佐賀 完全予約制のカレー店 カレーのアキンボ

2018.04.02 Mon  Eating place, カレー 佐賀

Akinbo_201803021
佐賀県長崎自動車道「佐賀大和IC」からほど近い場所に、完全予約制のカレー屋さんがあるとのこと、ツイッターのDMで予約し訪問。看板が出ていないので少々分かり辛いですが、ナビで迷わず辿り着くことができました。カレーのアキンボは東京錦糸町で5年営業した後、2015年9月、店主の故郷である佐賀市大和町に移転。現在はお一人で運営されているため、昼6名、夜4名の完全予約制で、メニューは3種類のカレーが楽しめる日替わりカレーコース3,500円(税込)1本のみ。

Akinbo_201803022

Akinbo_201803023
古い日本家屋は自身が改装したそうでセンス光るシンプルな設え。中央には6人掛けのダイニングテーブルが1台。奥には2人掛けのテーブルと調理場出口付近には使用する食器がスタンバイされています。器は近所の器店「RITMUS」で調達しているそう。作家物は一部オリジナル品で食材が映える黒い土物が多いです。

Akinbo_201803025
日本家屋は断熱性が悪いため少々足物が冷えますが、夏は風通しが抜群によく気持ちがよいと思います。それにしても石油ストーブがよく似合います。

Akinbo_201803028

Akinbo_201803027
奥には8畳程の畳の部屋があり、お子様連れのお客様などが利用可。

Akinbo_201803026
席に着くと、お水ではなく白湯が出てきます。胃に優しいです。健康への配慮が感じられました。食べる前に白湯をいただき胃をウォームアップさせます。食事中も冷たいお水より白湯の方が胃に負担なく消化によいのです。ちなみに、カレー店で食後にラッシーが出てきますが、これはスパイスなどの刺激物を摂った後、乳製品の脂分で胃を保護するためです。伝統的な食べ方にはちゃんと意味があります。

Akinbo_201803029
鯖の酢漬け、菜の花、金柑 カレー

Akinbo_2018030210
海老のリゾット。お米は店主のお兄様が趣味でつくられている「夢のしずく」という品種に古代米を合わせて炊いています。お米は程よく芯が残り硬めの食感。蒸らす前のお米をさっと取り分け、更に海老の出汁で炊いています。海老の香りはガツンと強いものではなく、香りは主張しないけれど旨味はある不思議なリゾット。トッピングは生の海老をたたいたもの。

Akinbo_2018030211
ラムひき肉カレー。ラムの臭みは全くありません。リゾットと同じお米ですがこちらは蒸らした後で柔らかい食感。

Akinbo_2018030212
野菜カレー。ゴロゴロ野菜のカレーライスではなく、グリルした野菜と鰹節を加えて煮たダール豆。上品なプレゼンテーション。全体的に穏やかな味付け。ポーションは少な目です。ご飯多めでお願いしましたがこの通り。提供はかなりゆっくりです。十分に時間をとって伺いましょう。

Akinbo_2018030213
8時間かけ低温でじっくり蒸したプリンはとっても濃厚。甘さは控えめ。

Akinbo_2018030214
2層になっており、プリンではなく、チーズに近い重さがあり少量でも食べごたえがありました。

Akinbo_2018030215
昼食は1時間半から2時間掛かりますので、時間に余裕を持って伺った方がよいでしょう。カレーは癖になるスパイシーホットではなく、かなり優しい味。油脂も塩分も控えめです。スパイスが苦手な人でも美味しくいただけるカレー、スパイス好きの人には少々物足りたにかもしれません。

カレーでコース料理を提供しているお店は、全国探してもここだけかもしれません。「カレー」と聞いてやはり思い浮かべるのは「カレーライス」か「インドカレー」。カレーのアキンボは、そのどちらでもなく、「スパイスとハーブをつかった創作料理」というジャンルだったように思います。

こちらのコース料理、以前は2,000円〜2,500円で提供していたそうです。1日の最大対応数が決まっている以上現在の3,500円という価格は仕方ないのかもしれませんが、少々高いように感じてしまったのが正直なところ。今回凄く期待してしまったが故に驚きが無く残念に思いました。もう少し店主の方ともコミュニケーションを取りたかったなと思います。よいお店なのですが、わざわざまた行きたい!と思わせるには、ここにしかない何か、相当な仕掛けが必要です。価格設定も利益を出しつつ喜ばれる妥当なラインが難しい。今回はやや強気。強気に見合うだけのパフォーマンスを求められてしまう。色々と考え深いランチとなりました。

