吉野ケ里 薪窯ピッツァ Feliche(フェリーチェ)

2018.11.20 Tue  Eating place, ピッツァ 

Feliche_20181112 - 9 / 10
タイから戻ってすぐに再び佐賀へ飛びました。何か仕事があるというのは本当に有り難いです。ランチに訪れたのは2017年5月にオープンした薪窯ピッツァ Feliche(フェリーチェ)。お店の裏は田んぼという大変のどかな場所にあります。

Feliche_20181112 - 6 / 10
この通り、人通りもない静かな場所。

Feliche_20181112 - 8 / 10
平屋の建物はDIYで造り上げたそう。駐車スペースは5台。客席は16席。予約無しで伺ったら満席。しかし次の予約時間迄ならば1席いけますとのこと、食事にありつけました。この立地で平日なのに混んでいます。予約は必須です。ランチは、パスタランチかピッツァランチの選択で、何れも1,000円。サラダとドリンクが付きます。初訪問ということでピッツァにしました。

Feliche_20181112 - 1 / 10
サラダは葉物、ハーブ、海藻、根菜と果菜類。手前の白い塊は、カッテージチーズ風のおからを生クリームと少量の塩で炊いたもの。そしてチーズのタルト。セットについてくるサラダは大概気持ち程度なので期待しませんが、こちらのは質もよくプレゼンテーションもひと工夫されていました。

Feliche_20181112 - 2 / 10
ピッツァは早くいただかないと美味しさが半減してしまうので、記録写真はそこそこに、焼き立てをいただきます。マルゲリータはイタリア産のチーズとトマトソースを使用。薪窯で焼いたよい具合の焦げ。モチモチして美味しいです。

Feliche_20181112 - 3 / 10
デザートにシグニチャーである吉野ヶ里遺跡の物見やぐらがモチーフにした「物見やぐらのバナナタルト 450円」をオーダー。季節の限定タルトも捨てがたかったのですが、シェフの自信作であるバナナに決定。高さはおよそ15cm。周囲の視線を一気に集めるビジュアル。ランチセットのホットコーヒーはフレーバーコーヒーでした。マカデミアンナッツかな。よい香り。

Feliche_20181112 - 5 / 10
1ホールに太くて硬いバナナを三房使用。サックサクのクッキー生地にバナナをガナッシュで固定。生クリームはだれてしまうので注文を受けてから都度泡立てフレッシュな状態で提供。甘みはかなり抑えられており、ボリュームの割にはペロッといけそうでしたが、半分食べ終えたぐらいで厳しい具合に。数人でシェアするのがいいですね。今晩夕飯は無しにします。30代の男性が頑張っているお店。よい雰囲気でした。

■店名:薪窯ピッツァFeliche
■住所:吉野ヶ里町吉田358-2
■電話:080-8383-6016
■営業時間:11:00-23:00(22:00 L.O.)
■定休日:不定

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>