町田 バンコク食堂 アロイチンチン

2016.05.17 Tue  Eating place, エスニック 町田

aroi chinchin_20160507_01
連休の最終日、町田にあるタイ料理店「アロイチンチン」で友人の結婚パーティーでした。
場所は、JR町田駅ターミナル口(横浜方面からだと最後尾車両、八王子方面からだと先頭車両)を出て
モスバーガーとタイガー餃子会舘の間の道を進み、3つ目の建物がお店です。
どんなお店か調べずに伺ったので期待も何もなかったのですが、中国ラーメン揚州商人のような外観。
面白そうなお店で、これは期待できそうです。
覚え易い屋号は、「アロイ」はタイ語で美味しいという意味で、
「チンチン」は超というニュアンスの意味だそう。日本語で「超美味しい」という意味です。

中へ入ります。
BGMは、BOB MARLEY、個性豊かなスタッフが迎えてくれました。

aroi chinchin_20160507_03
1階がカウンター席、2階がテーブル席、3階がロフト席。
全部で70席あります。3階のロフト席(30名対応)が今夜の宴の会場です。

17時過ぎに入店し、徐々にお客さんが増え、18時頃には満席に。
人気があるお店のようです。

aroi chinchin_20160507_02
手作り感満載の温かみある店内は、全てスタッフの手作りだそう。
吉祥寺、八王子エリアを中心に沖縄料理とタイ料理店を現在13店舗運営している
有限会社コパアミューズメントが手掛けるお店です。

町田には、同系列店が他に2店舗あり、何れも店舗ごとに雰囲気が違うそうなので
他店舗も面白そうです。

aroi chinchin_20160507_04
系列店のニライカナイ町田店(沖縄料理)は、仲見世飲食街にあります。

本日は、3時間飲み放題付のコースをお願いしていました。
こちらのお店、実はバンコクにもお店を構えているので、本場の味を東京で再現できるホットなお店。
飲み放題のメニューも選択肢が多く、タイビールやタイウィスキー、ソフトドリンクも充実していました。
特に人気だったのが「メコン」というタイのウィスキー。
ウィスキーと言っても、麦ではなくタイ米とサトウキビの廃糖蜜を原料にしており、いわば米焼酎です。
味は、ラム酒に似ています。
その証拠に、輸出向けラベルの英語表記は、Special Thailand Rumとなっています。

さて、コースのメニュー。

aroi chinchin_20160507_05
ソムタム・タイ(青パパイヤとエビの少し辛めなサラダ)

aroi chinchin_20160507_06
スパイシーフライドポテト

aroi chinchin_20160507_07
ヤムウンセン(春雨サラダ・やや辛め)

aroi chinchin_20160507_08
豚トロ炭火焼

aroi chinchin_20160507_09
空芯菜の強火炒め

aroi chinchin_20160507_10
炭火焼ガイヤーン(鶏モモの漬け込み炭火焼)
炭火焼系はどれも美味しく正解でした。

aroi chinchin_20160507_11
トムヤムクン(エビの辛すっぱいスープ)
ちなみに、トムヤムクンの「クン」はエビという意味なので、
エビなしのスープだと「トムヤムスープ」となります。エビ好きなので、クンは覚えていました。

aroi chinchin_20160507_12
ガパオライス
ご飯ものは、ガパオライス、グリーンカレー、パッタイから選択できます。

aroi chinchin_20160507_13
お祝いのデザートはお店から。末永くお幸せに。
友人にも紹介したくなる雰囲気の良い楽しいお店でした。
個人的にもまた訪問したいと思います。

●店名:バンコク食堂 アロイチンチン
●住所:東京都町田市原町田4-7-2
●電話:050-5868-0667 (予約専用)042-723-8827 (問い合わせ専用)問合せ時間は15:00~閉店まで
●営業時間:17:00~25:00
●定休日:無休

黄金町 J’s Store (ジェイズ ストア)

