関内 御料理 梅田

2011.08.13 Sat  Eating place, 日本食 


馬車道、弁天通り。
和風モダンの佇まいにそそられ以前より気になっていた梅田
1階は、器ギャラリー卯甲
(梅田では、こちらのお店で取扱いのある作家の器なども多く使われている。)
暖簾をくぐり2階へ。
R0020221.jpg
店内は3つの部屋に別れており、カウンター席、個室、一番奥がメイン。
4人掛けのテーブルが3席。
アラカルトもあるが、おまかせ8,400円をお願いした。
R0020225.jpg
R0020230.jpg
長芋冷やし茶碗蒸し
冷たい茶碗蒸し。じゅんさいが夏を感じさせてくれる。
R0020235.jpg
生春巻き
和からエスニックへ。
和食を食べに来たつもりでいたが、まさかのエスニック。
梅田のコンセプトは『横浜料理』
異国情緒漂う、横浜の、和洋折衷料理だ。
R0020238.jpg
渡り蟹スープ仕立て 金針菜の芽 茗荷のお椀
R0020246.jpg
中に入っていたのは葛の麺。
冷麺のような弾力感。
R0020256.jpg
御造り(石カレイ、水たこ、えんがわ、鱧、めじマグロ)
R0020253.jpg
旬のご馳走、鱧。
R0020264.jpg
太刀魚のレモン焼き 桃のソース トウモロコシ豆腐添え
珍しい桃のソース。
レモンの酸味と自然の甘みが合う。
R0020266.jpg
海老、茄子、オクラの冷やし鉢 生ハムクリームチーズソース和え
生ハムとクリームチーズをフードプロセッサーに掛けてソースにした。
コレは、是非真似したい。
生ハム×クリームチーズは絶対合うコンビだが、それをソースにしてしまうアイディアが斬新。
生ハムのコクが出て、深みがあるソースに仕上がっている。
R0020272.jpg
胡瓜のジュレ、グレープフルーツ、〆いわし
R0020270.jpg
食事の終盤に、すりおろした胡瓜の食感、砂糖酢の酸味と甘み。
口の中をさっぱりとさせてくれた。
R0020280.jpg
〆の御飯、味噌汁、香の物。
R0020285.jpg
バニラアイスクリーム
R0020289.jpg
ブルーベリーの金平糖
巻貝の形をした中に蟹の模様。
可愛いらしい小さな小鉢。
静かな空間で、ゆっくりとお食事をする。
一日の終わりに、心穏やかにしてくれる時間。
明日の活力。
その後、カサブランカへ(過去の記事
●店名:御料理 梅田
●住所:横浜市中区弁天通4-52
●電話:045-651-9184
●営業時間:11:30~15:00 17:30~23:00
●定休日:日曜・祝日 

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>