青山一丁目 SHARE GREEN MINAMI AOYAMA Little Darling Coffee Roasters

ShareGreen_2018年1007 - 8 / 11
10月6日、南青山にオープンした”都会の真ん中にある新しいPARK LIFESTYLE”がコンセプトのカフェ・ショップ・オフィスの複合施設「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA(シェアグリーン ミナミアオヤマ)」に行ってきました。こちらは、NTTが所有する敷地にあった倉庫を用途変更するかたちで、NTT都市開発が暫定利活用事業としてオープンさせた期間限定施設です。期限はというと、数年間という情報だけ出ており、具体的にはリリースされておらず不明。施設のプロデュースは、トランジットジェネラルオフィス、全体設計監理・プロパティマネジメントを同グループのリアルゲイト、ランドスケープデザインは「ソルソファーム(SOLSO FARM)」を手がけるDAISHIZENが行っています。

ShareGreen_2018年1007 - 5 / 11
ショップは、SOLSO FARMの都心初出店となるGREEN&FLOWERマーケット「SOLSO PARK」、色とりどりの切り花が購入できるお花屋さん「ALL GOOD FLOWERS」、トランジットジェネラルオフィス初となるオリジナルロースターカフェ「Little Darling Coffee Roasters」、NTT都市開発が展開するシェアオフィス「LIFORK南青山」が入っています。写真は、SOLSO PARKの店内。

ShareGreen_2018年1007 - 7 / 11 ShareGreen_2018年1007 - 6 / 11
ALL GOOD FLOWERSには、切り花の他、ドライフラワーやお洒落な花瓶なども置いています。マチ有りの透明手提げ袋に紙製の取っ手。ブーケ渡しもいいけれど、こういうラッピングもいいですね。

ShareGreen_2018年1007 - 11 / 11
トランジットジェネラルオフィスが手がけるオリジナルロースターカフェ Little Darling Coffee Roasters。20人ぐらい並んでいましたが、キャッシャーが4つ開いていたので5分程で順番が回ってきました。

ShareGreen_2018年1007 - 1 / 11
ドリンクメニュー。ブラックとミルク系でボードが分かれています。ミルク系は、牛乳の他に豆乳とアーモンドミルクがありますが、この日は既に豆乳とアーモンドミルクがソールドアウト。事前予測していた量よりもこのエリアでは豆乳・アーモンドミルクのニーズが高いようですね。フードは、コーヒーとの相性を考えてつくられたマフィンなどのスイーツとBAO。フードはスターバックスのようにショーケースに入っているのではなく、ブルーボトル清澄白河店と同様にガラス張りのボード下に置かれているのでお洒落なのですが少々分かりづらくアピールが弱いです。スタートして間もないので、ドリンク集中で、オペレーションを複雑にしないという意味では正解とも思えますが。会計を済ませると、フードコートでよく見掛ける呼び出しブザーを渡され、出来上がるとバイブレーションでお知らせしてくれます。カフェで導入しているのは初めてでした。フードコート以外で見掛けたのは表参道 the 3rd Burger以来。

ShareGreen_2018年1007 - 4 / 11
豆乳、アーモンドミルクが無かったので、普通のラテ500円にしました。コーヒーの味を見るため、BATCH BREW(ドリップコーヒー)にするべきでしたが、暑過ぎて欲に負けました。次回訪問の機会にはドリップコーヒーにします。ストローは今話題の紙製でした。カップはPP樹脂、リッドは植物性由来のポリ乳酸、素材のミックスがなかなかです。

ShareGreen_2018年1007 - 10 / 11
芝生の広場ではヨガイベント、倉庫内のスペースでは企業がブースが出しており、東洋化成株式会社のブースでレコーディングを行い、3分間のオリジナル7インチレコードをつくりました。
数時間滞在して、ようやく少しはこの場に慣れましたが、どうもお洒落な場所は、心地悪く、心の底から楽しめない自分が居ます。人からはお洒落Peopleの類に見られがちですが、本当は苦手なんです。緑は人を和ませてくれますから、都会にこういう憩いの場があるのは有り難いですね。しかし、なんだろうか、人工的につくられたそれと、自然は全く別物で、自然に囲まれると本当に真にほっとします。草をむしったり、野花を摘んでそれを家に飾ったり。そういうのは商業的にアウトなのですが、それが最もかなと。ちょっと話が反れますが、コーヒーやチョコレートなどを例にとって、現地では貧しい人が育てたりつくったり低所得者が行っている作業を、都心ではお洒落に演出して、高い値段で売る。デザインというのがいきてくるんですけれども、時々不思議に思うのです。農業もそうですよね。田舎では普通に食べるために行うけれども、都会では体験型のレジャー。それに価値を見出してお洒落に演出する。
今ある自然(これらは無料で手に入ります)を暮らしに取り込み、大切にしてゆければと思いました。

■施設名:SHARE GREEN MINAMI AOYAMA)シェアグリーン ミナミアオヤマ
■住所:東京都港区南青山1-12
■営業時間:8:00〜20:00
■URL:https://share-green.com

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>