銀座 ESqUISSE(エスキス) 

2017.05.02 Tue  Eating place, フレンチ 銀座

ESqUISSE_20170422_15
2012年オープン以来評価の高いミシュラン2つ星レストランESqUISSE(エスキス)。
場所は、銀座駅から徒歩1分。
5丁目の晴海通り沿いにあるCOACHとマツモトキヨシの間を入ってすぐのロイヤルクリスタルビル9階にあります。

ずっと気になっていたものの、今回が初訪問です。
素敵なお料理と素敵な接客。行ってみて、すぐにまた通いたくなるお店になりました。

料理のジャンルはフレンチ。
しかし、オーソドックスなフランス料理とは全く別物。

エスキスという言葉は、デッサンを意味します。
名前の通り、一枚一枚、お皿をキャンバスに、お皿の上で色々な味が交差する。
素材一つ一つの個性が強調されつつも、それらが複雑に組み合わさり、新しい味へと変化する。
季節を楽しませてくれ、自然へと連れて行ってくれる。
組み合わせ、料理の手法、発想が面白い。

エグゼクティブ・シェフは、リオネル・ベカ氏。
フランスでミシュラン最高評価三ツ星に輝き続ける「メゾン・トロワグロ」でセカンドシェフを4年半。
2006年「キュイジーヌ[S]ミッシェル・トロワグロ」オープンに際して、
ミッシェル・トロワグロ氏よりエクゼクティブ・シェフに任命され来日。5年半勤めた後、現職。
シェフ・パティシエは「ラトリエ・ド・ジョエル・ロブション台北」の成田一世氏、
シェフ・ソムリエは「タテル ヨシノ」の総支配人を務めた若林英司氏と錚々たるメンバー。

ランチは、11,000円/15,200円(19,000円)/19,200円(24,000円)の創作コースのみ。
ランチとディナーは同じ内容で、ランチはリーズナブルな価格でいただけることができ、
コストパフォーマンスがかなり高いです。3つのコースは、構成する皿数が異なります。
※カッコ内はディナー価格。別途サービス料12%

11,000円のコースを、予約時にお願いしていました。
コース内容は、グラスシャンパン、ミネラルウォーター、前菜2品、魚料理、肉料理、
プレデセール、デセール、コーヒー、小菓子、お土産がつきます。

ESqUISSE_20170422_02
グラスシャンパン、ミネラルウォーターがコースに含まれているのは嬉しいです。

ESqUISSE_20170422_01
蟹とジュレ。

ESqUISSE_20170422_03
ホワイトアスパラのグリル。上の泡は豆乳を泡立てた豆乳サポニン。黄色い点々はからすみ。
ソースはこごみ。

ESqUISSE_20170422_05
ハチミツで和えてグリルしたたけのこ、トリッパ、フレッシュマッシュルーム、しめじ。
旨味が利いたスープをかけ、テーブルで仕上げます。椎茸の香りがふわっと広がり食欲をそそります。

ESqUISSE_20170422_07

ESqUISSE_20170422_09
鰆のグリル。グリーンオリーブソース、ソラマメと焼きなす。

ESqUISSE_20170422_11
53℃で40分、火の通りが絶妙。ふっくら、みずみずしい。

ESqUISSE_20170422_15
ESqUISSE_20170422_13
ESqUISSE_20170422_14
お肉料理は鴨。赤紫色の鴨肉とブルーベリーのソース。色合いを統一させた一皿。美味。

パンがまた素晴らしかった。
3種類出てきたのですが、実は3種類とも全く同じ生地を使っているのです。
発酵温度や成形に違いをもたせ、変化を出しています。
食感はもっちりという表現では足りないぐらい、みずみずしい。
天然酵母をじっくり4日かけて発酵させたパンは、独特の酸味が出ないようにつくられており、
噛むほどに甘く、まるでご飯のよう。パンは主張しないけれど、美味しくてついついおかわりしたくなる。

パンには、バターとフロマージュブランをホイップしたものと、Eで模られた塩をお好みで。
パンに塩海と酸味がないため、バターだけでなく、フロマージュブランの酸味を足す工夫。
この塩がマイルドで又美味しかった。
シェフ・パティシエの成田一世氏は、2007年パンとデザート部門において
Best of New Yorkに選ばれた経歴を持ちます。
計算し尽されたバランス。提供方法にも工夫があり驚きがありました。

ESqUISSE_20170422_04
ESqUISSE_20170422_08
ESqUISSE_20170422_12

ESqUISSE_20170422_17

ESqUISSE_20170422_18
メインのデザート。和を感じられる一皿。まるで新緑の溢れるお庭。
風味豊かな抹茶、小豆、玄米パフ、ミルクアイス、透明ゼリーは杏仁。いろいろな食感があって面白い。
散々いただいた後でしたが、こちらのプレートは軽く、すっと胃におさまりました。
コースの流れが、うまい具合に構成されていると思いました。

ESqUISSE_20170422_19
コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティから選べます。
お菓子にチョコレートが入っていたのでコーヒーにして正解でした。
ハーブティーはポットで提供。コーヒーはおかわりできます。

ESqUISSE_20170422_20
お土産にいただいた小さなお菓子。
カヌレ
パット・ドゥ・フリュイ(ゼリーやグミとは一味違う食感)
ローズドゥサーブル(カカオの香り豊かな大人のチョコレートフレーク)

同じく銀座にあるミシュラン2つ星のベージュ アラン・デュカス、三ツ星のロブションでは、
お土産は女性だけの特権だったのですが、こちらではすべてのゲストにくださるのが嬉しい。
帰宅後家族とシェアし、美味しかったひとときの余韻に浸りました。

その時々によって食材が変わり、メニューは3か月ほどすると完全に内容が変わるそうです。
3か月以降にまた訪問したいと思います。
エスキスは全てのプレートがメインに思えました。
飲み物、皿数、最後のお土産がついてこの価格は、コストパフォーマンスがかなり高いです。
久し振りに大変良いお店でお食事できました。ありがとうございました。

●店名:ESqUISSE(エスキス)
●住所:東京都中央区銀座5丁目4-6ロイヤルクリスタル銀座9F
●電話:03-5537-5580
●営業時間:Lunch12:00〜13:00(L.O.) Dinner18:00〜20:30(L.O.)
●定休日:日曜ディナータイム

