代官山 CAMDEN’S BLUE STAR DONUTS(カムデンズ ブルー ☆スタードーナツ)

2015.06.29 Mon  Eating place, ベーカリー 代官山

mart_20150419_01
2015年4月17日(金)、東急東横線跡地にオープンした
LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)へ行ってきました。
訪問したのは、オープン2日後の日曜日、午前9時頃。

アクセスは、代官山から徒歩4分、恵比寿から徒歩10分。
ロングロードという名の通り、全長220mの細長い線路跡地に5棟のログハウスが一列に並ぶ商業施設です。
なんとなく、設計がパサージュ青山に似ている印象。

1号棟には、クラフトビールを提供するキリンの新業態SPRING VALLEY BREWERY TOKYO
2~4号棟には、ロサンゼルス初ライフスタイル複合セレクトショップFred Segal
5号棟には、サンフランシスコ初TARTINE BAKERY & CAFÉBlue Bottle coffeeが入る予定でしたが、
2015年6月2日、ブルーボトルコーヒーオフィシャルサイトより、オープンの延期が正式発表されました。

Blue Bottle Coffeeは、2015年4月21日にTARTINE BAKERY & CAFÉを買収。
今回の延期理由について、あくまでも噂ですが、釜の具合が悪く納得のいく商品提供ができない為、
見送る決定をされた様です。そして、オープンは来年になる模様。

mart_20150419_11
Fred Segalの3棟のうち、2号棟、THE MART AT FRED SEGAL内にオープンしたのが、
オレゴン州ポートランド初の行列ができるドーナツ店BLUE STAR DONUTS

BLUE STAR DONUTS(ブルースタードーナツ)は、
2012年、Ms. Katie Poppe(ケイティ・ポップ女史)と、
Mr. Micah Camden(マイカ・カムデン氏)のデュオが、オレゴン州ポートランドで創業。

お店の紹介をする前に、
オーナー兼シェフのMr. Micah Camdenのキャリアがユニークなので、
少し紹介したいと思います。(米国紙のインタビュー記事を一部翻訳した)

Mr. Micah Camdenは、ソルトレーク生まれ。
高校中退後メイクアップアーティストとして、LAやNY、パリのショーで活躍を納めます。
ハワイ滞在中、ニューヨークタイムスのある記事が彼の眼に留まります。
記事には、こう書かれています。
「ポートランドが次世代の食の発信地になる。シェフを始めるのに、伝統的な修行やシェフとしてのキャリアは必要ない」
Mr. Micah Camdenは、ポートランドへ渡りバーで働きはじめます。
アイディアマンだったMr. Micah Camdenは、バーのオーナーから相談を受け、開業したレストランYakuzaは、
ポートランドで有名になりました。
2009年、そこで後のパートナーとなるMs. Katie Poppeと出会い、2人は意気投合。
次の時代の食について考えはじめます。

(Ms. Katie Poppeはポートランド州立大学でMBAを取得。
Mr. Micah Camdenと出会った後は、美術の専門学校へ通う)

質の悪いファストフードと豪華なファインダイニングの間のカテゴリーが現在無いので、
質の良いファストフードを始めようと、2011年Little Big Burgerを開業。
彼らは、Fast Casualという新しいカテゴリーの店舗展開を始めます。

Litter Big Burgerは、とてもシンプルなメニュー構成で、
自然に育てられたビーフと地場産のチーズを自家製のブリオッシュで挟む安心安全なバーガー$4.00
トリフオイルで揚げたフライドポテト(海塩) $2.75
ソーダとビール。
特別な日に行くのではなく、ポケットに4ドル持っていれば、誰でも毎日通えるお店を目指しました。
現在、同コンセプトのブランドがポートランドに5業態あります。

ハンバーガー(Little Big Burger
ドーナツ(Blue Star daunts
ラーメン(Boxer Ramen
フライドチキンとビスケット(Son of a Biscuit
ホットドック(Stray Dogs
ホットドック(Clutch)

ファストカジュアルについて、少し補足します。
このカテゴリーは、2000年を目前にした時代に低迷し続けたアメリカの外食産業で提案された新たなフォーマットで、
地場で展開していたファストカジュアルレストラン企業群と、大手ファストフード企業群が手を組み店舗拡大。定義は以下の通り。

●カジュアルレストランの商品価値をファストフード販売形態で提供する
●料理提供時間はファストフード並み(2~7分程度)
●小商圏に対応する徹底したメニューの絞り込み
●ランチだけでなくディナーも取り込み
●食材の「安全」「安心」にこだわり、オープンキッチンスタイルで調理工程も見せる

