芝公園 芝の寿堂

2019.02.01 Fri  Eating place, 和菓子 芝公園

芝の寿堂_20190122 - 2 / 15
たい焼きには、天然物と養殖物がある。その違いは焼き型で、養殖物は数匹焼ける焼き型を使い、天然物は一匹ずつ焼く焼き型を使う。天然物の焼型は職人が一つ一つ作っているので、一つとして同じものは無いらしい。今日訪れたのは、天然物のたい焼き屋さん「芝の寿堂」。芝公園近くの「芝商店会」という路地にある小ぢんまりとしたお店。

創業は明治42年(1909年)と大変古く、元々は三代続く和菓子屋だった。奥様が亡くなれたのを機に和菓子屋の営業は難しくなり、現在はご主人が一人でたい焼きのみを販売している。たい焼きを始めたのは昭和35年(1960年)頃から。自社ビル1階にあった和菓子屋には、現在は中華店が入っている。

芝の寿堂_20190122 - 1 / 15
お店はメインストリートに面してある中華店から路地に入った場所にあり、タバコ屋ぐらいの間口が狭いお店。ネットで調べたところ営業は平日11時半〜16時と出ていたが現在は不定期で6月から10月は休業していることも多いよう。確かに、たい焼きが食べたくなるのは秋から冬。夏は販売数が落ちますね。

芝の寿堂_20190122 - 3 / 15
メニューはたい焼き150円、いちご大福180円。激辛カレーたい焼き180円。写真を撮らせてほしいとお願いしたところ、作り方を見せてくださいました。

芝の寿堂_20190122 - 4 / 15 芝の寿堂_20190122 - 5 / 15 芝の寿堂_20190122 - 6 / 15 芝の寿堂_20190122 - 7 / 15 芝の寿堂_20190122 - 8 / 15 芝の寿堂_20190122 - 9 / 15
芝の寿堂_20190122 - 10 / 15 芝の寿堂_20190122 - 12 / 15 芝の寿堂_20190122 - 11 / 15
天然物のたい焼きは、焼型が1つとして同じものが無いので、たい焼きの魚拓をコレクションした「たい焼の魚拓 – 2002/1 宮嶋 康彦 (著)」という本の存在があった。こういうのは電子書籍じゃなくて、紙の本で見るのが楽しいですね。

芝の寿堂_20190122 - 13 / 15
焼き上がりをいただきます。見た目は少し色白な印象。天然物は焼き上がりが薄いものが多いのですが、こちらのは厚みがありました。少しバリもあって、パリッとしています。

芝の寿堂_20190122 - 14 / 15
餡は甘さ控えめで塩気が強め、北海道産の小豆を使い、ご主人がここで作っています。頭の先から尾までぎっしり。どこから食べても餡が入っています。

芝の寿堂_20190122 - 15 / 15
たい焼きを頂きながら、ご主人との会話を楽しみました。食べログなどのレビューを見ると悪いコメントもあったけど、こういう長くからあるお店はなくならないでほしいなと。お店にはストーリーがあって、それぞれのストーリーを伺うのは楽しいですね。

■店名:芝の寿堂
■住所:東京都港区芝2-30-11
■電話:03-3453-1616
■営業:11:30-13:00、14:00-16:30(営業時間不規則)
■休日:土曜、日曜(不定休、夏期休業あり)

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>