菊名 野菜レストランsaito

2016.03.16 Wed  Eating place, フレンチ 菊名

restaurantsaito_20160312_04
2015年9月11日に店舗移転した「カジュアルフレンチれすとらん さいとう」改め、
野菜レストランsaito」に伺いました。

菊名駅東口から徒歩5分ほど。菊名神社の隣にある一軒家のお店です。
お店の前には専用駐車場5台完備。

restaurantsaito_20160312_02
木の温もりを感じられる店内。天井が高く、自然光が差し込み優しい雰囲気。

野菜レストランsaitoは、肩肘張らずにお箸でいただけるカジュアルフレンチレストラン。
風味が強いバターなどは使わず、胃に優しいお料理を提供してくれます。
ランチコースは、1,800円/2,300円/3,000円。

2,300円の「よろこびコース」をお願いしました。
冷前菜、スープ、メイン1品(魚又は肉料理)、デザート、飲み物のコースです。

restaurantsaito_20160312_05
春を感じるミモザ風サラダ
横浜や三浦の畑でとれる旬の野菜とお豆のお食事サラダ
お皿の縁には、さっぱりとした自家製マヨネーズ

restaurantsaito_20160312_06
野菜を引き立てる自家製パン。
北海道産の小麦を使用し、富士山溶岩窯を使って毎日焼いています。
遠赤外線効果で水分が逃げることなくふんわり焼き上がるそうで、もちもちした食感。
噛み締める度に甘味と風味が広がる美味しいパンでした。
あまりにも美味しかったので、お土産に買って帰りました。240円/個で販売しています。

restaurantsaito_20160312_07
キャベツのポタージュ クルトンとクリーム添え
スープの材料は、キャベツと水と塩だけ。胃に優しいスープです。

restaurantsaito_20160312_09
三浦から届いた白身のソテー 玄米と長ネギと春大根のピラフ
大根のマリネとナムル、ワカメのソース、長ネギとエシャロットとベーコンの旨味ソース

ピラフに使われているのは、神奈川県の奨励品種「はるみ」の玄米。
緑区の佐藤克徳さんが作るこだわりの逸品です。

restaurantsaito_20160312_08
国産鶏モモ肉のロースト ビーツとルタバガ(スウェーデンカブ)のソース 

restaurantsaito_20160312_01
湯河原から直送のデコポンとシェフの親戚の家で収穫した金柑を使ったデザート

食後の飲み物は、コーヒー、紅茶、ほうじ茶、ハーブティーから選択。
(ホットコーヒーのお替りは200円)

地元の方からもずっと愛されているお店です。

●店名:野菜レストランSaito
●住所:横浜市港北区菊名6-5-16
●電話:045-434-1761
●営業時間:11:30 – 14:30 (14:00 L.O) 18:00 – 22:00 (20:30 L.O)
●定休日:月曜・第2日曜

二子玉川 MARKT

2016.02.10 Wed  Eating place, フレンチ 二子玉川

markt_20160206_01
アンティークレンガの一軒家レストラン「MARKT」へ休日ランチに出掛けました。
二子玉川ライズを抜けた閑静な住宅街の一帯にあります。
写真スタジオ「サロンドパルール」が併設しており、空間が素敵なレストランです。
ジャンルはカジュアルな自然派フレンチ。

markt_20160206_02
「MARKT」とはオランダ語で「青空市場」という意味。
青空の下、楽しげに人々が集まる場所をイメージしたお店です。

markt_20160206_07
お子様連れのゲストもちらほら。音の通りがよいので声などは然程気にならず。
席と席の間も広々しており、和やかな雰囲気で食事を楽しめます。

ランチメニュー
前菜+メイン2皿(お魚料理、お肉料理)+デザート+カフェ 3,400円
前菜+メイン+デザート+カフェ 2,450円
前菜+メイン+カフェ 1,950円

ドリンクは、
グラスビール・スパークリングワイン・ノンアルコールスパークリング 500円
フレーバースパークリング(バラ&ローズヒップ・ミント&レモングラス)500円
シャンパン 800円

ワンコインドリンクは有難いです。
前菜+メイン+デザート+飲物のコースをお願いしました。

markt_20160206_03
先ずはパン。バゲットです。ろう紙の袋に入って提供されます。中には飾りの小麦。
オリーブオイルやバターはありません。お皿に残ったソースにつけていただき丁度良かったです。

markt_20160206_04
前菜
青森産ヤリイカのソテー/チョリソー/イカスミのニョッキ/ズッキーニ

前菜というよりはメインと言ってもいい一皿。
ソテーしたコリコリ食感のヤリイカに、ハーブの香や辛みが調和しスッキリとバランスが良い。
泡状のソースとピュレした野菜のソース。お皿のエリアにより味が変わり楽しいです。

markt_20160206_05
メイン
仔羊もも肉のロースト/ルッコラとアンチョビソース/アロマポテト/葉玉葱のソテー/塩漬けレモン

焼き加減はレア。ポーションが大きく結構なボリュームがありました。
ステーキハウスでお肉を食べているという感じ。お肉でお腹いっぱいになる量です。

markt_20160206_06
デザート
ビターなクレームショコラ/メレンゲ/アニスキャラメルのアイス/カフェオレ

素焼きのお皿に、紫色のエディブルフラワーが映えます。
お皿をキャンパスに、色とりどりハーブやお花が飾られ見た目も美しく楽しませてくれます。
ハーブやお花は単に飾りだけではなく、個性ある味や香りで料理に奥行を与えています。

食後の飲み物は、コーヒー・紅茶・ハーブティからの選択で、ハーブティを選びました。

料理の数は少ないですが、その分1皿ごとのボリュームが多く満足できる量です。
会計はテーブルで。12時半から食事をスタートして15時過ぎに終えました。
食後だらだらおしゃべりしていても威圧感の無い雰囲気が気に入りました。

markt_20160206_08
お店を後にし、斜め向かいにあるパンとバターをテーマにしたベーカリー
BREAD&BUTTER FACTORY FUTAKOTAMAGAWA( ブレッド&バターファクトリー 二子玉川)に立ち寄りし、
お土産を買って帰りました。
溶岩窯で焼いた天然酵母パンや焼き菓子。こちらもおススメです。
昨年楽天本社が二子玉川に移転したこともあって、この一帯は益々開発が進んでいます。
お洒落なカフェなどできたらまた出掛けてみようと思います。

