関内 Via Toscanella (ヴィア トスカネッラ)

2011.06.21 Tue  Eating place, イタリアン 

R0019388.jpg
関内、相生町三丁目の交差点にあるVia Toscanellaへ行ってきました。
態々相生町と申したのは、ここ関内、1ブロック毎に町名が変わる珍しいところなのです。
相生町、太田町、弁天通、南仲通、本町(地図
Via Toscanellaは、イタリアンでもトスカーナ料理がいただけるところ。
トスカーナ料理の特徴は、シンプルで素材を活かした料理。
R0019457.jpg
ポルティコ(柱廊)と呼ばれるイタリアの伝統的な建築様式をモチーフにした
クラシカルな天井、白を基調にしたモダンな空間
ディナーは、コースとアラカルト。
コースは、
2,800円/3,800円/4,800円/6,300円
本日は、3,800円のDonniniを注文。
Donniniとは、調度フィレンツェ北部に位置する街の名前。
コースの内容は、
前菜盛り合わせ
お好きなパスタ一品
お肉またはお魚料理
デザート盛り合わせ
食後の飲み物
パスタとメイン料理が選べるので、2人で別々のものを注文し、
シェアすることに。
R0019391.jpg
プロセッコ・ブリュット・バルビノット・トレンティーノ・スーパークリング 950円/グラス
白い花や、青リンゴ、洋ナシなどのフルーティなアロマ。
キメ細かい泡。
R0019399.jpg
前菜盛り合わせ
真鯛のカルパッチョ
ソフリット
(タマネギ、ニンジン、セロリなどの根野菜をオリーブオイルでじっくりと炒めたもの。
野菜の甘みと旨みを手軽に料理に加えることができ、イタリア料理の隠し味としてよく使われる)
ポルテットーネ(イタリア版ミートローフ)
ナツメグの香り。
ホタテパンナコッタ トマトソース
R0019396.jpg
自家製フォカッチャ
R0019404.jpg
パスタ
R0019415.jpg
イカスミのタリアテッレ アオリイカのグアゼット(煮込み)
春野菜のクロッカンテ
横文字が続きましたが、タリアテッレは平麺
グアゼットは煮込みという意味
クロッカンテは食感を表しています。
R0019417.jpg
水牛のモッツアレラチーズ詰めたアニョロッティ
仔牛のラグーソース
R0019424.jpg
アニョロッティとは、肉料理の残り物を利用すると言う意味で、
イタリア北部のピエモンテ州の詰め物入りパスタの名称。
中にモッツアレラチーズが入っています。
お魚料理
R0019428.jpg
すずき(三崎)トスカーナ産exヴァージンオイルとレモンのソース
お肉料理
R0019433.jpg
クレビネット(網脂)で包んだ仔羊モモ肉グラッサート(太らせたという意味)
アカシアのハチミツと唐辛子のソース
仔羊と甘味のあるソースがよく合います。
デザート盛り合わせ
R0019444.jpg
苺のセミフレッド、アーモンドケーキ、ティラミス、プディング
R0019454.jpg
ハーブティー(オレンジピール、ローズヒップ、カモミール)
こちらのお店、テーブルとテーブルの間隔が広く、
隣の会話が気にならない、落ち着いた空間。
とても穏やかな雰囲気です。
ハーブティーでほっとしたところで、二瓶シェフがテーブルへ挨拶に来て下さいました。
見るからに大変穏やかな方で、納得ですね。
なんというか、食べた後に、心が穏やかになった気がしまして、
こういう方が作られているお料理をいただいたからでしょうか。
その後、ピルグリム19thクラブ
R0019380.jpg
お店から1ブロック歩いた弁天通にある日本興亜損保馬車道ビル地下1階
R0019381.jpg
実は、こちらはセレクトショップTOMORROW LANDのオーナーが経営しているバー。
店名の由来は、1988年オープンした当時、
同ビルの1・2階にオーナーの経営する「ピルグリム」というゴルフショップがあり、
「ゴルフ(18番ホール)の後に、軽く一杯」という意味をこめて、
地下に続くバーを幻のホール「19thクラブ」と名付けたそうです。
R0019459.jpg
こちらの階段を下りて地下へ
R0019460.jpg
店名:Via Toscanella(ヴィア トスカネッラ)
住所:横浜市中区相生町4-69
電話:045-651-5750
営業時間:11:30~15:30(L.O.14:30) 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>