佐賀県神埼市 BAKERY treffen(ベーカリー トレファン)

2018.09.29 Sat  Eating place, パン 神埼

2018年6月8日 - 1 / 4
佐賀出張の際に差し入れで頂いたのがきっかけで、ファンになったパン屋さん「ベーカリートレファン」。朝7時から、惣菜パンを中心に30〜40種類並びます。通勤前の利用も多く、お昼頃には無くなることもあるので、早目の時間帯がオススメ。お店は、34号線沿から一本路地に入った住宅街にあります。(神埼市役所前の交差点付近に出てくる「くらとみ眼科」の看板が曲がる目印)創業は2017年4月。当初はご夫婦2人で始められたそうですが、現在では数人の従業員が働いています。

2018年6月8日 - 2 / 4
屋号のTreffen(トレファン)とは、ドイツ語で「出会う」という意味。店主は、国家資格である1級パン製造技能士で、全国のパン屋さんに技術指導していた経験をお持ちです。生地は、佐賀県産の米粉で作った天然酵母「ルヴァン種」を独自製法で長時間熟成させ、乳酸菌や酵母の働きによって柔らかさを持続させています。

2018年6月8日 - 4 / 4三匹の子ぶたパン180円 (イチゴジャム、チョコ、カスタード)

トレファンの一押しは「みつせ鶏のチキンカレーパン180円」これは売っていたら是非試していただきたい。揚げたてが出てきたときは尚よしです。一晩寝かせた自家製ルーを生地で包み、さらに一晩寝かせてから揚げています。それと、「湯種の白パン」。こちらは生地がとってもしっとりしており、素朴でもちもちして飽きのこないパンです。差し入れでいただいたときに、この白いパンが気に入って足を運ぶようになったのですが、4度訪問して一度もお目に掛かっていません。この記事が店主の目に触れるこがありましたら、是非とも「湯種の白パン」を店頭に並べていただきたいです。よろしくお願いします。

2018年6月8日 - 3 / 4

■店名:BAKERY treffen(ベーカリートレファン)
■住所:佐賀県神埼市神埼町田道ヶ里2440-2
■電話:0952-65-4087
■営業時間:7:00-17:00 ※商品がなくなり次第終了
■定休日:月曜
■Facebook https://www.facebook.com/Bakery-treffen-207473733062351/

江古田 パーラー江古田

2018.09.26 Wed  Eating place, パン 江古田

パーラー江古田_20180923 - 4 / 10
パーラー江古田。パンマニアなら誰もが知っているであろう有名店にやっと訪問できました。池袋から秩父方面へ走る西武池袋線の江古田駅から徒歩5分程の住宅街にある一軒家のお店です。江古田駅、今回初めて降り立ちました。少々不便な場所にあっても、良いお店には、距離など関係なく人が集まるものです。創業は2006年。パンで有名なお店ですが、バー、カフェ、ベーカリーというだけあって、カフェメニューやワインの品揃えも豊富。朝からワイン片手にパンとチーズを楽しんでいる方もいらっしゃいました。メニューは一日通して変わりません。一人で行っても気軽に過ごせる雰囲気なので、近くにあったら間違いなく通ってしまうお店です。パンは勿論のこと、こういう雰囲気も又人気の理由だと思います。

パーラー江古田_20180923 - 2 / 10
暖簾をくぐり中へ入ると、ショーケースにパンがずらりと並んでいます。今日はイートインで朝食をしに来たのですが、持ち帰りで来られる方もひっきりなし。キャッシャーの横に「パン定期便」というのが貼ってあり、定期便サービスも行っているようです。「毎週土曜日はパンの日」とか、そんな暮らし、いいなと思いました。

パーラー江古田_20180923 - 1 / 10
8時半開店で、8時半過ぎに到着すると、既に満席でした。店内はカウンター5席、2人掛けのテーブル席が3卓、奥にスタンディング席があります。待っている間に、手書きのメニュー表(写真なし)を見ながら想像を膨らませ、事前にオーダーを済ませます。待つこと45分。2人掛けのテーブル席へ。こちらで朝食をとる場合は、8時半前に到着するか、10時過ぎがオススメ。朝の時間帯は2回転した後一度落ち着いて、その後、11時を過ぎたころからランチタイムの流れに突入します。

