東白楽 Cafe DOUCE

2016.04.09 Sat  Eating place, カフェ 東白楽

cafedouce_20160409_01
東急東横線東白楽から徒歩5分。
県道12号線にある美容室Salon de ruiの脇を入ったところにある
青いトタンのアパートをリノベーションしたカフェ「Cafe DOUCE」を訪問しました。

オープンは2012年7月7日。
東白楽の路地に、こんな素敵なカフェがあったなんて知らなかったです。
引き戸を開けて、中へ。「おじゃまします」

cafedouce_20160409_11
靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて。

cafedouce_20160409_13
誰も出てこないので、営業しているのか不安になりましたが、黒板に「OPEN」と書いてありました。

cafedouce_20160409_14
この扉の奥がお店です。もとは和室だったのでしょう。襖を開けて中へ。

cafedouce_20160409_09
カーテンは閉じ、落ち着いた照明。暗めなので昼間であることを忘れてしまいます。
家にいるようでなんだかとても落ち着きます。

入って直ぐが台所。台所と居間は仕切られ、お菓子づくりやコーヒーを淹れている姿を見ることはできません。
カウンター席、ソファ席とテーブル席が2つ。

こちらのお店、女性店主が一人で切り盛りしているのですが、
お菓子と飲み物の提供が終わると、その後、台所からは出てこず、放っておかれます。
勿論、用があれば直ぐ出て来て下さる。
この放っておかれる具合がとても気に入りました。
お陰で、急かされず、邪魔されず、ゆっくり過ごすことができました。
建物は店主のご両親の持家で、1階部分をカフェへ改装したそうです。

cafedouce_20160409_04
屋号の「DOUCE」とは、フランス語で穏やかとか優しいという意味なんだそうですが、正に、そんなお店でした。
センスのよいナチュラルテイストの小物が飾ってあります。

cafedouce_20160409_10
こちらが本日のメニュー。
コーヒーと紅茶、手作りのお菓子。お食事の提供はしていません。
コーヒー豆は、白楽にあるコーヒーロースターTERA COFFEEのオリジナルブレンドとマンデリン。
フレンチプレスで抽出しています。
TERA COFFEEはイートインスペースが無いので、こちらでいただけるとは、嬉しいです。
地域のお店から仕入れて循環させているのは、素敵です。
サンフランシスコのカフェを思い出します。

マンデリンHOT 480円とスコーン 500円、いちごのタルト 580円を注文しました。

cafedouce_20160409_06
コロンとした丸みのあるコーヒーカップは店主のお手製。厚みがありますが、軽いです。
温もりある木製のスプーンとトレー、ミルクピッチャーの小さな敷板。
コーヒーには桜のクッキーが1枚ついてきました。小さな器も可愛らしいです。

cafedouce_20160409_07
スコーン2個は、お手製のジャム2種(ルバーブ、苺)とクリームをつけていただきます。
表面がさっくさくしていて美味しかったです。軽いお食事になるぐらいややずっしりきます。

cafedouce_20160409_08
いちごのタルト。大き目サイズ。真面目な味でした。

cafedouce_20160409_12
休業案内はブログでお知らせしています。こちらは、今月の予定。

cafedouce_20160409_15
●店名:Cafe DOUCE(カフェ ドゥース)
●住所:横浜市神奈川区平川町29-3
●電話:090-7843-9100
●営業時間:12:00~19:00(L.O.18:30)
●定休日:不定休 ※ブログにて

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>