ファストカジュアルの支持層は、ベビーブーマー以降のジェネレーションX(1961年~1981年に生まれた世代)、ジェネレーションY(1975年~1989年までに生まれた世代。Y世代を、echo boomers(エコブーマーとも呼ぶ)。
一定の収入が確保され、かつそれが継続可能な状況にあるという背景の中で、「車に乗らず地下鉄等の交通機関を積極的に利用する」「職場に近い所に住居を構え、時間を有効的に活用する」「プライベートタイムは自己育成のために使う」「地球環境に優しい商品、健康的な商品に対して積極的な購買動機を持つ」層で、外食に対してもこの世代の価値基準が今後のスタンダードになって行く傾向が大いにあります。

ドーナツの話題に戻します。

mart_20150419_12
BLUE STAR DONUTSは、独特のフレーバーや、通常よりも一回りサイズが大きい為、
大人のドーナツとも呼ばれています。体に優しい原料にこだわっているのが特徴で、
化学調味料や保存料は使用せず、ストレスフリーで育った卵や牛乳、厳選した小麦粉を使用。
こちらでは、米国のオリジナルレシピや原材料をできる限り忠実に再現。
毎朝3時から奥のキッチンで、生地から作られています。

mart_20150419_13
ガラス張りのキッチンで作られたドーナツ。出来立てを提供。

ドーナツは定番6種類、季節限定品6種類、常時12種類が入口のショーケースに並びます。
※ビーガンあり、グルテンフリーなし。
(定番品)
Blueberry bourbon & basil ring(ブルーベリーバーボンバジルリング)380円
Valrhona Chocolate crunch(ヴァローナチョコクランチ)380円
Apple Cider Fritter(アップルサイダーフリッター)380円
Maatcha Cake(抹茶ケーキ)350円
Original Glazed(オリジナルグレーズリング)290円
Cointreau cream brulee(コアントロークリームブリュレ)380円
Passion fruit cocoa nib(パッションリング)380円
Mexican chocolate cake(メキシカンチョコレートケーキ)350円

mart_20150419_08
mart_20150419_07
ショーケースに並んだドーナツから選び、ドリンクを注文。
キャッシャーで支払を済ませた後、席へ。

ドリンクは、アメリカーノS 350円にしました。
コーヒー豆は、昭和9年創業、丸福珈琲。深入りです。
ドリップコーヒーのS 320円をお湯で薄めたものがアメリカーノ。

mart_20150419_02

mart_20150419_06
注文したのは、Valrhona Chocolate crunch(ヴァローナチョコクランチ)380円。
ヴァローナチョコレートとパールクラッカンがトッピングされています。

mart_20150419_04
中には、マダガスカル産バニラを使用したカスタードクリームが入っており、
重量感もあります。

カロリー表示は未だ出していないとのことですが、高いことは間違いなく、推定500~550Kcal 。
お皿に載せ、フォークとナイフでいただきます。
カロリーを尋ねたら、知らない方が良さそうだよ、と店員さん。

mart_20150419_05
レモンの風味が爽やかなレモンポピーバターシード 350円。

mart_20150419_03
バターたっぷりのブリオッシュ生地は、2日間掛けて発酵させているそうです。
こちらは推定500Kcal 。

candy_20150214
その他、メープルドーナツにベーコンをトッピングしたメープルベーコンなどもありました。
メープルにベーコン?はぎょっとしますが、
日本でも数年前から人気の高い、甘しょっぱいお菓子です。甘さを塩気が引き立てます。
この甘しょっぱいお菓子は、米国でも流行っています。写真は米国のキャンディーショップで撮影。
カリカリベーコンが串に刺さり、チョコレートをトッピングしたお菓子。

mart_20150419_09
店内入口には、ロゴを配したエコバッグやマグカップなどのオリジナル雑貨や紅茶、ジャム、
チョコレートなどの食品も販売しています。

店名:CAMDEN’S BLUE☆DONUTS (カムデンズ ブルー スター ドーナツ)フレッド シーガル代官山店
所在地 :東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山 2 号棟 THE MART AT FRED SEGAL 内
電話番号:03-3464-3961
営業時間:9:00~20:00(L.O19:30)
H.P:http://www.camdensbluestardonuts.jp

元町中華街 BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)

2015.06.27 Sat  Eating place, ベーカリー 元町中華街

bluffbalkery_20150531_03
日曜8:00AM、以前から気になっていたBLUFF BAKERYへ行ってきました。
元町のメインストリートから山手方面に1本入り、外人墓地へ登って行く代官坂の途中にあります。
青い外観が目印。看板などは出ていないので見落とし注意。(坂の下から撮影)

bluffbalkery_20150531_04
右がBLUFF BAKERY
左が伝説のダンスホールクリフサイド。(坂の下から撮影)

bluffbalkery_20150531_05
8:00開店早々から、常連客と思われるお客さんで賑わっていました。
続々とパンが焼き上がります。繁忙時間になると、混雑し、売り切れ続出する様です。

