.jpg
こちらのテンペは、麻心オリジナル。
テンペストフードで別注しているそうです。
大豆の臭みが無く、食べやすいお味で、まるで臭みのないさっぱりとしたお肉の食べごたえ。
R0014607.jpg
ランチは、12時~15時迄。
_____________________________
店名:cafe & bar 麻心
住所:神奈川県鎌倉市長谷2-8-11 2F
電話:0467-25-1414
営業時間:9:00~21:00(L.0)
定休日:月曜日(季節によって無休)

巣鴨 甘露七福神

2012.08.13 Mon  Eating place, マクロビオティック 

R0014911.jpg
巣鴨とげぬき地蔵尊 高岩寺の路地にある、マクロビオティックな甘味処 甘露七福神に行ってきました。
こちらでは、マクロビオティックの考えをもとに、
白砂糖、乳製品、卵、人工甘味料、着色料を一切使わず、
甜菜糖、豆乳、有機農法の豆類・雑穀類・果実・お茶、天然海藻など
入手可能な限りオーガニックの素材を基本としています。
R0014909.jpg
甘露とは、仏教の教えで"非常に美味な天人の食物"という意味。
それを食すと、病はたちまちどころに消え不老長寿をもたらすとされています。
甘露七福神では、その故事に習い"身体に優しく、美味しいものを食し元気で幸せに暮らそう"
をコンセプトに"今までにない甘味"を提供しています。
R0014906.jpg
オススメの塩あんみつ 850円を注文しました。
・塩は、ミネラルを豊富に含んだ小笠原の自然海水塩
・アイスクリームは、乳製品、卵を一切使用せず、豆乳で仕上げています
・蜜は、黒砂糖、白砂糖を使用せず、甜菜糖だけで煮詰めた上品な甘さ
・寒天は、伊豆の天草より伝統的な拘りの製法で作られた無漂白のものを使用
・餡は、白砂糖を使用せず、未精製の甜菜糖を使用、その為、小豆の味が引き立ち、穏やかで優しい甘味に
・白玉、求肥はすべて手作り、茶色の求肥は甜菜糖の自然色
・緑の白玉は、有機栽培の宇治抹茶を使用した色
・あんずは無農薬、無漂白、無着色のものを使用
・トッピングは身体によい、松の実、クコの実、イチジク
R0014905.jpg
身体に優しい甘味をいただく幸せなひととき 甘露七福神
_____________________________
店名:甘露七福神
住所:東京都豊島区巣鴨3-37-5
電話:03-5394-3694
営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜日(4日、14日、24日の縁日の場合は前日)

鎌倉 cafe Life Force ” Re Born “

2012.08.06 Mon  Eating place, マクロビオティック 

R0014640.jpg
3か月振りの更新です。
ブログを通じて、知人や未だお会いしたことのない方々から安否のご連絡、
また、応援、有難う御座います。
毎度ブログを読んで下さっていた方、訪問して下さった方へ、
この場を借りてお礼申し上げます。
この3か月間は、新しい料理法を学び、実践しておりました。
日々の生活も夜型から朝型へ。
そうなりますと、仕事と生活、0時前に寝ようと思うと、ブログを書く時間がありません。
(特に夜は光の刺激が強い為、PCは付けない方が良いとか)
しかしながら、溜まりに溜まったメモリー、時と共に記憶が薄れて参りますので、
ぼちぼち再開させようと思います。
_____________________________
鎌倉駅から徒歩10分。
由比ヶ浜通り沿い(長谷に向かい、六地蔵より手前の左側)にあるcafe Life Forceへ行ってきました。
R0014638.jpg
外観はコンクリートにガラス張りと現代的ですが、
古民家をリノベーションした店内は、窓や梁がむき出しの吹き抜けで、開放感があり、
大きな藍色の暖簾やランプなど、どこか懐かしいレトロな雰囲気。
ソファー席やアルコール類がお洒落に並んだカウンター席などもあり、
それぞれが思い思いに過ごすことができそうな素敵な空間です。
R0014614.jpg
コンセプトは、
バランスのとれた美味しい食事を楽しみながら
ゆったりとした時間を過ごしていただくことで"イキルチカラ"を引き出すお手伝いをするお店。
食材は、日本の優れた伝統食である玄米や雑穀、
鎌倉で採れた旬のお野菜を中心に、お肉やお魚も厳選したものを使用しています。
メニューは、一般的なメニューが3割に対して、
マクロビオティック/ベジタリアンメニュー2割程。
R0014624.jpg
鎌倉野菜と雑穀のサラダ レギュラー1470円/ハーフ1050円
色とりどりの鎌倉野菜と、トッピングは、ポップコーンのように炒った、たかきび。
香ばしくて美味しい。
R0014633.jpg
色どり旬野菜のクリーミーPizza 1260円 (チーズあり +150円)
R0014629.jpg
玄米おこげ 彩り旬野菜の葛あんかけ(吉野の本葛を使用) 1260円
何れも、マクロビオティックのメニューですが、
美味しく、お味がしっかりとして、食べごたえがあります。
伺うと、マクロビオティック=薄味ではなく、
マクロやベジ、メニューは関係なく、どなたでも美味しく召し上がっていただける
お味を目指しています、とのこと。
R0014635.jpg
豆乳バニラアイス 475円
マクロビオティック雑穀クッキー、フランボワーズとクランベリーのアイスが
添えられています。
穏やかな空間でいただくお食事、
健康と美味しいが備わったよいお店でした。
_____________________________
店名:cafe Life Force
住所:鎌倉市由比ガ浜2-5-19
電話:0467-25-5359
営業時間:11:00~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O) CLOSE22:00
定休日:水曜日