皆様遥々ご一緒いただきまして有難う御座いました。

■店名:カレーのアキンボ
■住所:佐賀市大和町川上475
■電話番号:080-6426-4170(電話に出られない場合もあります)
■営業時間:11:00~17:00、18:00~20:00
■定休日:日曜
※完全予約制 予約はfacebook、twitterダイレクトメッセージ

信濃町 メーヤウ

2015.04.25 Sat  Eating place, カレー 信濃町

meyau_20150424_03
JR信濃町駅から徒歩5分程のところにある、タイカレーの人気店メーヤウに来ました。
伺ったのは平日の12時。
お店は地下1階にあり、階段には既に行列が出来ていました。

でも大丈夫。10分程待ち、直ぐ中に入ることができました。
回転が非常によいので、待ち時間は然程掛らないようですね。

店内は、学生食堂のような親しみ易い雰囲気で、カウンター8席、テーブル22席。
この時間は、慶應義塾大学の医学生や医者が殆どでした。
其々慣れた様子で注文していきます。

メニューは非常にシンプルで、カレー3種と牛肉煮込みそば、バジル炒めライス。
デザートのココナッツゼリーのみ。

<メニュー>
●メーヤウカレー(大辛) 780円
 骨付き鶏肉・ジャガイモ・ゆで卵
●レッドタイカレー(辛口) 780円
 鶏肉・大根・ゆで卵
●グリーンタイカレー(甘口) 780円
 豚肉・竹の子・大根・ゆで卵
●タイ風牛肉煮込みそば 780円
●タイ風バジル炒めライス 780円
 豚肉・竹の子・パプリカ
●ココナッツゼリー 220円

辛いのは苦手ですが、今日は初めて来たので、やはり「メーヤウカレー(辛口)」にしました。
注文してから直ぐに出てきてびっくりです。
メニューがシンプルで、注文したらすぐに提供され、食べ終えると、直ぐに片されます。
無駄ない、よいオペレーション。
それでいて焦らせるような雰囲気はありません。なんとなく客もテンポよく食べます。
これが、回転がよい理由ですね。

meyau_20150424_02
シャバシャバのスープカレーの中に、骨付きチキン、じゃがいも、茹で卵。
このじゃがいもと骨付きチキン、味がしっかりとついてとても美味しかった。

meyau_20150424_01
肝心のスープは、あー、しまったという辛さで、舌の感覚が可笑しくなってきましたが、
意外にも、一口二口と進めてゆくうちに、慣れてしまうと美味しさを感じ始め、
次第に辛さが麻痺してゆきました。
ネット上に「癖になる味」と書かれていたのですが、それが頷ける味でした。
しかし、額に汗をかき始め、終始鼻水が出てきます。
なので、ちゃーんと、各テーブルにはティッシュが置いてあります。

常連さんの注文方法をみると、好きな辛さのカレーと牛煮込みそば(小)の組み合わせ。
麺はフォーの様です。食べ易そうなサイズ感。
今回初訪問でしたので、名物1品のみで抑えましたが、
次回は常連さんに習って、カレー甘口と牛煮込みそば(小)にしようと思います。

meyau_20150424_04

店名:メーヤウ
電話:03-3355-0280(予約不可)
住所:東京都新宿区信濃町21 大門ビル B1F
営業時間:月~金 11:30~20:30 (L.O20:00) 土 11:30~19:00
定休日:日曜、祝日

武蔵新田 南印度ダイニング ポンディバワン PondyBhavan

2014.12.28 Sun  Eating place, カレー 武蔵新田

pondibawan_20141128_12
武蔵新田駅下車徒歩1分。
昭和の風景が漂う、武蔵新田商店街を抜けて直ぐの横断歩道を渡ると国道311号線沿いにお店があります。

pondibawan_20141128_01
南インド タミルナドゥ州ポンディチェリー出身のシェフ、アントニーと
同郷の料理人たちが、本場の南インド料理を提供してくれるポンディバワン。
店名のポンディバワンとは、「ポンディのおうちへようこそ」という意味です。

