恵比寿 まめぞん

2011.08.23 Tue  Eating place, イタリアン 


恵比寿東口を出て、ZESTを超えたら右折。
坂を上がったところにまめぞんはあります。
まめぞん(MA MAISON)とは、フランス語で私の家という意味。
大切な人と特別な日に、友人と充実した時間を過ごすために、
貴方の中の一軒になりたいという想いを込め、私の家(まめぞん
店名はフランス語。
でも、ジャンルは、イタリアン。
フレンチの接客経験の長かったご夫婦が営む、リストランテです。
R0020569.jpg
先ずはシャンパンを。
イタリアンなのでスプマンテとなりますが、
ソムリエでもある店主がオススメして下さったのはシャンパン。
ジャンルや形式にとらわれず、自分の舌で厳選した美味しいものを提供する。
R0020641.jpg
Bruno Paillard (ブルーノ・パイヤール)1,400円/グラス
ロブションで出しているハウスシャンパン。
Bruno Paillard (ブルーノ・パイヤール)は、ジョエル・ロブション氏がブラインドテイストでセレクトしたと言われる生産者。
発砲が強く、バランスがよい。
夜は、5,500円/7,500円、プリフィックススタイルのコース。
美味しいものを少しずつ。
5,500円のまめぞんを楽しむコースをお願いしました。
R0020573.jpg
アミューズグール
グージエール パルメジャーノ(チーズ風味の塩味プチシュー。フランスブルゴーニュ地方のお酒のおつまみ)
ズッキーニのフリッター ミント風味 ほのかに香ミントのか香り
青森産小カブのグリル ビネガーの酸味が効いたジューシーなカブのグリル
R0020585.jpg
前菜5種盛り合わせ 
味来とうもろこしのポタージュ
野菜のテリーヌ サーモンムース
いわしサオール(ヴェネツィアの伝統料理。魚、タマネギ、レーズン、松の実を甘酢でマリネしたもの)
モルタデッラハム(北イタリアで多く作られるピスタチオ入ハム)/ポテトサラダ
鯵のマリネ/人参オレンジマリネ
R0020582.jpg
自家製パン
R0020579.jpg
セラミック ハンズ ボウル(Hands Bowl/ Yumi Masuko,2003)
ちょうど大人の手を合わせたサイズ。
2003年、増子由美氏の作品。
両手を広げて大切なものを優しく包みこみ、すべてをあたたかく受け容れるようなデザイン。
表参道MoMAで購入可。
R0020589.jpg
パスタ1
ビゴリ(イタリア東北部ヴェネト地方の料理。グルテンを強くした生地を使った太いロングパスタ)
アンチョビと玉ねぎのソース
もちもちとしたコシ、玉ねぎの甘さを感じるシンプルなお味。
イタリアで修行経験を持つシェフが作る生パスタ。
R0020609.jpg
パスタ2
赤ピーマンのタリアテッレ(イタリア北西部ボローニャ州でよく用いられるパスタ。リボン状の平麺)
北海道産ウニのソース
濃厚と思いきや、シンプル、素材を活かしたお味。
R0020618.jpg
R0020619.jpg
メイン料理 
国産豚肩ロースのグリル オスティア風
オスティアは古代ローマの港町。
R0020624.jpg
味付けは、塩ではなくガルム(garum)を使用。
古代ローマで主な調味料として使用されていた魚醤(発酵調味料)
R0020623.jpg
肉質は柔らかく、魚醤でアミノ酸の旨味がぐっと出ている。
R0020629.jpg
デザートの盛り合わせ 
リコッタトルタ
あんずシロップ
ホワイトチョコパンナコッタ
プルーン
りんごジェラート
イチジク
R0020640.jpg
小菓子
ギモーブ(生マシュマロ)
マルゲティーニ(オーブンで焼いた乾燥菓子)
ブルッティ エ ボーネ(ヘーゼルメレンゲの焼き菓子。ほろほろ卵ボーロのような食感)
小菓子は、イタリア語で、ピッコロ・パスティッチェリア(小さい焼き菓子)
フランス語で、プティフルール(一口サイズの小さなお菓子)、ミニヤルディーズ(最後の喜び)という呼び方をする。
最後の喜び…まさに。
知識豊富な店主に色々教わり、楽しいひとときでした。
まめぞんの1階に気になる焼き鳥屋。
2011/6/14にオープンしたニューフェイス「鶏敏」03-6277-4385
●店名:まめぞん
●住所:東京都渋谷区恵比寿4-23-14 ASビル 2F
●電話:03-3449-0350
●営業時間:ランチ 12:00~15:00 (L.O.13:00) ディナー 18:00~24:00 (L.O.22:00)
●定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>