悩んだ末、スペシャルパンセット1,190円とフレッシュトマトとペコリーノチーズのサンドイッチ1,080円、追加で自家製豚肉のリエット980円を注文しました。

パーラー江古田_20180923 - 5 / 10
スペシャルパンセット 1,190円(ドリンク付)
パンの盛り合わせ、サラダ、いぶりがっこ、キノコのオムレツ、カルピスバター、オリーブオイル。細い棒状のグリッシーニはかなりかたいです。この日はイチジク、カシューナッツ、レーズンパンなどハード系のパン中心。終いに顎が疲れてきます。ハード系が好きな人にはたまらないかたさです。キノコのオムレツは、ほのかにローズマリーの香りがしました。このオムレツ今度家で真似しよう。二人でシェアするのにちょうどよい量です。一人でこの量は少し多いかな。でもご安心を。食べきれなかった分は持ち帰りできます。

パーラー江古田_20180923 - 7 / 10
フレッシュトマトとペコリーノチーズのサンドイッチ 1,080円(ドリンク付き)
イートインメニューのサンドイッチはパンの種類を選べます。どれがよいのか分からなかったので、店員さんに相談し、具が比較的やわらかいので形状はかたいもので、最もシンプルな食べ易いパン「リュスティック」にしました。酸味もなく、ご飯のような食べやすいパンです。軽く焼いてから提供してくれます。

パーラー江古田_20180923 - 9 / 10
自家製豚肉のリエット 980円
隣のテーブルで食べていたのが美味しそうだったので、追加で注文しました。リエットはパテのような肉料理を想像していましたが、これはサルシッチャ(腸詰め)ではなかろうか。それで、リエットの語源を調べたらフランス語のつなぐという意味、リエ(lier)からきており、さらに深く掘り下げていくと「豚肉の塊」という意味を持つということ。豚肉の数か所の部位の大あら挽き肉を使っているのでブリブリしてとってもジューシー。

パーラー江古田_20180923 - 8 / 10
セットドリンクは、カプチーノにしました。単品では470円です。お料理と一緒に提供されるので、せっかくの泡が台無しに、頂く頃には冷めてしまいました。次はドリンクは食後にお願いしよう。

パーラー江古田_20180923 - 10 / 10
パンを購入してお店を後にしました。念願のパーラー江古田に来られて大満足。よいお店でした。

■店名:パーラー江古田
■住所:東京都練馬区栄町41-7
■電話:03-6324-7127
■営業時間:8:30〜18:00
■定休日:火曜日

福岡うきは市 ぱんもっか・reed・浮羽稲荷神社

2018.09.08 Sat  Eating place, パン うきは

うきは_20180609 - 3 / 11
うきは市で過ごした思い出を次の旅の参考に残しおきます。

ぱんもっかは、朝からたくさんの人が訪れる人気のパン屋さん。ハード系のパンとクリームパンやチョココロネ、トトロのパンなど。

ぱんもっか
福岡県うきは市吉井町1127‐5

うきは_20180609 - 2 / 11
うきは_20180609 - 1 / 11
購入したパンは、お店の裏にあるテラス席でいただくことができます。私たちは痩せたいと言って、夢中でダイエットについて語るのに、それと同じぐらい美味しいものを探索することにも熱心。

うきは_20180609 - 5 / 11
うきは_20180609 - 4 / 11
水がとても綺麗で、小さな魚が泳いでいました。

うきは_20180609 - 6 / 11
築50年のビルを改装してつくられた、暮らしにまつわる2つのお店。うつわ、生活道具、本、地元のお土産など。

reed
福岡県うきは市吉井町1137-2F
http://reed-life.com/

MINOU BOOKS&CAFE
福岡県うきは市吉井町1137-1F
http://minoubooksandcafe.com/

reedで教えていただいた手仕事・古道具・喫茶室「蒼」へは今回訪問できませんでしたが、行ってみたい場所。


うきは市吉井町992-5

うきは_20180609 - 11 / 11
連なる鳥居と絶景が見事な浮羽稲荷神社。インスタ映えとはこういう景色のことを言うのでしょう。アカウント持っていないのですが・・・。

