仙台 ankoya (あんこや)

2018.08.22 Wed  Eating place, 和菓子 仙台

あんこや_20180730 - 3 / 6
仙台に来たら必ず立ち寄る「泰陽楼」。先日、早目のランチということで、11時半頃伺うと、隣のお店に何やら人だかり。覗いてみると「ankoya」というどら焼き専門店。夜には閉まっているので、今までノーマークでした。中に入ると「今日はまだ販売してますよ」と店員さん。こちらのお店、お昼過ぎには完売してしまうことも多いという、仙台で人気のどらやき店。売り切りですので電話での取り置きや予約も受けています。伺った日も入り口には予約取り置き分と思われる袋が既に幾つか置いてありました。

あんこや_20180730 - 1 / 6
木製のトレーに並べられたどらやきは全部で5種類。バターが入った「バタどら181円」、求肥が入った「モチどら181円」、「くるみどら181円」など。色々と試したくなりましたが、やはり、初めて来たので、看板商品である「あんどら165円」にしました。

あんこや_20180730 - 2 / 6
ラップでぴっちりと包んだ四角形のどらやきは、見るからにあんこがたっぷり。餡を皮で包んでいるというよりも、餡に皮をかぶせて、なんとか餡がはみ出ないように、ラップで包みました!というような状態。皮の端まであんこが詰まっているので、どこから食べてもあんこがでてきます。

あんこや_20180730 - 5 / 6
コロンとしたかわいいサイズ感。ラーメンでお腹がいっぱいになった胃にもちょうどよい量でした。

あんこや_20180730 - 6 / 6
材料は、小豆、小麦粉、砂糖、卵、粉飴、もち米澱粉、食用油、蜂蜜、味醂、塩、膨張剤。皮はしっとり、もっちり。肝心の餡はというと、こんなにたっぷり入っているのにくどさがなく、かなりさっぱりしています。もうちょっと甘さがほしいなと思うぐらいのあっさり感で、ほんのり塩味も感じられます。小豆は、北海道の羊蹄山麓産のものを8時間かけて炊き上げ、手作業で練り上げているそうです。ankoyaだけに、美味しいあんこでした。賞味期限は、購入日から2日間。化粧箱もあるので手土産などにもおすすめです。

■店名:ankoya (あんこや)
■電話:022-265-8123
■住所:宮城県仙台市青葉区中央1-8-31 名掛丁センター街
■営業時間:11:00~19:00
■定休日:日曜日・祝日

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>