あざみ野 馳走 きむら

2015.09.06 Sun  Eating place, 割烹 あざみ野

kimura_20150405_08
田園都市線・横浜市営地下鉄線あざみ野駅より徒歩10分程のところにある「馳走きむら」でランチをしました。
ミシュラン2つ星ということで、期待して伺ったのですが、はい、
期待を裏切らないとても良いお店でした。季節の変わり目に又訪問したいです。

アクセスは、あざみ野駅を背にして、ルームズ大正堂を右手に、直進。緩い坂を下ります。
2目の信号を過ぎると大通りに面してありますが、控えめな外観の為、目立ちません。
外には「きむら」と看板があります。

ランチのお品書きは、3,000円のコースと、3,000円のコースにお造りがついた
4,000円のコース2種類です。

予約の際、仕事の合間に伺うので1時間で食事できないか相談し、
お造りなしのランチでお願いしました。

訪問してから知ったのですが、「馳走きむら」は、京都で修行を積んだ木村さんが調理場を一人で切り盛りしています。客席は女性が1人で見ています。
その為、対応できる人数には限りがあり、基本は予約制です。

お昼の予約は、11:30~、12:30~、13:30~の3回に分けられ、
同時に料理が出せるように工夫しています。
ただ、融通は利くので、今回は12:00に予約しました。

客席は、カウンターとテーブル席、小ぢんまりとした畳の座敷があります。
畳の席は掘りごたつ式で2席。全22席ありますが、1回につき3組(6名)ぐらいで受けている様です。夜は2組。
予約人数は限定ではないけれど、なにせ一人でつくりますから、限りがあります。
予約の時間がずれる、或いは重なると料理の提供までに時間が掛ることも想定できるので、
昼も夜も十分時間が取れる日に伺うのがよいでしょう。

kimura_20150405_07
金針菜、きのこ、いちぢくのおろし和え
旬のいちぢくときのこのさっぱりとした和え物。季節を感じます。

kimura_20150405_06kimura_20150405_05
白身魚(たかべ)もちあわ蒸し
高級魚たかべの上に、蒸して搗いて少し粘り気を出したもちあわをのせて蒸しています。
身体が温まりました。

kimura_20150405_03
数々のお料理が一つのお皿に。これは美しいです。

kimura_20150405_02
舞茸、湯葉、冬瓜、酢橘ゼリー
チーズ豆腐
自家製イクラ醤油漬け
角煮 白花豆
インゲンと梨の白和え
海老アーモンド揚げ
ニシンと茄子の煮物
サワラ柚庵焼き
秋刀魚寿司

「よかったらごはんの上にのせて、お召し上がりください」と白飯とお味噌汁が一緒に運ばれてきました。
少しお行儀が悪いですが失礼して、最後はイクラの醤油漬けをご飯の上にのせていただきました。
お運びの女性は、お料理の質問をすると答えて下さるし、大変気さくな方で、きむらの空気を和ませている感じがしました。
お味噌汁は、青さでした。
凄くさっぱりとしており、出汁は京都の削りたてのかつおと昆布でとっているそうです。

kimura_20150405_01
食後のデザートは、南瓜プリン。
素材の甘さを活かした上品なプリンでした。

急いでいただき、1時間以内に食事を終えることができました。
会計を済ませお店を出るときに、調理場から木村さんが出て来て下さり、ご挨拶。
お見送りして下さいました。
こういうところにも、丁寧さを感じました。

「馳走きむら」は旬を存分に味わうことができる、心遣いを感じさせるお店でした。
魚は、毎朝北部市場で吟味して仕入れされるそうですので、
次はゆっくりと時間を設けて、お造りつきにしたいと思います。

食事を終えての感想。口の中が全く気持ち悪くありません。
食べたものは胃の中へスッと消え、歯磨きが要らない口の中です。

新鮮で真面目なよい食べ物を口にしたとき、口の中に変に残らない。不思議です。

店名:馳走 きむら
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘5-14-1 サミット美しが丘 1F
℡:045-901-2606
営業時間:火~金 土曜夜 11:30~15:00(LO 14:00)
18:00~22:00(LO 20:00)
いずれも基本的に予約制
ランチ営業、日曜営業
定休日:月曜、土曜昼

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>