●店名:Markt
●住所:東京都世田谷区玉川1-17-16 1F
●電話:050-5571-5718(予約専用)
●営業時間:Lunch 11:30~14:00(L.O) 土日祝11:30~14:30(L.O)
Cafe 14:00-18:00 土日祝14:30~17:00(L.O)
Dinner 18:00-21:30(L.O.) 23:00(Close)

新横浜 HANZOYA

2016.02.03 Wed  Eating place, フレンチ 新横浜

hanzoya_20160131_15
新横浜駅から徒歩10分。横浜アリーナの裏にあるフランス料理「HANZOYA」を訪問しました。
9階建てのHANZOYAビル。1階~2階がレストラン、上の階にはチャペルがあり挙式することもできます。

hanzoya_20160131_14
屋号はオーナーシェフ 加藤 英二さんが最も尊敬するご祖父様のお名前「半蔵」に
屋を付けた店名でスタートしましたが居酒屋へ間違えられてしまうことから、
後日、フランス料理に相応しいHANZOYAへ改名したそうです。
1991年創業。今年で25周年を迎えます。

通常のランチコースは¥2,800/¥3,000/¥4,500。
2月末までは25周年を記念した特別コースのみを提供しています。

25周年特別コース”贅の極み”トリュフづくしは、この時期にしか手に入らない希少食材と「世界三大食材」のひとつ
冬トリュフをすべての料理にふんだんに使った贅沢なコースです。
更に静岡県のサポートによる「ふるさと割」の活用で大変お得になっています。

ふるさと割とは、国の創設した地域住民生活等緊急支援のための交付金を活用し、
地域の消費を喚起するため、各都道府県や自治体が指定した県産品を消費者に割引販売する制度です。
静岡県は、県産の食材を積極的に活用し、県の農林水産業や食文化の振興に貢献している料理人たちを「ふじのくに食の都づくり仕事人」として認定しており、加藤シェフは平成26年度に認定されました。

ランチコース(全6皿)¥6,800 → ¥3,760
ランチハーフサイズコース(女性限定)¥3,400 → ¥1,880
※税別、サービス料別途10%

フルコースをハーフポーションで提供してくれる女性限定コースをオーダーしました。

hanzoya_20160131_13
ベリーA黒ぶどう(山梨県勝沼産 黒ぶどう) 700円

ソムリエがいるお店で、ワインも充実しています。

hanzoya_20160131_11
レストランで提供しているパンは、レストランから生まれたパン工房「シャンドブレ」で焼いたものです。
パンの要となる種は、自家製のルヴァン種(ブドウ)とサワー種(ライ麦)を使用。
フランスパン(フルート)は、15時間以上の熟成と自家製酵母が醸しだす芳醇な味わい。
食事と一緒に出てくるパンは、この1種類のみ。生地に程よい酸味があり、もちもちした食感。
小さな銅製のフライパンで提供されるオリーブオイルを少しつけていただくと、
輪郭がはっきりした味になり、更に美味しくなります。

hanzoya_20160131_12
静岡BIO野菜 & 川根のゆずと削りトリュフ
色とりどりの人参を薄く輪切りにしマリネして、上から葉野菜を被せています。
トッピングには、摩り下ろしたゆずとトリュフ。ゆずのよい香りがします。

hanzoya_20160131_10
浜名湖産二年鰻と御殿場 田代さんの山葵添えソース ペリグー

ペリグーソースとは、牛肉を煮込んだ出汁にマディラ酒(アルコール度数の高いワイン)を加えて煮詰め、
みじん切りしたトリュフを加えたソースです。上品な洋風の鰻の蒲焼。
皮がパリパリしています。
一般的に鰻は6か月~1年数か月掛けて成鰻させますが、こちらの鰻は二年物。

hanzoya_20160131_08
稲取キンメ 知名美屋 深谷葱のブレゼとブイヨン トリュフ風味

ふっくらとした金目。
スライスしたトリュフはしっかり香りを楽しめる量。

hanzoya_20160131_07

hanzoya_20160131_06
富士金華豚 藁燻し 南駿プチヴェール添え 海老芋のロティー
脂身に旨みが詰まった金華豚。ジューシーですが胃もたれせず。

hanzoya_20160131_05
コースのデザートは3種のケーキとアイスクリームが1プレートで提供されますが、
500円追加して、ワゴンから選べるデザートにしました。

hanzoya_20160131_04
全種類お願いしたところ、少量ずつカットしたものが1プレートで出てきました。
フレジエ(ショートケーキ)、フロマージュブラン、フルーツタルト、プリン、ミロワール(チョコレートケーキ)

もう少し食べたいと思う丁度良い量でした。
HNZOYAグループでは、「La Piece montee(ラ・ピエスモンテ)」というカフェ&パティスリーも運営しています。
洋菓子は得意です。納得の美味しさ。

食後の飲み物は、コーヒー/紅茶/エスプレッソから選びます。

hanzoya_20160131_03
御所川原りんごのジェラート、キャラメルとピスタチオのアイスクリーム。
真っ赤な色の方が御所川原林檎のジェラートです。御所川原林檎は、青森県五所川原市で育った林檎で、
果肉、花、若葉、枝までもが赤い珍しい林檎です。
見た目が赤いだけでなく、皮を剥いても果肉が赤いのが最大の特徴。
蝋細工のような艶、小ぶりです。酸味が強く火入れすると甘味が出ます。

hanzoya_20160131_01
最後に口をさっぱりとさせてくれるフレッシュハーブティと小菓子
(御所川原林檎のマフィン、シナモンクッキー、コーヒーとピスタチオのフィナンシェ、キャラメルマカロン)

この日は12時台の予約が埋まっており13:30からスタートしました。
のんびり食事をして16時にお店を後にしました。
帰り際、散々食べた美味しいフランスパンを1ピース、お土産にいただきました。
時間の流れがゆっくりとした落ち着く雰囲気のお店です。

●店名:HANZOY(ハンゾウヤ)
●住所:横浜市港北区新横浜3-23-8
●電話:045-471-8989
●営業時間:水~土12:00~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)
     日・祝:12:00~14:00L.O) 18:00~20:00(L.O)
●定休日:月曜・火曜(祝日は通常営業)

東京 arcana tokyo (アルカナ東京)

