MAYs Urban Thai Dine

2018.11.11 Sun  Eating place, エスニック 海外

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 2 / 23
大きな商業施設や歓楽街があるPattayaが新宿だとしたら、Jomtienは横浜ぐらいの小ぢんまりとした街。そんなJomtienにフォトジェニックなレストランを見つけたよ!と友達が予約してくれたMAYs Urban Thai Dineへ行ってきました。

オーナーは、タイ北部、農村出身のMayさん。彼女はタイ外のホテルで働いた経験を活かし、2014年、衛生的でサービスの質が高い屋台をパタヤでスタートさせ、その後路面店を出店しました。MAYsはフランチャイズビジネスの展開も開始。2017年にはタイ外初となるインドネシア・バリ、ベトナムにも出店。MAYsは海外も合わせて現在4店舗あります。4年で4店舗とはスピードが早いです。しかも30代。かなりのやり手だと思います。ちょうど彼女がお店に来ていたのでお話を伺うことができたのですが、大変パワフルな女性でした。これから先の数年は店舗を増やさず、店内やオペレーションの見直しをしていくそうです。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 1 / 23
1号店のここJomtien店はオープンしてから4年も経つのに友達が今まで気づかなったかのは、当初は看板が小さく、外観は暗く、一体何屋さんかも分からない、とにかく目立たなかったお店だったそうです。オープンしてから試行錯誤して今はこの形に。お店は2つの空間に分かれており、増設部分は先月出来上がったばかり。稼働させながら、進化し続けるお店です。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 6 / 23 MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 4 / 23
こちらは先月オープンした増設部分。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 5 / 23

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 3 / 23
予約席には葉に書かれた名前。プレゼンテーションが素敵なんですよね。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 11 / 23
私が座った席からの眺め。右が元々あったお店。左が増設エリア。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 9 / 23
天井から吊り下げられた植物。2階にはバーカウンターとテーブル席があり、店内は全部で85席ほど。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 7 / 23
ジャスミンの香りがするおしぼりと食前のグリーンスムージー。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 14 / 23
LYCHEE-TINI 220THB(150)
お洒落なお店に来たのだから、やっぱりお洒落な飲み物をということで、ライチのカクテルをオーダー。でも先般の日本酒でアルコールは懲りたので、アルコール抜きで作っていただきました。アルコール有りは220THB、無しだと150THB。ジン、トリプルセック、アロエベラ、ライチ。傘のピックスにはライチの果実。緑とピンクのトッピングはセロリの葉と蘭の花びら。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 19 / 23
PINA COLADA 220THB(150)
通常はマリブ、ホワイトラム、パイナップル、ココナッツジュースを使いますが、こちらもアルコール抜きでお願いしました。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 8 / 23
お通しは、一口サイズの海老が入った肉団子、スイート&チリソース。
色々試してみたくなったけど、迷ったら、店員さんにオススメを聞くか、訪問したことのある人に任せる方が確か。とにかく、ココナッツアイスクリームだけは絶対に食べてほしいから、最後に食べられる胃のスペースだけは残して置いてねとプッシュされたので、デザートだけは決定。あとは来たことのある友人にお任せ。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 13 / 23
deep fried shrimp cake with lemongrass chili sauce 150THB
エビカツとレモングラスチリソース

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 12 / 23
deep fried vegetarian spring rolls 140THB
野菜の春巻き

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 18 / 23
stir fried mixed mix vegetables 180THB
野菜炒め、、、とここまでは良かったのです。ここからがかなり胃にずっしりくる内容。どのお皿にも必ずお花が添えられていてプレゼンテーションが素敵なのですが、店内が暗くて、写真がイマイチなのが残念。自然光で撮りたかったな。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 16 / 23
deep fried seabass topped with tamarind sauce 420THB
MAYsのシグニチャーの一つでもある揚げたスズキのタマリンドソースがけ。このソースはリッチでクリーミーなグリーンカレー風。辛す過ぎず、欧米人が好む味付け。そう言えば今気が付きました。お客さんにタイ人は一人も居ません。全員ヨーロッパの人。価格帯も少し高めだしね。高いって言ってもドリンク込で2,000〜3,000円程度。私でもギリギリ払える価格(笑)

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 17 / 23import beef on mussaman sauce 450THB
続いて、マサマンカレー。こちらはシナモンと八角が香るビーフストロガノフ風。リッチテイスト。この後アイスか。胃が重たくて食べられそうもない。アイスは1つたのんで3人でシェアしようと提案したのですが却下。結局2つ注文。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 21 / 23  home made coconuts ice cream 190THB
こちらが友人一押しのホームメイドココナッツアイスクリーム。ドライアイス、モクモクで登場。期待していたものとは違うので、驚きました。何だこれは。大分テンション上がりました。

MAYs Urban Thai Dine_20181107 - 22 / 23
しかも美味。興味深い味。舌の上で転がして、何が入っているのかを確かめました。こういうのは得意中の得意です。

ココナッツアイスクリームは角がない穏やかな甘味で、おそらく砂糖は使っておらず、熟れたバナナを甘味代わりに使っているのではないかと思います。食感はシャリッとしたソルベ。そこにココナッツの果肉、熟れたドリアン、煎ったピーナッツと煎った大豆。ほの香にジャスミンの香り。

このココナッツアイスクリームの驚きと印象が、それまで食べた全てのお皿の記憶をさらっていってしまいました。これは本当に食べる価値があると思います。帰国してから是非真似してつくってみたいと思いますが、食材が手に入りませんから再現は難しいでしょう。これだけを目指して又食べに行きたいと思ってしまいました。若しくはフランチャイズのオーナーになるかですね(笑)今夜はご馳走様でした。連れてきれくれて有難う。

■店名:MAYs Urban Thai Dine
■住所:315/74 Moo 12 Thepprasit Road Nongprue, Banglamung, Chonburi 20150 Thailand
■HP:https://mays.restaurant/

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>