恵比寿 農家の台所 くにたちファーム

2011.08.16 Tue  Eating place, 洋食 


野菜のためのレストラン、農家の台所
運営は、国立ファーム有限会社
代表は、高橋がなり氏。
「元気が出るTV」のディレクター、
ソフト・オン・デマンド社長時代には、「マネーの虎」に出演していたことで有名。
入口は、まるでチルド室に入るような佇まい。
早くもアトラクションレストランのような雰囲気でワクワク感が漂う。
R0019695.jpg
店内の壁一面に、選挙ポスターのような掲示版。
お店で提供されているお野菜の作り手、農家さん自身のポスター。
農家の台所では、本気の選挙(農家さんの投票)を行っており、ランク付けされている。
ランキングの結果発表は国立ファームNEWSで公開中。
「農業は、モノづくり。農業する人はクリエイター。かっこいいんです。
何事も、経営屋が偉いのではなく、上流工程である生産者の方が偉いのです。
モノをつくってない連中が主役になる社会なんておかしいでしょ。」
月間チャージャー~好きが高じてわらしべ社長~記事より
そういう価値観、考え方を持って経営されている。
さて、夜のメニューはコースのみ。
◆野菜3:肉5:魚2   特選野菜と拘りのお肉を中心に食べたいセット
◆野菜6:肉2:魚2   農家の台所に来たからには、野菜をたくさん食べたいセット
◆野菜10:肉0:魚:0  特選野菜だけをたくさん食べたい超ヘルシーセット
無理せず美味しいお野菜と、拘りのお肉、お魚をバランスよくいただける
畝(せ)のコース3,800円をお願いした。
先ずは、名物のサラダバー(おかわり自由)
R0019681.jpg
R0019674.jpg
新鮮なお野菜は、全て生で美味しくいただくことができる。
マイベストは以下
◆奈良県北葛城群丸広出荷組合 サラダなす
◆樹上完熟パプリカ(青いうちに収穫される輸入のパプリカとの違いは歴然)
◆福島県 とうもろこし味来
R0019619.jpg
農家の台所 一期一会サングリア 980円
赤ワインをベースにリキュールや農家さんが作ったジュース
旬のフルーツを2種類以上合わせたカクテル
なかなかアルコール度数が高い。
R0019612.jpg
野菜の先出し1
アスパラガスの葛餅 アスパラガスの春巻きフリット添え
斬新な息吹を感じる一皿。
R0019610.jpg
野菜の先出し2
野菜(ジャガイモ)のスープ
R0019621.jpg
お魚料理1
ひかりれんこんと白身魚のテリーヌ 海苔風味 パプリカと柑橘のクーリ
R0019643.jpg
お魚料理2(+300円)
ひかりれんこんとワカメ 鮮魚の蒸し物 菜の花のソース
R0019646.jpg
ワカメの中にはウド。
シャキシャキした食感。東京産です。
R0019649.jpg
お肉料理1
さやあかねとうめそだち鶏のトマト煮込み 白味噌仕立て
R0019656.jpg
お肉料理2 (+800円)
群馬県産赤城山産C2ランクホルスタイン ヒレ肉のロースト
R0019666.jpg
〆もの
厳選米の御飯と野菜たっぷりの味噌汁
お米は、宮城県柴田郡仙南より拘り抜いた米生産組合のひとめぼれ。
デザートを別途注文。
R0019685.jpg
はくれい蕪のほろ苦いアイス 葉のコンポート蕪仕立て 420円
蕪のアイスは初めて。
これまた斬新。
大皿に白い蕪のアイス、トッピングは蕪の茎。
R0019682.jpg
見るからに蕪。味も蕪そのもの。
蕪を凍らせたに近い、潔さ。
R0019687.jpg
山形ガールズ農場米のアイスクリーム 420円
お米のアイス。
お米の甘みに加えてほんのりクリームのマイルド感。
不思議な味ではないが、どうして、アイスにしたのだろうと単純なお味に思わず笑み。
R0019686.jpg
お店で食べたお野菜は、店内入口に併設しているショップで購入も可能。
R0019701.jpg
入口
R0019698.jpg
美味しかったとうもろこし(味来)340円/本をお土産に購入。
R0019699.jpg
昭和時代なら、お父さんのお土産の定番と云えば、寿司の折り詰め。
今日は、新鮮なお野菜をお土産に。
●店名:農家の台所 くにたちファーム
●住所:東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン 1F
●電話:03-3719-4831
●営業時間:1100~15:30(LO14:30)17:30~23:00(LO22:00)
●定休日:なし

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>