2016.01.11 Mon  Eating place, フレンチ 東京

arcana_20160108_17
東京・丸の内KITTE6階にある野菜フレンチレストランarcana tokyoでディナーをしました。
こちらのお店は2007年創業、修善寺にあるオーベルジュarcana izuの系列店です。

三浦半島からその日に届けられる朝取り新鮮野菜をふんだんに使い、
バターやクリームを極力使わずに仕上げているが特徴。

週末のランチは混んでいますが、平日の夜は比較的空いています。
広々とした店内でゆっくりと食事することができ、大切な方との夜にはぴったりのお店です。

arcana_20160108_10
広い店内は、全152席。利用するゲストのシーンに合わせたエリア構成で、
個室2部屋、バーカウンター、オープンキッチン、メインダイニング、ガーデンテラスに別れています。
ウエディングやパーティーの貸切利用にも適したスペースです。

arcana_20160108_12
入口に程近いメインダイニング席に案内されました。
前にはキッチン。隣にはワインセラーがあります。ソムリエがいるお店でワインも大変充実しています。

arcana_20160108_15
アルコールを控えているので、ノンアルコールの葡萄ジュースをいただきました。
ノンアルコール類では、エディブルフラワーソーダなどもあります。
ドリンクのメニュー表はなく、ソムリエが口頭で直接説明して下さいました。

ディナーはコースとアラカルトで、コースは、5,400円/8,400円の他、
3日前までの予約制コースとして、ベジタリアン又はビーガンコース8,400円。
シェフが好みに合わせて構成してくれるスペシャルコース15,000円があります。

本日は5,400円のお手軽なディナーLegumeをオーダーしました。

arcana_20160108_14アミューズ・ブーシュ
温かなオニオングラタンスープ

arcana_20160108_11
一皿目のプティパン。全粒のハード系です。
パンに添えてあるのは、バターではなく自家製のトマトソース。野菜レストランならではのこだわり。
こちらのソースは塩気が少なく穏やかな味。パンにつけると、ピッツァのような風味になります。

arcana_20160108_08前菜
北海道産帆立貝柱とポワロー葱(リーキ) セロリ ブリオッシュ 三浦産トピナンブール(菊芋)

arcana_20160108_07サラダ
三浦の葉野菜と自家製パテ ド カンパーニュ カラフルトマトのマリネ 温度卵とトリュフソース
葉野菜の下にはパテが隠されています。トッピングにはクリスピーなベーコンが散りばめており、食感が楽しい一品。
温度卵(半熟卵)を割って全を混ぜながらいただきます。

arcana_20160108_05スープ
牛蒡のヴルーテ(滑らかなポタージュ)新潟県産舞茸の鱈の燻製 アマランサス シェリービネガー

arcana_20160108_06
2皿目のパン。オーバル型に型取した全粒のミルクパン。

arcana_20160108_03魚料理
寒平目のポアレ パセリソース ゆり根 レモン ほうれん草 蕪のピューレと甲殻類のエッセンス

arcana_20160108_02肉料理
岩手県産いわい鶏の赤ワイン仕立て 香味野菜とマカロニグラタン

arcana_20160108_04
3皿目のパン。酸味のあるフランスパンを薄くスライスし、オーヴンで焼いたクリスピーな1枚。
全てのパンはパン屋さんで焼いて貰ったものを仕入れし、店内でリヒートしています。
3種類ともサイズは小さいものの、最終的にはお腹に溜まりました。

arcana_20160108_01デザート
センガセンガナ種の苺のクラフティ マスカルポーネとバニラのエスプーマ 野苺のソルベ

ほんのりお酒が香るしっとりしたババのような生地の上に、
マスカルポーネとバニラのエスプーマをのせ、最後にドライストロベリーをトッピングしています。
マスカルポーネのクリームは、カスタードクリームに近く、上品なシュークリームのようでした。

arcana tokyoの料理長、製菓長、マネージャー共に80年代生まれと若い方々が活躍しているお店です。
今後も期待したいと思います。

●店名:arcana tokyo アルカナ東京
●住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー KITTE 6階
●電話: 03-6833-4139
●営業時間:Lunch 11:00〜16:00(L.O 14:30)
     Cafe 13:30〜16:00(L.O 15:00)
Dinner《月〜土》18:00〜23:00(L.O 22:00)《日・祝》〜22:00(L.O 21:00)

湯河原 HERLEQUN BIS(エルル・カンビス)

2015.12.28 Mon  Eating place, フレンチ 湯河原

herlequinbis_20151226_14
湯河原の山奥にあるフレンチレストラン「HERLEQUN BIS(エルル・カンビス)」を訪問しました。
車でないと辿り着くのに困難な場所に位置し、こんなところにレストランがあるのだろうかと少々迷いました。
カーナビでは表示されません。地元の方でも知らない道のようです。
湯河原病院(旧 湯河原厚生年金病院)から更に5分程急勾配の坂道を上ると看板が現れます。

herlequinbis_20151226_13
お店の駐車場に車を停め、階段を下り、竹林に囲まれた一軒家がお店です。
隠れ家のような、和の雰囲気が漂う佇まいです。

herlequinbis_20151226_12暖簾を潜り中へ

herlequinbis_20151226_11
店内は漆喰の壁に立派な梁。アジアンテイストの調度品。フランスではなく、和、アジアの雰囲気です。
落ち着いた色調のテーブル席が36席。個室はありません。

herlequinbis_20151226_01窓からの景色

竹林側は大きなガラス窓が一面になっており、四季折々、風情溢れる見事な景色が広がります。
夏は涼しげに、秋は紅葉と共に。冬は爽やかで幻想的な風景に。

オーナーシェフは、伊東淳一さん。
フランス、ベルギー、イタリアなどのレストランで修行。
1997年7月、恵比寿に「エルルカン」を開店後、2006年3月、場所を湯河原へ移し「エルルカン ビス」を開店しました。

山の景色を望むレストランや海を一望できるレストランはありますが、
ここを訪れたとき、この竹林を一望できるレストランをオープンさせることを決めたそうです。
昼は木漏れ日、夜はライトアップして幻想的な景色になります。

