嵐山 鯛匠 HANANA(タイショウ ハナナ)

2016.05.18 Wed  Eating place, 日本食 嵐山

hanana_20150505_02
連休は天気が良く夏日が続きました。(渡月橋から撮影)

hanana_20150505_01
今日は嵐山で人気の鯛茶漬けのお店「鯛匠 Hanana」を目指します。
阪急嵐山駅を下車し、渡月橋を渡り直進。京福電鉄嵐山駅を越えたところにあります。
一際目立つ行列が目印です。

hanana_20150505_09
行列は覚悟していましたが、2時間待ちました。
12時前に着いて、お店に入れたのは15時前。予約は可能ですが、繁忙期の予約は不可です。

hanana_20150505_03
先ずは冷酒で喉を潤します。
京都 松本酒造 純米大吟醸 桃の滴 1,230円/合

hanana_20150505_06
こちらへ来たら食べるべきは、鯛茶漬け御膳 2,060円

真鯛の薄造り/今日のお野菜/鯛の一品/ご飯/自家製香の物/甘味

ご飯は、契約農家の丹波産コシヒカリを使用。お櫃で提供されおかわり自由。
お米が立っているので、お茶漬けがさらっといただけます。
香の物はお店で漬けた自家製。

hanana_20150505_04
季節の炊き合わせは、筍、さつまいも、かぶ。野菜は地元嵐山の農家さんから直に仕入れています。
鯛の一品料理は、煮こごりでした。

hanana_20150505_05
真鯛は、その時期に一番美味しい産地から仕入、毎朝〆めています。
先ずは薄造りを特製の胡麻ダレに絡めていただきます。

hanana_20150505_07
続いて、胡麻ダレを絡めた鯛をご飯と一緒に。
最後に、煎茶をかけて、お茶漬けにしていただきます。

胡麻ダレは、胡麻よりも出汁味、味噌の風味がしました。
帰宅後、出汁に味噌を溶いてすり胡麻を混ぜたタレで刺身を漬けにしたのですが、それ風に再現できました。

hanana_20150505_08
甘味は、自家製わらび餅。
鯛茶漬けは、2時間待った思い出の味です。

●店名:鯛匠 HANANA
●住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町26-1
●電話:075-862-8771
●営業時間:11:00~17:00
※鯛が売り切れ次第終了
●定休日:不定休

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>