オーナーシェフのアントニーとの出逢いはかれこれ10年程前。
日比谷シャンテにある"ひつじや"でアントニーが働いており、
体調を崩すとよく、身体が温まる薬膳カレーを食べに行きました。

薬膳というと中医学や漢方のイメージがありますが、インドの伝統医学アーユルヴェーダでも薬膳を用います。
食材やスパイスの調合をして、身体を整えてくれます。

南インド料理は、米飯が主食で、乳製品よりもココナッツミルクを使います。
油もギー(バターなどの乳脂肪)よりもマスタードオイル、胡麻油が多く使われます。
菜食主義者が多い為、野菜や豆の料理が発達しているのも特徴。
お腹いっぱい食べても、ヘルシーで身体に負担が掛からない優しい料理です。

pondibawan_20141128_10
パパド 150円

食前にパパドを注文。
パパドは、豆粉のせんべいです。消化を助ける働きがあるので、お酒のつまみにオススメです。
薄くてパリパリして、少量スパイスと塩味が癖になる味。

pondibawan_20141128_11
ハーブサラダ 800円

角切り野菜、チャナ(ひよこ豆)、バジル、セージを
数種類のスパイスとオリーブオイルで和えたサラダ。

pondibawan_20141128_07
パロタ セット 1,000円

ナンを鉄板で美味しく焼くのに、試行錯誤を繰り返した結果、誕生したのがパロタだそうです。
ナンは生地を伸ばしてタンドールに貼り付けて焼きますが、
パロタは、スコーンやパイ生地のように、何度も折り畳み丸めて成型してから、鉄板で焼きます。
また、ナンは焼いてからギー(バター)を塗りますが、
パロタは焼く前からバターを塗りますので、焼き上がりも柔らかくしっとりとしています。
チャナカレー(ひよこ豆のカレー)と共にいただきます。

pondibawan_20141128_08
ラムチョップ 900円/2本

これは、シェフの得意料理の一つ。
ひつじや時代にも薬膳カレーと共に毎度注文していました。
お肉は得意な方ではありませんが、これは別。
ラム特有の臭みが無く、ラムが苦手だった人も好きになる味だと思います。

骨付きの大きなラムを特製のタレに長時間浸けて寝かせ、備長炭で焼き上げています。
臭みなく、肉質が柔らかく、ジューシー。

pondibawan_20141128_06
フライドライス 1,000円

お米を主食とするタミル族に古くから伝わる料理で、これが炒飯の語源のようです。
今日は生憎日本米での提供となりましたが、
本来は、パラパラしているバスマティ(インディカ米)を用いて、野菜やチキン、スパイスを加えてサッと炒めた料理です。
ラッサムスープと共にいただきます。

ラッサムとは、南インドで日常的に飲まれているスープの一つで、
トマト、タマリンドなどを黒胡椒やニンニクで味付けして煮たもの。
辛味と酸味が強いのが特徴。タミル語でジュースを意味します。

ミールス(南インドの定食)の形で供されることが多く、
白飯にかけたり、ティファン(軽食)と共に口にします。
トマトがメインなら「トマトラッサム」、生姜を多めに使うと「ジンジャーラッサム」、
ニンニクを効かせれば「ガーリックラッサム」と呼びます。

pondibawan_20141128_05
名物のチャイ

ミルクとインドの紅茶に、潰した生姜とカルダモンを入れて煮たたせ、濾したものです。
生姜は身体の奥から温め、冬は保温、夏は発汗と代謝を促します。
カルダモンは消化、鎮静作用があり、食後に胃を落ち着かせ、気分も癒されます。
根の部分には解熱効果もあります。

シェフがテーブルでパフォーマンスしてくれます。
空気に触れさせて冷まし、アロマ効果を高めた後に提供されます。

pondibawan_20141128_04
筒状の器と浅い器がありますが、浅い方に移して頂きます。
表面積が広い方がアロマ効果がある湯気をたくさん受け取れるので、
アロマの香りを楽しみながら。

身体に優しい、よいお食事でした。
Julian、Alexご馳走様。

●店名:南印度ダイニング ポンディバワン
●住所:東京都大田区矢口1-7-9
●電話:03-6715-2888
●営業時間:
11:00~15:00 (L.O.平日14:30 土日祭15:00)
17:30~23:00 (L.O.平日22:00 土日祭22:30)
●定休日:第2・4火曜日