オープン当初、こんな辺鄙な場所では直ぐに潰れてしまうだろうと言われていたそうですが、
来年で10年目を迎えます。

ランチは、3,500円と5,000円(税別・サービス料別途10%)です。
年末年始は、5,000円のコースのみ提供しています。

料理の特徴は、新鮮な旬の素材、湯河原の地の素材を日本の技法を活かした料理方法で行い、
最後にフランス料理の命といえるソースが加わります。
柚子や生姜といった和を感じる薬味を用いて味を引き締め、塩気は少な目です。
また、バターや乳製品も少なく、全体的にさっぱりした、軽い仕上がりです。
ポーションは多くもなく、少なくもなく、パンのお代わりを程々に気を付ければ丁度良い量だと思います。

herlequinbis_20151226_10
にんにくゴブレットとフロマージュ 自家製ピクルス(白ワインビネガー) チーズパイ

herlequinbis_20151226_08
フランスから輸入しているパン生地を店内で焼いて提供
オリーブオイルをつけて

強力ではなく、薄力に近い粉で、口当たりも軽く、柔らかいです。
個性がなく、料理を邪魔しない、ついつい食べ過ぎてしまう美味しいパンでした。

herlequinbis_20151226_09
帆立貝の燻製 ブロッコリー 根セロリのピューレ和え

herlequinbis_20151226_07
ブリの生姜マリネ 白菜のコリアンダー・白ワイン・蜂蜜のマリネ 林檎のソース

ここまでが冷製です。この後魚料理、肉料理と続きますが、火入れが必要な料理を終盤に持ってくる構成は、
上手く計算されているなと思いました。

herlequinbis_20151226_06
鰆の焼き蒸し 椎茸ソース

herlequinbis_20151226_05
短角牛と伊豆の猪のメンチカツ 生姜とマデラソース

herlequinbis_20151226_03
苺のパイ ジャージー牛乳バニラアイス添え

herlequinbis_20151226_02
ココナッツミルクプリン

食後に、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティー(レモングラス・カモミールのブレンド)。

食事を終え、シェフがテーブルまでお話ししに来て下さいました。対応が丁寧です。
都会では味わえないゆっくりした時間が流れ、肩肘張らず食事を楽しむことができました。

遠方から態々人がここを訪れる理由が分かりました。
また伺いたい、人にもちょっと自慢できる素敵なレストランでした。

ディナーは、5,500円、9,000円、12,000円です。
夜のライトアップもきっと素敵だと思います。

●店名:HERLEQUN BIS(エルルカン・ビス)
●電話:0465-62-3633
●住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上744-49
●営業時間:11:30~14:00(L.O) 18:00~20:30(L.O)
●定休日:水曜日
※予約は前日まで(木曜日の予約は火曜日まで)

恵比寿 Joel Robuchon(ガストロノミー ジョエル・ロブション)

2015.12.16 Wed  Eating place, フレンチ 恵比寿

robuchon_20141018_29
ジョエル・ロブション氏が監修するレストランの中で最高峰のブランド
ガストロノミー ジョエル・ロブション」でランチをしました。
ガストロノミー ジョエル・ロブションは、恵比寿ガーデンプレイスに聳え立つお城のレストランです。

1か月前に電話で予約。
電話がなかなか繋がりませんでしたが、繋がった電話の応対は大変丁寧でストレスがありませんでした。
電話予約時間は2か月前より可能で、予約受付時間は10:00~22:00までです。
(ネット予約も可)

1階がラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション
ガストロミージュエル・ロブションよりもややカジュアルな雰囲気です。
平日のランチは3,300円~。ディナーは5,500円~。

エレベーターで2階へ案内されます。
メインダイニングの手前には妖艶な赤の間、ルージュバーがあります。
食前のウェイティングバーとして。食後の余韻を楽しむバーとして利用できます。
こちらは喫煙も可能です。

robuchon_20141018_15
ロブションは、料理や飲物、設備が素晴らしいことは勿論なのですが、何よりサービスが素晴らしい。
メートル・ド・テル(Maître d’Hôtel)を務めるのは宮崎辰さん。
メートル・ド・テルはとは給仕長で、フレンチレストランにおける接客の統括役です。
宮崎さんが世界一の称号を勝ち得たのは2012年。
伝統あるサービスの世界コンクール「クープ・ジョルジュ・パティスト」で優勝しました。

この日もいらっしゃいましたが、料理をサーブする手つきも大変美しかったです。
あたたかい接客で、最高の料理をいただく時間を更に最高にしてくれます。

robuchon_20141018_28
ランチメニューは、6,200円~/8,200円/10,200円/12,600円。(サービス料別途12%)
(2015年10月よりランチは10,000円/18,000円へ改定)
10,200円と12,600円のコースをお願いしました。

robuchon_20141018_17アミューズ・ブーシュ
南瓜のムース パンプキンシードとそれから採ったオイル

robuchon_20141018_18アミューズ・ブーシュ
柿と洋梨のガスパチョ
チュイルのような薄焼きの生地の上にチーズをチョリソーで巻いたものとアーモンドが散らしてあります。

robuchon_20141018_19
最初に出てきたパンとオリーブオイル。噛むほどにしっかりと小麦の味を感じられるパンでした。

robuchon_20141018_20
こちらはパンのワゴン。
席に運ばれてきます。米粉パン、ブリオッシュ、いろいろなパンの中から好きなパンを選びます。
ロブションはパンの業態「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」(渋谷ヒカリエ)
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」(恵比寿、六本木ヒルズ、丸の内)もありますが、
こちらで提供しているパンは、それらの店舗で販売しているパンとは別物で、こちらでよりいただくことができません。

robuchon_20141018_24
ヨモギパンと栗のパン。
どれも美味しいパンでした。見た目も美しく、テンションが上がります。

robuchon_20141018_21前菜
雲丹と甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクレーム

robuchon_20141018_23前菜
天然秋サバ昆布塩で漬け
シャンパンヴィネガーでマリネ アンディーブのグレックとストラッチャテッラとのマリアージュ

robuchon_20141018_25スープ
栗かぼちゃを滑らかなヴルーテにし自家製ベーコンオイルをひとしずく

robuchon_20141018_27スープ
ズワイガニ フレッシュハーブにターメリック、ジンジャー、セロリの香るブイヨンを注いで

robuchon_20141018_26
こだわり卵 半熟に加熱し大山鶏エルロンをスパイシーに焼き上げ、モロッコ風長ナスのコンポートにのせて

robuchon_20141018_22
フォアグラ プランチャで焼き、パルメザンチーズのリゾットと共に(+1,500円)

