金剛 ガレリア

2016.05.21 Sat  Eating place, ピッツァ 金剛

gareria_20150504_01
大阪府・富田林市にある最強の石窯ナポリピッツァのお店、「ガレリア」を訪問しました。
なぜ最強かと言うと、店主のこだわりが凄い。
期待以上、今まで食べてきたピッツァ店とは比較にならない、独特の食感を味わいました。

人気店かつ閉店時間前でもピザ生地が無くなり次第終了する為予め予約。
予約は、夜17時半のみ可能です。

南海高野線金剛駅からバスか車でエコール・ロゼイオン金剛店を目指します。
店舗はエコール・ロゼの裏にあり駐車場が無いため、ロゼの駐車場に停めました。

17時半に予約していたものの、予約した人たちで行列が出来ています。
レストランには珍しく先払い制なので、入店後レジで注文するのに30分待ちました。

注文方法が複雑で悩みました。初回訪問でしたので、ピザ+500円のセットを選択。
セットはピザの値段+500円で、前菜・デザート・ドリンクが付きます。
前菜は数種類の中から選べます。

選んだピッツァは、

マルゲリータ 1,400円(水牛モッツァレラ 300円)
生ハムとルッコラ 1,600円
マリナーラ 1,000円
プロボラアフミカータと自家製スモークハム 1,700円

店長のオススメがメニュー表に★で記されていたので、そちらを参考に選びました。

マルゲリータ★★★
生ハムとルッコラ★★★
クアトロフォルマッジ★★
プロボラアフミカータと自家製ベーコン★
マリナーラ★

レジで注文している間、物凄い熱気がきます。
レジの直ぐ裏に石釜があるようです。店長が一人で焼いています。
そして、この熱気を利用して、店内でルッコラやバジルを育てています。

gareria_20150504_02
選べる前菜その1

gareria_20150504_04
選べる前菜その2

gareria_20150504_05
選べる前菜その3

gareria_20150504_03
選べる前菜その4

いい頃合いにお待ちかねのピッツァがきました。

gareria_20150504_06
マルゲリータ
+300円で水牛のモッツァレラに変更してもらいました。
チーズは、イタリアのカンパニア州カゼルタにある
CASEIFICIO PONTICORVO S.r.l.(カセイフィーチョ ポンティコルボ社)」のチーズを使用。
※カゼルタは、ナポリから北に30Km程離れたトレブラーニ山の麓に位置する町で、モッツァレラ発祥の地です

gareria_20150504_07
こちらがピザ生地の断面。もっちもちで、若干透き通っているようにも見えます。
小麦とは思えない食感で、葛粉が入っているような弾力。
抜群の焼き加減と、絶妙の焦げ具合で香ばしさがあります。
小麦は、幻の「はるゆたか」を使用。

生地にしたときのもちもち感は、麦に含まれるたんぱく質に水を加えてこねるとできる
グルテンが素になっているのですが、「はるゆたか」は国産品種の中でも高たんぱくの強力系品種。
「はるゆたか」が生み出すもっちり感は他の品種と異なり、香りが立って、香ばしさの中に甘味もあります。
ただし、雨に弱く収穫量が低いことで作られなくなり「幻の小麦」と言われています。

日本国内で消費される小麦の大半は海外からの輸入品で、国産小麦はわずか12%程度。
その12%の内、65%が北海道産で、「はるゆたか」の生産量はわずか1%未満。
かなり希少価値が高い品種なのです。

gareria_20150504_08
マリナーラ
トマト、オレガノ、ガーリックのシンプルなピッツァ。

gareria_20150504_10
生ハムとルッコラ
店内で栽培されたルッコラと、パルマ産のプロシュート。

gareria_20150504_09
プロボラアフミカータと自家製ベーコン
プロボラアフミカータ(スモークをかけたモッツァレラチーズ)と自家製のベーコンをのせたピッツァ。

gareria_20150504_12
食後のデザート

ピッツァのサイズは小さ目でしたので、腹八分目でしたが、美味しさに満足しました。
小麦を食べた後に来る胃のずっしり感なく、よい具合に食事を終えました。
独特な食感のピザ生地とこだわりのチーズが美味しいので、何を選択しても間違いないですが、
ガレリアへ来たら、先ずは「水牛のモッツァレラ」がオススメ。

●店舗名:ガレリア
●住所:大阪府富田林市向陽台2-2-7
●電話:0721-28-3828
●定休日:火曜日
●営業時間:11:00-L.O 14:00 17:30-L.O 19:30
※昼夜共に、発酵させた生地が無くなり次第終了。
※生地が無くなる目安として昼は13時、夜は19時までの到着をお勧めします。
※夜17:30からの予約のみ可