2013.08.12 Mon  Eating place, エスニック 

R9340049.jpg
店頭で、煙草を吸いながらバイマックルーを選別する小父さん
横浜、末吉町のマンション1階に、タイの食材店J’s Store (ジェイズ ストア)はあります。
タイ料理には欠かせない珍し食材の販売、店内では食事をすることができます。
営業は、24時間、365日。
中に入ります。
狭い店内です。
壁際に冷蔵冷凍庫が設置されており、珍しいジュースの缶や瓶、食材、
料理に使用する材料が、ビニール袋で保存されています。
反対側の壁際には、タイの食材、珍しいタイのお菓子が棚一面にぎっしり陳列されています。
お店の中央には、8人程が座れるテーブルとパイプ椅子、
訪れてた平日の14時過ぎ、常連客と思われるタイ人の家族が食事をされていました。
店主、従業員は全員タイ人。
このエリアは外国人も多く、近くのタイマッサージ店で働いている方が、
帰りにお惣菜を購入しに立ち寄るようです。
汁ものはビニール袋に輪ゴム留めで、
ご飯ものは、パックに入れて販売されています。
本場、現地のスタイルです。
テーブルの上には、手作りのメニュー表が1セットのみ。
"本場の味はここです"と書かれています。
R9340041.jpg
カノムチンナムヤー(素麺と魚ベースの辛いスープがけ)800円
タイ東北部イサーンの郷土料理。
カノムチンはタイの米麺で、お腹が空いたときに食べる、
日本で例えると立ち食い蕎麦やうどん。
ナムヤーは魚の汁という意味。
サラダ的なものを注文しましたが、できた順から提供されます。
緑の米茄子がコロコロ、辛いですが、ココナッツミルクが入っており少しマイルド。
麺に対して少しスープの量が多かったので、素麺のみもう1皿追加しました。
R9340042.jpg
ソムタムタイ(ピーナツと干しエビ入り青パパイヤのサラダ)800円
干しエビの香りが強烈、ピーナツもたっぷり。
ソムタムもイサーン地方の郷土料理です。
R9340043.jpg
ヤムウンセン(春雨サラダ)800円
ヤムは混ぜる、ウンセンは春雨。
珍しい、白身のすり身団子が入っていました。
R9340045.jpg
ゲーンノーマイ(イサーン風竹の子の黒いスープ)800円
ゲーンは汁、ノーマイは竹の子という意味。
辛くて、汗が吹き出ます。
飲み物無ではいられません。
何か甘い飲み物でもいただきたいと思いましたら、メニュー表には載っておらず、
食材の入った冷蔵庫から自分で取るスタイルです。
缶のライチ、ココナッツ、マンゴージュース。
ビールは、アサヒ、シンハー、こちらも自分で勝手に取ります。
水は、店内入口にあるウォーターサーバーで、ご自由に。
R9340044.jpg
ママパッキーマオ(辛い焼きそば)800円
パッキーマオと云えば、幅の広い麺をイメージしていましたが、
こちらではMAMAインスタントヌードルを使用しています。
パッキーマオは、激辛やきそば、
直訳すると、酔っ払い炒め、犬の糞炒め。
既に辛いスープを食べていますので、辛さは然程感じず。
R9340046.jpg
ポピアソート(生春巻き)800円
甘いたれを付けていただきます
R9340047.jpg
ラーメン 800円
〆のラーメンは大盛りで。
さっぱり澄んだスープに、にんにくとパクチーが香ります。
首都圏のタイ料理店でいただく馴染みの味とは異なり、日本人に媚びない味。
強烈な干しエビの風味、独特な調味料の香り、強烈な辛さ、そしてその提供方法。
こちらでいただくと、他所のタイ料理店でいただく食べ慣れた味は、
いかに日本人好みにカスタマイズされているのかということを思い知らされます。
日本に居ながら、本格的なタイ料理、タイの雰囲気を味わえるお店でした。
日本に住む、現地の方に愛されているお店、J’s Store (ジェイズ ストア)
店名:J’s Store (ジェイズ ストア)
住所:神奈川県横浜市中区末吉町1-23 ボナールイセザキ 1F
電話:045-241-1709

関内 タイダイニングチャンパー 横浜馬車道店

2011.02.06 Sun  Eating place, エスニック 


春雨サラダ(ヤムインセン) 680円
リッチモンドホテル1Fにタイダイニング チャンパーがオープン。
旧モディッシュがあった場所です。
運営は、セントレスタ㈱
1/31に閉店したモディッシュとチャンパーは、ロイヤルグループのお店です。
姉妹店に、
タイ屋台料理 チャンパー伊勢丹会館店
チャンノイ サブナード店
タイ料理 ルークチャン ルミネエスト新宿店
があります。
1/31にモディッシュ最終日を迎え、翌日2/1~2/4迄内装工事を行い、
店内はイタリアンからタイへ見事な変身を遂げた。
「短期間で、雰囲気大分変りましたね」とお話ししたら、
「内装も多少施しましたが、なにより最終的には現場で働いている従業員が雰囲気を作ってくれているからね」
とおっしゃっていました。
そうです、厨房で働く方たちは、みなさん本国(タイ)の方なのです。
オープンキッチン内では、タイ語が飛び交っています。
RIMG0156.jpg
店内の雑貨や小物はタイから調達。
今回大幅に変化した点は、完全シャットアウトの喫煙席ができたこと。
入って左奥の27席。
RIMG0151.jpg
テーブル席の他にバーカウンターもあります。
こちらでレストランのお食事もいただけますが、お酒だけ、ちょっと一杯という方は
こちらへどうぞ。
RIMG0129.jpg
海老ワンタン 580円
RIMG0135.jpg
鶏肉サティ 150円/豚肉サティー 170円/牛肉190円
小さな耐熱ボウルに入っているのは、サティーのダレなのですが、
タレ?
これはレッドカレーです。
勿体ないので、タレとしては使用せず、後程ごはんにかけていただくことに。
RIMG0137.jpg
空芯菜の強火炒め 880円
タオチというタイの味噌ペーストが隠し味になっています。
ピリ辛レベルではなく、ホット&スパイシー。
これは、ごはんがほしくなる。
直ぐにごはんをオーダー。
ごはんは、餅米のライスとジャスミンライスがありますが、さっぱりといきたいので、
ジャスミンライスを選択。
RIMG0141.jpg
ジャスミンライス 250円
ごはんを食べると、胃がホッとするな。
RIMG0144.jpg
イカのにんにく炒め 800円
RIMG0124.jpg
コラーゲンローズベリーティー 500円
これだけ食べてもう遅いが、お肌へのいたわり。
気休め。
さっぱりして、食事に合うので、実は2杯目。
RIMG0150.jpg
愛玉子ゼリー 480円
RIMG0162.jpg
お食事は、中途半端な味付けではなくて、本格的です。
(辛いのは辛い。)
本国の方が調理をされているので。
リッチモンドホテルの1Fということで、朝はブッフェ式のモーニングを7時から提供。
ランチとディナーはアラカルトです。
姉妹店もそうなのですが、リーズナブルかつ、おひとり様で行ってもOKな雰囲気。
●店名:タイダイニング チャンパー 横浜馬車道店
●住所:横浜市中区住吉町5-59 リッチモンドホテル横浜馬車道1F
●電話:045-680-1415