BLUFF BAKERYは、2010年12月18日創業。
ニューヨークスタイルのベーカリーです。

ところで、ニューヨークスタイルの定義ってなんだろう?と調べてみたのですが、特に定義は無いようです。
ニューヨークがオシャレな街の象徴であるため、
一般的には、洗練したもの・ことのを表現する場合、或いは、
ニューヨークで修行した人がアピールする為に使われています。

定義はありませんが、アメリカンスタイルのパン屋さんといえば、豊富なメニュー。
アメリカは多民族国家である為、パンの種類も豊富です。
ベーグル、パン(ホットドック・ハンバーガーのバンズ)、マフィン、ドーナツ、シナモンブレッド、ホワイトブレッド(サンドイッチ用のパン)など。

英語でパン屋さんのことをベーカリー(Bakery)と呼びますが、
Bakeryは、焼き物を指し、パンの他、ケーキ、焼き菓子をベーカリーも呼びます。
インターネットでBakeryと検索すると、パンではなく、ドーナツやマフィンのお店にヒットします。

bluffbalkery_20150531_02
本日購入したパン。

右奥から、
ハニーBB        190円
クロワッサン 5個入  280円
フレンチバゲット   260円
クレームペス     290円
バターミルクスコーン 300円

ハニーBBは厚切りの食パンにバターとハチミツを浸み込ませた逸品です。
一口美味しいと食べて結局全部独り占めした訳ですが、
小さいながらかなり胃に重いので、次は半分ずつ誰かとシェアしたいと思います。

クロワッサンは、BLUFF BAKERYの人気メニューの一つ。
時間によっては売切れするため、予約も受けてつけている様です。
バニラビーンズの良い香りがして、他所とは違う味でした。

bluffbalkery_20150531_01
キャロットケーキ 390円
カットしたキャロットケーキはg売りで販売しています。
ショーケースの中から、小さ目にカットされたものを選びました。
ホールで購入の際は、2,000円弱です。

パンでお腹いっぱにさせようと思うと、結構な量を食べてしまいます。
欲張ってしまいました。美味しいものは少しだけ食べるのちょうどよいですね。

朝から美味しいパンの香りに包まれて、幸せな日曜の朝でした。

店名:BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)
住所:神奈川県横浜市中区元町2-80-9 ヒルクレストオグラ 1F
TEL:045-651-4490
営業時間:8:00~18:30
定休日:無休
HP:http://www.bluffbakery.com/

Tartine Bakery (タルティーンベーカリー)

2015.03.21 Sat  Eating place, ベーカリー 海外

tartine_20150212_12サンフランシスコで一番人気のベーカリーTartine Bakeryは、ミッション地区にあります。
アメリカのベストベーカリーにも選出されたことがあり、毎日行列の絶えない人気店です。

オーナーベーカーのチャド・ロバートソン氏は、新世代のオーガニックパンを独学に開発し、
"パンの哲学"の著者としても既に3冊の本を出版されています。

チャド氏の製法は、健康的なパン=消化よく栄養を吸収し易いようにする為、
一つずつ手ごねで成形していくもので、
小麦の新鮮さに気を配り、優しく素早くこねることで高い水和性と長時間の自然発酵を確保した
熟練の職人技を要するスタイル。

材料は、出来る限りオーガニックで、挽き立ての新鮮な麦、地元の卵を使用しています。
小規模で自然環境を守りながらつくられている生産者の元から仕入れしています。

tartine_20150212_01特に目立った看板は出ておらず、お店入口の窓際に小さなボードが置いてあるだけで、
控えめな佇まいです。

tartine_20150212_07伺ったのは平日の8:30。平日の朝にも関わらず、地元の人たちで賑わっていました。
週末ともなると、長蛇の列ができるようです。

朝はフレンチペストリーが人気。
看板商品は、カントリーブレッド(パン・ド・カンパーニュ)。
毎日パンが焼き上がる午後4時には長蛇の列ができるそうです。

tartine_20150212_02手前のショーケースには、ケーキと焼き菓子。奥にはベーカリーが並んでいます。
なかなかの品揃えです。ペイストリーは季節によって変わります。