浮羽稲荷神社
うきは市浮羽町流川1513-9

うきは_20180609 - 8 / 11
うきは_20180609 - 10 / 11
うきは_20180609 - 9 / 11
頑張って登ればこの絶景が見られます。とっても気持ちよかったです。少しはカロリーも消費しましたね♡

九段下 ベーカリーカフェ FACTORY(ファクトリー)でウィークエンドブランチ

2018.04.09 Mon  Eating place, パン 市ヶ谷

Factory_20180407 - 2 / 11
週末の朝、少し早起きして都内に出ると、平日とは違うゆっくりとした時間が流れています。土曜日の朝、九段下にあるベーカリーカフェFACTORYでウィークエンドブランチをしました。場所は九段下と市ヶ谷駅の中間辺りにあり、九段下からだと徒歩で10分程。武道館、インド大使館を越え、靖国神社の前を直進するとお店が見えてきます。ご飯をいただく前のエクササイズにちょうどよい距離です。平日は朝8時から営業していますが、土曜日の営業は9時からで、10時から15時迄ブランチメニューを提供しています。

Factory_20180407 - 4 / 11
FACTORYは麹町にある「麹町カフェ」で提供するパンのパン工場としてスタートし、現在でも焼きたてのパンを麹町カフェへ届けています。パンは国産小麦と季節の果物やレーズンからおこした天然酵母を使用。また、FACTORYの直ぐ側には、人気店であるChili Parlor 9があります。こちらも母体は同じで、麹町カフェからスタートしたepietriz(エピエリ)は現在6つのお店を運営しています。

Factory_20180407 - 3 / 11
9時45分に到着すると、ウェイティングが4組あり、20分程待った後、ようやく中へ。コンクリート打ちっぱなしの壁に、古い木材とアイアンでつくられたテーブル。BGMは全米ヒットチャートでおしゃれな雰囲気です。少し残念に思ったのは、店内の音の抜けがどうも悪いようで、どうしても音がこもってしまい、ついつい会話の声が大きくなってしまう点。耳が遠い人だと困ってしまうんじゃないかなと。こういうのは難しいのですが、BGMを小さくする、或いは雰囲気を壊さない程度にBGMをゆる目の音楽に変えるなどの策が考えられます。

Factory_20180407 - 5 / 11
ブランチのメニュー表。選択肢はクロックムッシュ、ピッツァ、キッシュの3つから。何れもパンが付き1,250円。ドリンクは別となります。

Factory_20180407 - 7 / 11
ドリンクはオーガニックザクロソーダ 550円にしました。

Factory_20180407 - 6 / 11
お食事を待っている間、先にパンが運ばれてきました。プチパンとレーズンの入ったノアレザンにハーブ入りのバターをお好みで。先ずはそのままいただきましたが、このバターをつけると更に美味しくなります。パンはよい意味で個性が無く、主張がなく、そのままでも美味しいし、おかずともよく合います。ご飯のようなパンです。そして、これはネット情報なので定かではありませんが、パンは食べ放題らしい。お皿が空いても、パンのお代わりはおすすめされませんでしたので、勇気を持って店員さんに聞いてみた方がよいでしょう。お代わりできることを知りませんでしたので、私はよく味わっていただきました。また、パンは店内で焼きあがったパンをカットして提供していますので、都度種類が変わります。ちなみに、隣のテーブルで提供されていたパンは、バゲットとベーグルでした。

Factory_20180407 - 9 / 11
クロックマダムプレート クロックムッシュ目玉焼きのせ 1,250円

クロックマダム(クロックムッシュとも言う)は、パンにハムとチーズ(グリュイエールチーズやエメンタールチーズなど)をはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼き、ベシャメルソースやモルネーソースを塗ったリッチなトースト。塩気が強くガツンとくる味付けでした。

