江古田 パーラー江古田

2018.09.26 Wed  Eating place, パン 江古田

パーラー江古田_20180923 - 4 / 10
パーラー江古田。パンマニアなら誰もが知っているであろう有名店にやっと訪問できました。池袋から秩父方面へ走る西武池袋線の江古田駅から徒歩5分程の住宅街にある一軒家のお店です。江古田駅、今回初めて降り立ちました。少々不便な場所にあっても、良いお店には、距離など関係なく人が集まるものです。創業は2006年。パンで有名なお店ですが、バー、カフェ、ベーカリーというだけあって、カフェメニューやワインの品揃えも豊富。朝からワイン片手にパンとチーズを楽しんでいる方もいらっしゃいました。メニューは一日通して変わりません。一人で行っても気軽に過ごせる雰囲気なので、近くにあったら間違いなく通ってしまうお店です。パンは勿論のこと、こういう雰囲気も又人気の理由だと思います。

パーラー江古田_20180923 - 2 / 10
暖簾をくぐり中へ入ると、ショーケースにパンがずらりと並んでいます。今日はイートインで朝食をしに来たのですが、持ち帰りで来られる方もひっきりなし。キャッシャーの横に「パン定期便」というのが貼ってあり、定期便サービスも行っているようです。「毎週土曜日はパンの日」とか、そんな暮らし、いいなと思いました。

パーラー江古田_20180923 - 1 / 10
8時半開店で、8時半過ぎに到着すると、既に満席でした。店内はカウンター5席、2人掛けのテーブル席が3卓、奥にスタンディング席があります。待っている間に、手書きのメニュー表(写真なし)を見ながら想像を膨らませ、事前にオーダーを済ませます。待つこと45分。2人掛けのテーブル席へ。こちらで朝食をとる場合は、8時半前に到着するか、10時過ぎがオススメ。朝の時間帯は2回転した後一度落ち着いて、その後、11時を過ぎたころからランチタイムの流れに突入します。

悩んだ末、スペシャルパンセット1,190円とフレッシュトマトとペコリーノチーズのサンドイッチ1,080円、追加で自家製豚肉のリエット980円を注文しました。

パーラー江古田_20180923 - 5 / 10
スペシャルパンセット 1,190円(ドリンク付)
パンの盛り合わせ、サラダ、いぶりがっこ、キノコのオムレツ、カルピスバター、オリーブオイル。細い棒状のグリッシーニはかなりかたいです。この日はイチジク、カシューナッツ、レーズンパンなどハード系のパン中心。終いに顎が疲れてきます。ハード系が好きな人にはたまらないかたさです。キノコのオムレツは、ほのかにローズマリーの香りがしました。このオムレツ今度家で真似しよう。二人でシェアするのにちょうどよい量です。一人でこの量は少し多いかな。でもご安心を。食べきれなかった分は持ち帰りできます。

パーラー江古田_20180923 - 7 / 10
フレッシュトマトとペコリーノチーズのサンドイッチ 1,080円(ドリンク付き)
イートインメニューのサンドイッチはパンの種類を選べます。どれがよいのか分からなかったので、店員さんに相談し、具が比較的やわらかいので形状はかたいもので、最もシンプルな食べ易いパン「リュスティック」にしました。酸味もなく、ご飯のような食べやすいパンです。軽く焼いてから提供してくれます。

パーラー江古田_20180923 - 9 / 10
自家製豚肉のリエット 980円
隣のテーブルで食べていたのが美味しそうだったので、追加で注文しました。リエットはパテのような肉料理を想像していましたが、これはサルシッチャ(腸詰め)ではなかろうか。それで、リエットの語源を調べたらフランス語のつなぐという意味、リエ(lier)からきており、さらに深く掘り下げていくと「豚肉の塊」という意味を持つということ。豚肉の数か所の部位の大あら挽き肉を使っているのでブリブリしてとってもジューシー。

パーラー江古田_20180923 - 8 / 10
セットドリンクは、カプチーノにしました。単品では470円です。お料理と一緒に提供されるので、せっかくの泡が台無しに、頂く頃には冷めてしまいました。次はドリンクは食後にお願いしよう。

パーラー江古田_20180923 - 10 / 10
パンを購入してお店を後にしました。念願のパーラー江古田に来られて大満足。よいお店でした。

■店名:パーラー江古田
■住所:東京都練馬区栄町41-7
■電話:03-6324-7127
■営業時間:8:30〜18:00
■定休日:火曜日

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>