robuchon_20141018_01
真鯛 葱のエチュベとシトロネルの香りのクレーム

robuchon_20141018_02
robuchon_20141018_03
ニュージーランド産オラーキングサーモン クリームチーズのソース
素揚げした芽キャベツとマリネした紫キャベツ

robuchon_20141018_06
robuchon_20141018_05
ハーブ豚 軽くスモークしてからゆっくりとグリエに
根セロリの岩塩包みロースト、フランス産栗、舞茸のフリットと共に

robuchon_20141018_04
特選和牛フィレ和牛ロース肉 グリエにし、旬の野菜と香り高い“ジュ”を添えて
西洋わさびをつけて

robuchon_20141018_08

robuchon_20141018_07
シャラン産鴨のロティ
加賀れんこんのファルシとトランペットのクーリ
ごぼうのキャラメリゼとセリをアクセントに

robuchon_20141018_09グラニテ
ライムのシャーベットとハーブリキュールのゼリー オレンジ

robuchon_20141018_11
ル・カフェ マスカルポーネのエマルジョン フィグのコンフィとグラスショコラ添え

robuchon_20141018_010
チョコレートケーキ マスカルポーネチーズムース

robuchon_20141018_12フレッシュハーブティ(+1,000円)
目の前で好きなハーブを調合してくれます。ユーカリなどを入れていただきました。

robuchon_20141018_13
robuchon_20141018_14ピスタチオクリーム

robuchon_20141018_16メルシィキャンディ

お土産にパンをいただきました。(女性のみ)
ロブションで過ごした素敵な時間の余韻を帰宅後も楽しみました。

●店名:Joel Robuchon(ガストロノミー ジョエル・ロブション)
●電話:03-5424-1347
●住所:東京都目黒区三田1-13-1 恵比寿ガーデンプレイス
●営業時間:平日 11:30~14:00(L.O.) 18:00~21:30(L.O.)
土日祝  12:00~14:00(L.O.) 18:00~21:30(L.O.)
●定休日:メンテナンス日のみ

初台 Restaurant Anis (レストラン アニス)

2015.11.22 Sun  Eating place, フレンチ 初台

京王新線初台駅南口から商店街を徒歩5分。フレンチレストランAnis(アニス)を訪問しました。
アニスは、フレンチをベースとした本格的な味をカジュアルなスタイルで楽しめるレストランです。
シェフは、清水将さん。フランスの三ツ星レストラン「マルクヴェラ」「アルページュ」などで7年間修業。
2009年に帰国し「ラール・エ・ラ・マニエール」の初代エグゼクティブシェフを務め、
2013年8月6日にアニスをオープンしました。

オープンキッチンでカウンター席とテーブル席。外にはテラス席もあります。
伺った日のテラス席はペット連れのお客さんが利用されていました。

ランチはコースのみで1,500円と3,800円。
ワインの種類が豊富で、ソムリエが提案する料理に合わせたワインコース3,000円/3種類もオススメ。
本日は3,800円のコースとワインコース3,000円をお願いしました。
ディナーはアラカルトから選ぶスタイルです。

anis_20141206_16
先ずはパンが出てきました。
パンに添えられているのは、バターではなくフロマージュ・ブラン。
酸味がヨーグルトより優しく、脂肪分がチーズやサワークリームより低いので、とてもさっぱりしてパンによく合います。

anis_20141206_12
ピスタチオと黒胡椒のパン。黒胡椒が効いて、癖になりそうな美味しいパンでした。

anis_20141206_13前菜1
芝エビとホウズキのタルト。
フィンガーフードのサイズ。手でそのまま摘まんでいただきました。

anis_20141206_14
1皿目に合わせたワイン(白) 2012 François Carillon Bourgogne Chardonnay

anis_20141206_15前菜2
えび芋のスープ

anis_20141206_11
野菜料理に合わせたワイン(白) Pierre Jean Villa Primavera 2011

anis_20141206_10前菜3
アオリイカのソテー、プンタレッラ(チコリー)、ユリ根、パルメザンチップス

anis_20141206_09本日の魚料理
サバフグのフリット、ゴルゴンゾーラ、からすだいこん、舞茸
「からすだいこん」は辛味大根の一種。生で食べると辛味は強いですが、加熱することで甘みが増します。

anis_20141206_08
お肉料理に合わせたワイン(赤) Syrah,“Franc de Pied Andre Perret 2011

anis_20141206_07本日の肉料理
大山鶏一羽のヒノキ包み焼き
柔らかく滑らかでふっくらした食感。付け合せのグリル野菜も色とりどりに楽しませてくれます。

anis_20141206_05
店内に掛けてあったボードに「鴨」の文字を見つけて、私は鶏から鴨へ変更して貰いました。(追加1,000円)
肉肉しくしっかりとした味があります。

アニスで食べるべき料理は「肉料理」だと思います。火入具合が見事に素晴らしい。
不定期で肉イベント「Meating」も開催しています。

anis_20141206_01
オープンキッチンでは、スコットランドから届いたジビエ(山うずら、山鳩など)を仕込みしていました。
毛をむしり、バーナーで毛を処理し、肉を解体していきます。美しい手捌きで目が釘付けになりました。

anis_20141206_04
デザートの前にハーブメインのサラダボールが出てきます。
サラダはコースの始めの方で出てきますが、お肉料理の後とは斬新でした。
取り分けたサラダには、スプレー式のドレッシングをお好みで。

anis_20141206_03
ハーブと共に、エディブルフラワー(食用花)がたっぷり。華やかです。

anis_20141206_02デザート
林檎(紅玉)、フロランタン、パン・デピスのグラス

食後の飲み物は、エスプレッソ、コーヒー、紅茶、ハーブティから選びます。
ハーブティをいただいてランチ終了。肩肘を張らないカジュアルフレンチでした。

●店名:Restaurant Anis(レストランアニス)
●電話:03-6276-0026
●住所:東京都渋谷区初台1-9-7 1F
●営業時間:Lunch 11:30-14:30 Dinner 18:00~23:30
●定休日:月曜・第2日曜

弥生台 restaurant pétale de Sakura(レストラン ペタル ドゥ サクラ)

2015.10.06 Tue  Eating place, フレンチ 弥生台

sakura_20150906_19
相鉄線・弥生台駅より徒歩1分にある
フレンチレストラン「pétale de Sakura(ペタル ドゥ サクラ)」を訪問しました。