Factory_20180407 - 8 / 11
かぼちゃとほうれん草、きのこ、ドライトマトのキッシュ&本日のスープ 1,250円

キッシュはとにかくビッグサイズで、スバーロのカットピッツァを思い出しました。この大きさ、卵何個分だろうか。間違いなくこれはハイカロリーでファットな食事であることは間違いないのですが、そうは言っても結局いつも完食してしまう訳です。キッシュは思いの外軽く、クリーミーなアパレイユで生地も軽い食感。パンチのきいたクロックムッシュと異なり、こちらはあっさりとしたお味。この大きさでもクドくなく、胃にもたれること無く。

10時前後の時間帯では店内に入る行列ができていたものの、11時過ぎには客入りが緩やかに。お昼近くなると、また混み合うでしょうから、土曜日にブランチするなら11時前後がベストかなと思いました。お土産に、事前情報で調べていたすぐに売り切れるらしいプレーンベーグル220円とキャロットケーキ350円を買って帰りました。

Factory_20180407 - 11 / 11
こちらがキャロットケーキ。キッシュ同様ビッグサイズ。かなりずっしりしています。甘みは控えめ。トッピングはアーモンドやドライフルーツがふんだんに使われており、これ1個で十分お食事の代わりになりました。プレーンベーグルは翌朝トースターで温め、発酵バターとはちみつを付けていただきました。1日経ってもカチコチにはなっておらず、適度な噛みごたえとモチモチ感。断面はキメが細かく人気商品であること、納得です。FACTORYのベーグル、ファンになりました。今回イートインではブランチメニューから選びましたが冷蔵ケースあったベーグルサンドがとっても美味しそうでした。

■店名:FACTORY
■住所:東京都千代田区九段南 3-7-10 アーバンキューブ九段南1F
■電話:03-5212-8375
■営業時間:月〜金8:00〜22:00 土9:00〜18:00
■定休日:日曜
■HP:https://www.factory-kudan.com/

元町中華街 ecomo Bakery YOKOHAMA MOTOMACHI (エコモベーカリー)

2016.01.24 Sun  Eating place, パン 元町中華街

ecomobakery _20160117_01
昨年7月、横浜元町プラザ2階にオープンしたecomo Bakeryを訪問しました。
こちらは辻堂のオーガニック複合施設ecomo内にあるecomo Bakeryの2号店です。

店内では、パンや焼き菓子と一緒に、
コールドプレスジュースやハンドドリップで淹れたコーヒーなどのドリンクをいただくことができます。
9時~11時までモーニングサービスがやっているとのことで日曜日の10時頃伺いました。

ecomobakery _20160117_04
惣菜パンや焼き菓子が窓際にずらりと並んでいます。
10時の時点では未だ全ての商品が揃っておらず、焼き上がりが順次並んでいきます。

ecomobakery _20160117_02
こちらがモーニングのサービスセット。
コーヒー500円を注文すると、カットされた4種類のパンと茹で卵がつきます。
※提供されるパンの種類は都度異なります。

本日は、ハード系が2種、食パン、ブルーベリーマフィンでした。
この食パン、砂糖は入っていないのですが、甘みがあり、ミルクパンのようでした。
粉はきたほなみ、有機豆乳、オリーブオイルを練った生地でつくられています。

パンに合うコーヒーは、一杯ごと挽き、ハンドドリップで淹れてくれます。
豆は、酸味や苦みなどのバランスの取れたクリアな後味のブラジル、
フレッシュな酸味が際立つ東ティモルの2種です。

500円で4種類のパンが楽しめるので、これはお値打ちだと思います。
モーニングサービスは11時までで、早い時間は比較的空いており、10時半過ぎから混み出します。

ecomobakery _20160117_03
モーニングセットとは別に購入した焼き立ての惣菜パンも店内でいただきました。
惣菜パンも美味しいですが、ハード系のルヴァンや食パンがオススメ。

ピッツァ 250円
マフィン 300円
サンドフリュイ 100円

●店名:ecomo Bakery YOKOHAMA MOTOMACHI (エコモベーカリー 横浜元町店)
●住所:横浜市中区元町1-13 元町プラザ 202
●電話:045-323-9480
●営業時間:9:00~18:00
●定休日:月曜(月曜日が祝日の場合火曜日)

