野毛 ちぐさ closing party at Hana*Hana

2010.10.17 Sun  Eating place, 喫茶店 桜木町

画像 907
2007年に73年の歴史に幕を下ろした横浜・野毛の老舗ジャズ喫茶「ちぐさ」が
Hana*Hanaに10日間限定で復元された。
「ちぐさ」は昭和8年(1933年)に開店した日本最古と云われるジャズ喫茶
1994年オーナーの吉田衛氏が亡くなり、常連客などが営業を続けたが、
周辺の開発計画、後続者がなく2007年1月31日に閉店した。
その後吉田氏の資料は横浜市中央図書館に預けられたが、
今年3月末に保管期限を迎え、この度「野毛地区街づくり会」へ寄贈され、「ちぐさアーカイーブプロジェクト」が発足。
プロジェクトは、これらを生かし、「ちぐさ」を野毛地区の文化資源として、次世代に繋げていくこと。


画像 812
5,000枚のレコード。
画像 886
当時では珍しいTechnicsのターンテーブル。
画像 859
ONKYOのアンプ。
当時ONKYOに勤めていた常連客が、部品代だけで作ったもの。
おやじさんは、『人生、お金じゃない』とよく口にしていたそう。
機材にお金はかけない。
人の御縁を大事にする。
画像 856
CHIGUSAの刻印。
画像 862
コーヒーを飲みながら、音楽に聴き入る。
スピーカーは木製、JBL
画像 889
当時のメニューそのまま。
店内、お酒はNG。
酒と煙草を片手にジャズを聴くのはお洒落を気取れるが、
『ジャズは酔って聴くようなもんじゃない』
『酔って聞く等、音楽に失礼』というおやじさんの遺言
画像 892
壁に飾られたレコードのジャケットには番号が付いており、
聴きたいレコードの番号をお願いしてリクエストすることができる。
これで、いちいちタイトルを読み上げる必要がない。
画像 845
当時は黄色染みができた紙にレコードを保管していたが、
この日を迎えるため、常連客の手で夜な夜な本来のジャケットに入れなおした。
画像 824
DJはちぐさ会のメンバー安藤さん。
画像 874
『タイムスリップしたみたいだよ』と常連客が音楽談義に花を咲かせる。
『好きな音楽が流れて、楽しいと思う。其々の主観で。音楽ってそういうものじゃないか。
だから、評論家みたいに、誰の曲なのか、何年の曲なのかとか、語る必要などない。音楽は聴くものだろう』
画像 922
再現された「ちぐさ」は暫くの間、ここHana*Hanaに残しておき、
今後は何ヶ月かに一度、好きなレコードを聴いたりする会の開催を検討中とのこと。
是非開催してほしい。

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>