日本橋 D-BRASSERIE&SWEETROOM

2011.01.19 Wed  Eating place, フレンチ 


2010年10月28日にオープンした日本橋室町野村ビル YUITO 3F
D-BRASSERIE&SEETROOMヘ行ってきました。
地下鉄『三越前』駅(A9出口)から直結。
地下からエスカレーターで上ると、目の前に真っ赤なお店が現れます。
ラグジュアリーなクラブのような雰囲気です。
コンセプトは、『新世代のモダンを表現する食堂』
運営は㈱HUGEです。
RIMG4969.jpg
中に入ると、壁一面ガラス張りのワインセラーになっています。
店内はピンクを基調とし、さまざまなものにハートのモチーフが使用されています。
077.jpg
この椅子も、二客並べると、実はハートの形になります。
夜は『3皿+デザート3,900円』のコースのみ。
食前酒のおすすめは?と尋ねると、
「今夜は美味しいスウィーティーが入りました」ということで、
シャンパンをスウィーティーで割っていただきました。
017.jpg
先ずは、ドライトマトを練りこんだ自家製パン。
オリーブオイルをつけていただきます。
このパン何かの味に似ています。
スナック菓子の、『トマトプリッツ』です!!
028.jpg
スナック菓子の如く、一口食べると手が止まりません。
お料理と一緒にパンをいただきたいところですが、コレだけで、イケる。
029.jpg
前菜1
R0015281.jpg
『青森産寒鮃とオレンジのマリネ 菜の花と赤蕪をあしらって』
R0015279.jpg
前菜2
036.jpg
『山盛りアンディーブのサラダ 焦がした胡桃とロックフォールチーズ』
くるみ+りんご+ゴルゴンゾーラ、トッピングはリーキ。
お酒に合う一品。
一品目からボリューム満点です。
次のパスタは、一人ずつ大皿ではなく、予め少しずつ分けた形で出てきました。
1品目の前菜をテーブルでシェアしていたのを見て、
2品目から事前に分けて提供して下さったのです。
お心遣いありがとうございます。
そう、こちらのお店、最後まで全くストレスを感じませんでした。
サービスが行き届いております。
R0015296.jpg
『北海道紋別産せこ蟹のラビオリ アサリの出汁とブロッコリーのソース』(+300円)
041.jpg
せこ蟹の卵の風味が口いっぱいに広がります。
『水晶の海老のリングイネ フレッシュトマトクリームソース うるいを和えて』(+300円)
043.jpg
『水晶海老』とは、オーストラリア クリスタルベイで育った甘みが強い海老です。
メイン1
048.jpg
『クイーンズランド産仔羊のモモ肉の香草ロースト 仔羊のジュとフレンチバスクの天然塩』
焼き加減がいい塩梅なので、もうワンショット
052.jpg
メイン2
056.jpg
『イベリコ豚肩ロースのパネ アーモンドとクルミでサクッと
肉質は柔らかく、脂身は少なく、香ばしい風味。
デザートは、おススメの『自家製アイスクリーム』にしました。
コールドストーンで有名な、氷点下10度に保たれた御影石で仕上げるアイスクリームです。
ベースのアイスクリーム(マスカルポーネ/ピスタチオ/チョコレート)から1種選択。
(グリオット(チェリー)/柿/ラズベリー/フィヤンティーヌ(パリパリしたクレープ)から2種類選びます。
R0015313.jpg
RIMG4974.jpg
RIMG4975.jpg
RIMG4977.jpg
073.jpg
『マスコルポーネ+グリオット+フィアンティーヌ』にしました。
黄金のコンビネーションでしょう。
〆はハーブティーで。
076.jpg
SWEETSをメインに、お食事は正直あまり期待していなかったのですが、
3,900円でこのクオリティー。
コストパフォーマンス素晴らしいです。
ロケーション、店内の雰囲気、サービス、お食事。
よいお店でした。
遅くまで営業しているのもナイス。
●店名:D-BRASSERIE&SWEETROOM
●住所:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビルYUITO 3F
●電話:03-3243-0115
●営業時間:月曜~土曜11:00~25:00 日曜/祝日11:00~23:00

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>