高田 ゆめ酵母 ひげのぱん屋

2015.11.01 Sun  Eating place, パン 高田

higenopanya_20151101_03
「新羽にある、ひげのぱん屋が美味しい」と聞いたので、早速行って来ました。
横浜市立新田中学校近く。車で無いと厳しい場所です。
辛うじて、市営地下鉄線グリーンライン高田駅から徒歩で行けるかなという距離。
駅からは歩いて20分程だと思います。
お店の前が駐車場です。数台停められます。

8時オープンで、8時過ぎに到着。既にお客さんで賑わっています。
地元の人に愛されているお店の様です。(気楽な格好で来られるお客さんが多かったです)

店内には、焼き立ての惣菜パンがずらりと並んでいます。
どれも美味しそうです。良い香りがします。

お店のモットーは、「いつでも焼きたて」「いつでも揚げたて」「いつでもつくりたて」であること。
生地は、ハード系のパンも含め、全てモチモチした食感で、口の中で団子状にならず、スッと溶けていく。
柔らかい食感のパンを作るのには、日本食の主食はご飯で、堅いパンは日本人の食文化に合わないという理由から。
この食感が評判となり、食パンをはじめとする食事系のパンは日々予約、完売するそう。

レジで精算を済ませると「コーヒーは如何ですか」と聞かれるのでお願いすると、
無料で5オンス(156ml)のカップが貰えるので、
店内入口に設置してあるコーヒーポットからセルフでコーヒーをいただくことができます。(無料です)
温かいコーヒーと焼き立てのパンをお店の外にある、ちょっとしたスペースで食べることができます。

higenopanya_20151101_02
購入したのは、

田舎 チーズ 340円
食パン 220円
カスタードフレンチ 120円
カレーパン 160円
大納言フレンチ 150円
オリーブ カンパーニュ 160円

お気に入り順に記しました。
食パンは物凄く弾力性があり、圧を加えるとゆっくりと戻ってきます。
本気のモチモチ食感です。
カスタードフレンチは、この食パンを厚切りにしたフレンチトーストですが、
中にさっぱりとしたカスタードクリームが入っています。
ブルーベリージャムが中に入ったヴァージョンもありましたが、そちらも店頭に並ぶと直ぐに購入するお客さんが続出。
人気商品の様です。
サンドイッチやコロッケパンも魅力的でした。

higenopanya_20151101_01
オリーブカンパーニュ、田舎チーズ、カレーパンの断面図。

カンパーニュは見掛けによらず、ソフトです。
田舎パンはチーズを購入しましたが、チーズの他に、胡麻と大納言があります。
生地にほんのり甘味があり、これはヒット、美味しいです。
カレーパンは具がたくさん入っています。辛さは無く、ビーフシチュー寄りのカレー。
辛さが苦手な方でも美味しくいただけます。

奥の工房では十数名が手を動かしていました。焼いては店頭に並び、売れていくという巡りで、常に焼き立てです。
価格も大変リーズナブル。食パンと田舎パンがオススメ。

●店名:ゆめ酵母 ひげのぱん屋
●住所:神奈川県横浜市港北区新吉田東5-47-16
●電話: 045-540-1722
●営業時間:平日 9:00-19:00 土日祝 8:00-19:00
●定休日:月曜日 ※月曜が祝日の場合火曜

箱根 箱根ベーカリー

2015.01.01 Thu  Eating place, パン 箱根湯本

hakonebakery_20141227_02
パン好きの方から「ここは美味しい」と教えていただいたので、行ってみました箱根ベーカリー。
箱根湯本ホテル内に本店がありますが、カーナビが連れてきたのは、
箱根湯本から早川沿いの道を上がった場所にある、直売所です。
細い道を走り、「なんでこんなところに?」と思う場所に、お店が現れました。