フレンチレストラン「pétale de Sakura(ペタル ドゥ サクラ)」は、2014年12月2日、
相鉄ホールディングスが、相鉄沿線の魅力を高めるためにスタートした「相鉄沿線名店プロジェクト」で、
沿線への誘致第1号店としてオープンしました。

ウェブサイトでは徒歩1分と記されていますが、南口を出て直ぐの一軒家がレストラン。
改札は出ますが駅中の位置づけとなります。

sakura_20150906_21
オーナシェフは、ミクニヨコハマで支配人兼料理長を4年間務められた難波秀行さん。
難波さんは、ミクニヨコハマの頃から生産者のもとへ出向き、
自らハーブや野菜を収穫し、生産者とのコミュニケーションを大切にしてきました。
農園で食材に触れ、そこからインスピレーションを得て調理する。
ここ弥生台のある相鉄線沿線には、生産者である農家さんが大勢いらっしゃるので、
そんな理想的なスタイルが叶えられる場所です、と難波さん。

sakura_20150906_20
店名の「pétale de Sakura」は、フランス語で「ひとひらの桜の花びら」という意味。
難波さんのご実家は、岡山県津山市で「喫茶サクラ」という喫茶店をお祖父さまの代から68年間営んでいました。
「喫茶サクラ」は、残念がら今は閉店していますが、
ここは「喫茶サクラ」の支店=桜のひとひらという意味を込めたそうです。

sakura_20150906_01通路のカウンターには摘んできたばかりのハーブやお花が並んでいます。

sakura_20150906_03壁に飾られたカップは、喫茶サクラで使用していたもの。

sakura_20150906_02
「pétale de Sakura」は26席。
難波さんが目の届く範囲の広さにこだわり、オープンキッチンからはお客さんの様子が見えるようになっています。
光をたくさん取り込む大きな窓は、座ったときに駅のホームが見えないよう高さが工夫されています。
設計は、前田篤伸建築都市設計事務所

sakura_20150906_04窓の外には、駅が見えます。駅から直ぐの立地。

ランチ・ディナー共にコースのみで、1,800円(平日限定)、3,400円、4,800円、5,800円。
ディナーは、4,800円~、シェフのおまかせコース10,000円。

平日限定ランチ:スープ/メイン/プチデザート 1,800円 ※数量限定
メニューA:前菜/魚料理又は肉料理/デザート 3,400円 スープ付 4,000円
メニューB:前菜/魚料理/肉料理/デザート 4,800円 スープ付 5,200円
プレミアムランチコース:アミューズ/前菜/スープ/魚料理又は肉料理/アヴァンデセール/デザート 5,800円
(魚料理と肉料理を楽しめるコース 7,800円)

メニューAのスープ付で、メインは魚にしました。

sakura_20150906_18シャンパンとノンアルコールカクテル(アセロラソーダ)

sakura_20150906_14
パンは、近隣のパン屋さんから仕入し、店内で焼いてから提供されます。

sakura_20150906_17
2つ目のパン。
次はどんなパンがくるのだろうと期待し、つい欲張って食べ過ぎてしまいます。
先は長いので、美味しくコースを楽しめるよう注意。

sakura_20150906_15前菜
鮮魚のパイ仕立てに泉区和泉町・横山さんのナスで作ったキャビアドオーベルジーヌとピーマンを合わせて
一皿目からとっても華やか。
お皿には異なるソースが添えられており、少しずつ変化する味を楽しみます。
野菜だけでなく、ハーブやお花を使用しているのも特徴。全て食べられます。

sakura_20150906_11魚料理
横浜中央卸売市場から届く鮮魚を 近隣農家さんのエゴマで作った自家製エゴマ味噌のソースで
こちらのソースに使われている味噌は、横浜産。
食材はもちろんのこと、醤油、胡麻油、塩麹などの調味料もすべて横浜産。
かわいらしい白のお花はニラの花です。

本日のスープは、ピーナツかぼちゃのポタージュ。

sakura_20150906_12
こちらがピーナツかぼちゃ。
水分は多く、繊維質が少なくねっとりとした果肉で、ポタージュにすると滑らかに仕上がります。

sakura_20150906_13
さらっとしています。
お料理には、バターや生クリームなどはあまり使用せず、胃が重くならないようにしています。
スープに添えてあるのは茹でピーナッツ。ピーナツかぼちゃと、ピーナッツ(笑)これ美味しかった。

sakura_20150906_10
お口直しにと、ミクニヨコハマ時代から評判だった「ハマッ子プリン」はサービスでいただきました。
プリンに使用している卵と牛乳は横浜産。鮮やかな黄色は黄身の色。
濃厚ではなく、さっぱりフレッシュなプリンです。

sakura_20150906_09
メニューAのデザートはブルーベリー&アサイーのムースケーキですが、
プレミアムランチコースの「カメハメハ」という名のデザートが気になり、
難波さんのご厚意で、変更してくださいました。

夏季限定デザート“カメハメハ”
マウイゴールドパイン / ハワイコナ / マカダミアナッツ / オヒアレフアハニーを使用

sakura_20150906_08
こちらがコースAのデザート。
泉区和泉町・荒木さんのブルーベリー&アサイーのムースケーキとソルベ ココナッツの香りを添えて

sakura_20150906_07
真ふかんから撮影。しっかりとした大きな粒のブルーベリーだからこそ映える一皿。

デザートと一緒に、コーヒー、紅茶、ハーブティーから選びます。

sakura_20150906_05
シュガーポット、ティーカップ、グラス。こちらも「喫茶サクラ」で使用していたもの。
どこか温かみを感じさせてくれます。

店を後にするとき、入口に飾ってあった難波さんの恩師であるPatrick Jeffroy氏(パトリック・ジェフロワ)の
本とサインが目に留まりました。
restaurant pétale de Sakuraのロゴは、Restaurant Patrick Jeffroyと同じロゴを使用しています。
Patrick Jeffroy氏のスペシャリテはオマール海老です。

ミクニヨコハマの頃から人気だったオマール海老は、pétale de Sakuraでも引き続き提供していますが、
そのベストシーズンは?と伺ったところ、「初夏」とのこと。
是非、旬のオマール海老がいただける季節に、また訪問させていただきたいと思います。
ご馳走様でした。