竹橋 クシ・ガーデン デリ&カフェ (Kushi Garden)

2012.01.19 Thu  Eating place, マクロビオティック 


東京メトロ東西線竹橋駅直結のPALACESIDE BUILDING1階
久司道夫認定マクロビオティックレストラン デリ&カフェ クシ・ガーデン(KUSHI GARDEN)のブッフェに行ってきました。
料金は、3,500円/人
予約制で毎月一回開催しています。
健康のため、腹八分目と云われていますが、この日ばかりはリミッター解除にて。
マクロビオティックのお料理を思う存分楽しみたい方に是非オススメしたいイベントです。
お料理には砂糖、卵、乳製品、動物性食材、化学調味料は一切使用されていません。
全粒穀物(玄米、あわ、きび、ひえ、大麦、小麦など)を中心に、野菜・豆・海藻、
身体に優しい、健康を取り戻すお食事です。
R0011379.jpg
R0011381.jpg
レンコン団子のあんかけ
これがお肉ではなく、大豆から作られたとは思えない程の満足感。
R0011375.jpg
ベジカレー(辛口と甘口)
欲張りに2種類
R0011363.jpg
デザートブッフェ
勿論、全てに白砂糖、卵、乳製品は使用していません。
R0011364.jpg
あんこ玉
R0011368.jpg
豆腐のチーズケーキ
R0011367.jpg
アップルケーキ
R0011371.jpg
スマイルクッキー(紫芋)
●店名:クシ・ガーデン デリ&カフェ (Kushi Garden)
●住所:東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 1F
●電話:03-3215-9455
●営業時間:11:30~22:00(L.O 21:00) 土曜 11:30~21:00(L.O.20:00)
     ◇Lunch 11:30~14:00
     ◇Tea   14:00~17:00
     ◇Dinner 17:00~22:00(L.O.21:00) 土曜のみ17:00~21:00(L.O.20:00)
●定休日:日曜日・祝日(年末年始・夏季休暇除く)

白金台 ラ・ロンジェヴィテ (La Longevite)

2011.11.29 Tue  Eating place, マクロビオティック 

R9308382.jpg
白金台駅から徒歩5分。
シェラトン都ホテル東京、八芳園の近くの閑静な住宅街に佇むヨーロッパ調の建物がラ・ロンジェビテ
2008年3月創業。
R9308383.jpg
店舗面積20坪。
店内は、パリのホテルをイメージた内装。
入って直ぐが9席のカウンター。寛げるソファの個室もある。
コンセプトは不老長寿
マクロビオティック、精進料理、薬膳料理などをベースに、
様々なジャンルのエッセンスを採り入れ、従来のマクロビオティックに不足していた
「料理としての美味しさと美しさ」や「食べる楽しさ」をプラスしたお料理を提供してくれるレストランです。
マクロビオティックと聞くと、玄米菜食、
味気ないイメージを持たれている方も多くいらっしゃると思いますが、代官山にあったメルロパロニカは違いました。
動物性を一切使用せずとも、目にも美しいお料理、その満腹感。
マクロビオティックのイメージを覆されるお料理をつくりだす岡田シェフのお店は、
残念ながら2011年4月に閉店しまった訳で、そんなお店を探しておりましたら、出逢いましたラ・ロンジェビテに。
ジャンルの枠にとらわれず、美味しいものを少しずつ。
こちらのお店のよいところは、動物性がNGの人と、お肉やお魚を食べたい人
一緒に行って楽しめるところです。
お連れの方が野菜趣向だと、お店の選択に偏りが出ますが、
その点どちらも選択可なので有り難い。
夜は、コースとアラカルトがあります。
コースは、マクロビコース3500円/5500円とロンジェヴィテコース3500円/5500円。
3500円のマクロビベジコースを注文しました。
R9308384.jpg
ドイツ オーガニックビール 700円
R9308391.jpg
3種類のアミューズ
出来立て豆腐/高野豆腐のソテー/キノコのポタージュ
R9308394.jpg
こちらの豆腐、豆臭さが全くありません。
R9308399.jpg
季節野菜のモザイク
目にも美しい
10種類以上の季節のお野菜を昆布ベースの出汁にアガー(寒天)で固めたもの。
崩すのが勿体ない。
R9308402.jpg
R9308404.jpg
かぶと米茄子のロースト 生麩と塩こんぶのスープ仕立て
R9308407.jpg
ベジハムのカツレツ マスタードソース
ベジハムは大豆からできています。云われなければ分からないぐらい、これは、ハムの食感。
R9308410.jpg
キノコの玄米リゾット
勿論、チーズは入っていませんが、コクを感じさせるリゾットです。
玄米は、ミルキークィーン。
もち米のように粘りが強く、冷えても硬くなりにくいのが特徴。
R9308415.jpg
リゾットを半分食べ終え、残り半分は、14種類の生薬エキスが入ったお店自慢の薬膳カレーかけていただきます。
100%植物性ですが、コク、まろやかさ、そしてスパイス。
R9308416.jpg
桃のスープ/いちじくのロースト/ぶどうのアイス
R9308420.jpg
●店名:ラ・ロンジェヴィテ(La Longevite)
●住所:東京都港区白金台3-3-1 G&Dアルケミックハウス 1F
●電話:03-3449-3231
●営業時間:月曜日~金曜日11:30~14:00/18:00~24:00 土曜日18:00~24:00
●定休日:日曜日