並んでいる間に商品を選び、キャッシャーでオーダーと支払を済ませた後、
焼き上がっているパンやケーキは自分で席まで運び、
ドリンクは、出来上がったら名前を呼ばれるので、自分で取に行くスタイル。

tartine_20150212_03House Coffee Small $1.75

コーヒーを注文すると、カップのみを渡されるので、入口にあるポットからセルフで。
コーヒー豆は、地元で人気のFour Barrel Coffeeでローストされたものが提供されています。

tartine_20150212_11Bread Pudding Small $4.25

朝の定番人気メニュー、パンプディング。
スモールですが、結構なボリューム。

tartine_20150212_10Morning Buns(cinnamon sugar,candied orange) $4.20

シナモンロールのような形をしたモーニングバン。
モーニングバンとは、クロワッサン生地でできた甘いペイストリーで、
何層にもなった薄い生地と、上からふるった砂糖が特徴。
アメリカ、西海岸。特にサンフランシスコ・ベイエリアで定番ペイストリーです。
そして、サンフランシスコで多くの人を魅了するモーニングバンと言えば、Tartine Bakery。

バターたっぷり。砂糖満載なので、兎に角甘い。
クリスピーな生地が密集しているので、なかなかの食べごたえ。

tartine_20150212_08Latte $4.00
ボウルで提供されます。大きいです。

tartine_20150212_06Fresh Juice(Grapefruit)$5.00

tartine_20150212_05Banana Cream Tart 4” $7.25

Tartine Bakeryの人気商品の一つ、バナナクリームタルト。
大きさは直径約10㎝!
見た目は甘そうですが、トップの生クリームと、中に入っているカスタードクリームは、
脂肪分が低く、甘みが控えめで、軽いです。
パイ生地は、少し固めで、中はダークチョコレートでコーティングされています。
中身はカスタードクリームとバナナ、キャラメルソース。
こちらは、持ち帰りにして貰いました。

今回注文はしていませんが、Hot Chocolate $3.5/4.0もオススメです。
チョコレートは農園を限定したValrhonaのチョコレートが使用されています。

tartine_20150212_04朝からこんなに高カロリーなものを食べるの?と不思議に思いましたが、食べるんですね。普段から。
甘いペイストリーとコーヒーがよく合います。

さて、Tartine Bakeryですが、4/17、東横線代官山旧線路跡地にできる商業施設
LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)内にオープンします。
同施設内には、Blue Bottle Coffee国内3号店もキヨスクスタイルでオープンしますが、
Tartine Bakery代官山で提供されるコーヒーは、Blue Bottle Coffee。
同じサンフランシスコ出身のベーカリーとコーヒーのコラボレーションです。

●店名:Tartine Bakery&Cafe
●住所:600 Guerrero Street San Francisco, CA 94110
●電話:(415)487-2600

函南 Marie 伊豆店 (マリー)

2012.01.07 Sat  Eating place, ベーカリー 

R0010290.jpg
伊豆高原まで小旅行です。
お昼はベーカリーカフェMarieでいただきました。
ロードサイドに突如と現われるツインの白い建物。
一方が雑貨店、もう一方がベーカリーカフェです。
広々とした駐車場は、17台分完備。
R0010293.jpg
R0010294.jpg
パンは、生地そのものの美味しさを追求し、保存料は一切使用しない。
厳選した食材、使う粉も北海道産ハルユタカ、フランス産と、用途に合わせて使い分けしている。
R0010296.jpg
パンは約50種類並ぶ。
バゲット、菓子パン、オリーブが入ったプロヴァンス風のパン、
近隣の丹那盆地にある契約農家さんから仕入れたお野菜入りのお食事パンなど。
R0010287.jpg
ドアを開けると焼き立てパンのよい香り。
入って直ぐが、ベーカリーショップ パン ド マリー。
奥がベーカリーカフェです。
R0010237.jpg
箱根連山の絶景。
テラス席、ガーデン席は犬連れOK。
R0010241.jpg
R0010245.jpg
ランチタイムのセットメニューには日替わりで2種類のパンが付きます。
モチモチして美味しい。
R0010258.jpg
ベジタリアンシチュー 1,050円(ドリンク +210円)
スープ/サラダ/デザート/パンのセットです。
R0010263.jpg
R0010261.jpg
大豆と豆乳、たっぷりのお野菜。動物性は使用していません。
R0010279.jpg
●店名:Marie 伊豆店 (マリー)
●住所:静岡県田方郡函南町畑374-63
●電話:055-945-0707
●営業時間:ベーカリー8:00~17:30 カフェ9:00~17:30(L.O17:00) ※ランチは11:00~14:00
      生活雑貨9:30~17:30
●定休日:無休 ※年末年始休業あり