店名:restaurant pétale de Sakura(レストラン ペタル ドゥ サクラ)
住所:横浜市泉区弥生台5-2
電話:045-443-5876
営業時間:Lunch11:30~15:00(L.O14:00) Dinner17:30~22:00(L.O21:00)
定休日:月曜日(要確認)
提携駐車場:● 三井リパーク 横浜弥生台駅前 ● アットパーク弥生台駅前
※ランチ ¥3,400・ディナー ¥4,800以上のメニューご注文で駐車券サービス

白金高輪 コート・ドール

2015.03.01 Sun  Eating place, フレンチ 白金高輪

cote dor_20150228_01三田にあるコートドールで御食事しました。創業は1986年、老舗のフレンチレストランです。
場所は、白金高輪駅から麻布十番方面へ歩き、首都高が上を走る手前の道を川沿いに曲がります。
再び麻布十番方面へ歩き、昭和の高級マンション三田ハウス内1階にあります。駅からは徒歩5分程度です。
415号線を1本入っただけですが、とても静かで都内に居ることを忘れてしまうような静けさでした。

cote dor_20150228_13マンションの1階にフレンチレストランとは、少々分かり辛い場所にありますが、
住民になったような妄想を勝手にして、よい気分で御食事できました。

cote dor_20150228_02お店の窓から見えるランドスケープは、日本庭園を思わせるつくりで、路面店ではつくれない静けさ。

cote dor_20150228_0334席、落ち着きのある店内。客層は年齢が高めで、品よい落ち着いた雰囲気でした。
※カメラ撮影はOKですが、シャッター音、フラッシュはNGです。

メニューは、コースがランチ5,000円、ディナー15,000円。
共にアラカルトでの提供もあります。
ワイン、ビール、ガス入りのお水、何れも800円と良心的な価格でした。

本日はランチコース5,000円にしました。メイン料理は、魚か肉、何れかの選択になります。

cote dor_20150228_12アミューズ
削ったグリエールチーズを生クリームと白ワインで伸ばし、バゲットの上に載せ、
桜エビをトッピングし、焼いたもの。手でつまんでいただきました。香ばしくて美味しかった。

cote dor_20150228_11豚足とキノコの包み焼き
2皿目からガツンときましたので、この時点で既に満足感がありました。

cote dor_20150228_10外はパートフィロで包まれており、クリスピー感があります。中は、食感残る豚足とキノコ。
餃子のような美味しさ。
下に盛り付けられている葉野菜は、ほんのりと酸味が効いて、お肉の旨味とのバランスがよかった。

cote dor_20150228_08恵比寿のジョアンで毎日焼いて貰っているというバゲット。白い部分は柔らかく、お食事に合う味だった。
毎日ギャルソンが恵比寿まで取りにいくそうです。パンにはバターをつけて。

cote dor_20150228_09メイン料理のお肉かお魚かの選択は、ギャルソンのプレゼンテーションに惹かれて、お肉を選択しました。
今日は、岩手県の亜麻豚のロースト、魚料理はスズキでした。

亜麻豚の名前の由来は、
必須脂肪酸オメガ3が豊富に含まれる亜麻(エゴマ)と海藻を配合した飼料を食べていることから。
放牧に近い状態でストレスなく過ごし、豊かな自然環境でたくましく育ちますから、
脂肪が良質で、肉質しっかりと歯応えがあり、噛みしめるごとに、甘味、旨味が口の中に広がります。

cote dor_20150228_07なかなかのボリューム。驚くのはその肉の味。ピースによって風味が違うのです。
背中とモモの部位。それぞれを一皿で楽しめるようになっています。

ソースは、切干大根をフォンドボーで炊き、シェリー酒で酸味を効かせています。
お肉だけで味わう、其々の部位を楽しむ。そこにソースを添えて味わう。
酸味、甘味、塩味、旨味、バラエティーに富んだ味わいで、楽しかった。

こういうお料理は家ではできない、プロの味です。外食の醍醐味です。
斉須シェフは、味を表現するときに、先ず酸味から出るようにしているそうです。
それは、酸味から入らないと味が伝わらないため。(例えば強い塩気が先にくると、味が留まってしまう)
なるほど。

cote dor_20150228_06口直しのシャーベットは、静岡県の自生のキュウイフルーツ。
みかん畑の下に、2センチぐらいの小さなキュウイフルーツが生えているとか。
酸っぱい想像をしていたが甘い。ゴールデンキュウイフルーツの様なパッションフルーツに近い甘味。

cote dor_20150228_05デザートは、ココナッツのブランマンジェ。
杏仁豆腐に似ているが、後味は微かなココナッツの風味が残る。シェリー酒が入っている。
2皿目の豚足とキノコの包み焼きといい、中華を思わせるようなさっぱりとしたデザートだった。

それにしても、気持ちのよいぐらい清い、色気のない一皿がなんとも斬新に感じた。
真っ白なボウル皿に、白いブランマンジェ。

このときのスプーンのセッティングがなぜか斜めになっていることが気になりギャルソンに尋ねると、
その方が食べ易いかなと思い、斜めにしたとのこと。確かにそうだった。
細やかな気遣いをされていることに気が付き、ハッとさせられた。
数人いらしたギャルソンは、みなさん安定感があり、すばらしく心地の良いサービスをして下さったことも
料理と共にコートドールの印象に残った。

cote dor_20150228_04食後の飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティから選びます。
ハーブティーはオレンジペコでした。
飲み物と一緒にいただいた小さなお菓子は、出来立ての生チョコ、コーヒーマカロン、フィナンシェ。
食べた感想を好みの順番で並べました。

コートドールのお料理は、バター、ソースがコテコテのフレンチではなく、
日本人に合う、さっぱりとしたフランス料理でした。
素材を活かした優しい味わいで、流行りの影響もなく、落ち着いた安定感が和みました。
ランチ5,000円は大変リーズナブルだと思います。よいお店でした。

斉須シェフの著書に、「十皿の料理」、「調理場という戦場」などがあります。
写真と本でより拝見したことはありませんが、仕事場である調理場の清潔感は天下一品であることが有名な話で、
やはり一流の仕事人は、道具を大切に扱い、綺麗にきちんと整えていらっしゃる。大変勉強になります。

●店名:コート・ドール
●住所:東京都港区三田5-2-18 三田ハウス 1F
●電話:03-3455-5145
●営業時間:ランチ12:00~13:00(L.O) ディナー18:00~20:30(L.O)
●定休日:月曜・第2火曜・夏期休暇(8月中旬頃)、年末年始

1 2 3