営業は9時から14時まで。小さな売店に、今朝焼いたパンが並んでいます。

hakonebakery_03
ここの一押しは、クロワッサンなので、クロワッサンはマストバイです。
クロワッサン以外には、セーグルレザンと酒種入りあんぱんを購入しました。

hakonebakery_20141227_01
クロワッサンは、大振りで、外はサックサク、中はふわっとしています。
バターの風味もしっかりあり、美味しいです。きっとカロリーありそうですが、だから美味しいです。

酒種入りあんぱんは、真ん中に桜の塩漬けが入っています。

さて、これですよ、これ。セーグルレザン。
この手のパンでは、今のところNo.1、好みのパンに巡り合いました。

干しぶどうがこれでもかという程に入っており、胡桃もたっぷり。
薄切りに切ってあります。
数枚を車の中でいただき、帰宅後オーブンで少し焼いて、クリームチーズを塗って食べました。
大変好みの風味で、教えていただいた方に、お土産として1つ購入して帰りましたら、「これですよ、これ」って、
随分盛り上がりました。

海老名SA(東名上り)、小田原駅、三島駅にもお店があるようです。
早くまた食べたいです。

●店名:箱根ベーカリー
●住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋184
●電話:0460-85-8803
●営業時間:8:00~17:00(直売所は、~14:00)
●定休日:無休

渋谷 Boulangerie Patisserie BRASSERIE VIRON

2011.11.22 Tue  Eating place, パン 

P9256373.jpg
以前訪問の際、「是非一度モーニングにお越し下さい」と店員さんにおススメられて、
是非一度行ってみたかったヴィロンの朝食(過去の記事
モーニングは9:00~11:00迄。
開店の9時前には列ができ、9時開店と同時に満席になるとのことお聞きしていたので、8:30に到着。
2組目で並ぶことができました。
P9256374.jpg
お店の方がおっしゃっていた通り、8:45分には既にこの列です。
恐らく、9時に並ぶと2回転目の入りになるのかもしれません。
受付表に名前を書いて時間まで待ちます。
1階がパンやケーキやお菓子などのテイクアウト、2階が食事のできるブラッスリーです。
朝食はセットメニューで、
ヴィロンの朝食 とパリの朝食 がありますが、お目当てはヴィロンの朝食です。
価格は、何れも1260円。
ヴィロンの朝食の内容は、
パン4種類、6種類のジャム、ハチミツ、チョコレートクリーム、 コーヒーor紅茶のセット。
R9308281.jpg
パンの種類はヴィロンの看板であるバゲット レトロドール
数種類の穀物が入ったソフトなパンセレアル
ヴィエノワズリー(菓子パン)は、日替わりで10種類ほどの中から好きなものを2種類選びます。
P9256353.jpg
P9256359.jpg
P9256342.jpg
クロワッサン チョコチップ
P9256350.jpg
定評の高いアップルパイ
R9308283.jpg
P9256371.jpg
切断面。層が素晴らしい。
P9256345.jpg
ジャムはフランスでも定評のあるミオ社のジャム。
市場価格は、1瓶1900円。
この日は、ラズベリー、イチゴ、森のフルーツ、アプリコットでした。
ジャムはトレイに乗せられ、1テーブルに1つ、気の済むまで堪能することができます。
P9256358.jpg
ハチミツは、ラベイユ社のもの。
ホワイトチョコレートスプレッドはお店の自家製クリームでした。
バターは付いていませんが、別途420円でエシレバターを追加できます。
P9256348.jpg
コーヒー・紅茶はなくなるころに注ぎにきてくれます。
P9256363.jpg
食べきれなかったパンは、持ち帰り用の紙袋が用意されており、
そちらに包んで持ち帰りました。
お店の方がおっしゃっていた通り、ヴィロンの朝食は、お値打ちでした。
●店名:Boulangerie Patisserie BRASSERIE VIRON
●住所:東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル1、2F
●電話:03-5458-1770 (1F) 03-5458-1776 (2F)
●営業時間:9:00~12:00 L.O. 11:00 (モーニング) 12:00~15:00 L.O. 14:00 (ランチ)
      15:00~18:00 L.O. 17:00 (カフェ) 19:00~0:00 L.O. 22:30 (ディナー)

山手 TOAST neighborhood bakery (トースト ネイバーフッド ベイカリー)

2011.04.18 Mon  Eating place, パン 

R0016430.jpg
元町kaoris姉妹店のパン屋さん、TOASTへ行ってきました。
元町から本牧通り沿いを本牧方面へ歩いて左側にあります。
間口が狭い店内に、パンや焼き菓子が並んでいます。
パンは菓子パンの割合が多い。
テーマはおいしいイギリスの食パン。
kaorisで提供されているパンは、こちらで焼いています。
オススメは?
初めてのお客様へ是非召し上がっていただきたいTOAST一押しのパンは
ジャージー牛乳使用のプルマン(食パン)320円(ハーフ160円)ということで、
そちらを購入。
好きな厚みに切って下さいます。
R0016454.jpg
翌日の朝食にいただくつもりが、ちょっと味見と結局一斤食べてしまいました。
バター、ジャム、何もつけないで美味しくいただける
ほのかに甘い食パン。
●店名:TOAST neighborhood bakery (トースト ネイバーフッド ベイカリー)
●住所:横浜市中区本郷町1-25
●電話:045-263-8264
●営業時間:10:00~18:00
●定休日:水曜日

渋谷 Boulangerie Patisserie BRASSERIE VIRON

2011.01.12 Wed  Eating place, パン 


VIRONで遅めのランチです。
ランチタイムが過ぎていたので、1階でパンを購入、2階でスープと一緒にいただきました。
相変わらず混んでいます。
お店へ入ると、バターのよい香り。
使用しているのはエシレバター(フランス産高級発酵バター)です。
サンドウィッチはトン・クリュデテ(693円)をオーダー。
バゲットにツナ・マヨネーズ・たまねぎ・マスタードがたっぷり入っています。
トン(Thon)はフランス語でツナ、クリュディテ(Crudite)は生野菜。
サンドウィッチは比較的わかりやすいように、中身の具で名前が付けられています。
693円は高級な気がしますが、食べてみると半分で結構お腹いっぱいになります。
(噛み締めて食べるからかもしれませんが)
半分はイートインで。
残りは包んでいただき後で食べました。
因みに、バゲットは杖や棒を意味します。
フランスパンの類で、バゲットとバタールがありますが、
実は違うのは形(長さ)で、生地は同じなのです。
バタールは太く短いので、クラスト(外側についた焼き色)に対して
中身のクラム(中側の柔らかい部分)が多くなりソフトな食感。
バゲットは細く長いので、クラスト(外側についた焼き色)が多くなり
パリパリして、ハードな食感です。
100.jpg
バゲットの断面。
クラム(中側の柔らかい部分)に不規則な気泡がたくさん開いており、
クープ(パンを均等に焼き上げるために行う、生地表面に入れる切り込み)が
均等に入り、エッジが鋭く立って焼き色がついている。
美味しいバゲットの条件を満たす綺麗な肌。
外はパリッと香ばしく、歯ごたえがあり、
中はモッチリ小麦本来の甘みがある。
106.jpg
白レンズ豆のポタージュ 630円
生クリームが効いて濃厚です。
108.jpg
店内は、赤を基調としています。
本当にフランスの雰囲気が出ていて、不味い一人で酔いそう…。
お店のおすすめは、モーニング(ヴィロンの朝食 1260円)
焼き立てのパンに1階でも販売されている特性のジャム、はちみつ、チョコレートクリームをつけて
いただきます。
モーニングは朝9時前には列ができ、9時オープンには満席になるそうです。
一番のお買い得メニューなので、是非にとのこと。
それは行かないといけませんね。
●店名:Boulangerie Patisserie BRASSERIE VIRON
●住所:東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル1、2F
●電話:03-5458-1770 (1F) 03-5458-1776 (2F)
●営業時間:9:00~12:00 L.O. 11:00 (モーニング) 12:00~15:00 L.O. 14:00 (ランチ)
15:00~18:00 L.O. 17:00 (カフェ) 19:00~0:00 L.O. 22:30 (ディナー)