市ヶ谷 Chez Olivier(シェオリビエ)

2018.08.21 Tue  Eating place, フレンチ 市ヶ谷

シェ オリビエ_20180728 - 10 / 10
全国の美味しいものを食べ尽くしたのではないかというグルメな方から、一昨年の末に紹介いただいたフレンチレストラン「シェ オリビエ」。いつか訪問したいと、頂いたショップカードをずっと温めていましたが、ようやくそのチャンスが訪れました。シェオリビエがあるのは九段下南。ここはフレンチレストランが点在するエリアでもあります。シェオリビエを紹介してくださった方が訪問したときは、ゲストの多くがフランス人で、店内ではフランス語が飛び交っていたそう。人通り交通量の少ない路面にあるシェオリビエは、気取らないビストロのような外観。オープンは2009年9月。コンセプトは「フランス人シェフが作る、本物のフランス料理をリーズナブルな価格で」という通り、気取らず緊張せずにフランス料理を味わえる、そんな雰囲気のお店です。

シェ オリビエ_20180728 - 9 / 10
テーブル28席。カウンター2席。程よい距離からガラス越しに厨房が眺められる、よい席に通していただきました。2席あるカウンター席は、厨房の様子を覗きながら食事ができるのですが、席と厨房はガラス1枚で区切られた近距離。まるでペットショップでガラス越しに子犬を見るような距離感なので、お互いにリラックスして食事ができないのではないかなと思いました。ゆっくり食事をたのしむなら、テーブル席がおすすめです。

ランチ・ディナー共にコースのみで、ランチは2,800円〜とリーズナブルな価格で提供しています。本日はシェフのおまかせコース(Menu Dégustation)7,500円にしました。ところで、シェオリビエにはスペシャリテはありません。今旬の食材を一番よい状態で、素材に対するリスペクトを忘れず、シンプルで美しく、ストレートに美味しいと思っていただける料理を目指しています。

シェ オリビエ_20180728 - 1 / 10
Duck terrine with pistachio, plum jelly, foie gras cream
鴨のテリーヌ、ピスタチオ、プラムのジュレ、フォアグラクリーム

流石のシェオリビエの一皿目。まるでガーデンに来たような可愛らしい鴨のテリーヌ。複雑なのですが、口に入れると素材が一つになり素敵なハーモニーを奏でます。

シェ オリビエ_20180728 - 3 / 10
Pan-fried scallop, steamed beetroot, smoked green asparagus sauce
帆立のポワレ、ビーツのエチュベ、燻製したグリーンアスパラガスのソース

二皿目。大きく厚みのある立派な帆立貝。表面がカリッと香ばしい。焼き目に見える粒粒は、塩。塩のパンチがよい塩梅で効いています。塩気が強い、塩っ辛いのとは違って、「塩」が効いているから、輪郭がはっきりした美味しさがあります。

シェ オリビエ_20180728 - 4 / 10
中は半生です。この繊細な焼き加減が、甘みを際立てています。オリビエ氏は、素材を活かすために、特に火入れとソースに力を入れています。納得の二皿目です。ソースがまた美味しい。

シェ オリビエ_20180728 - 2 / 10
いつも、いつも、気をつけようとは思うのですが、やってしまいます。パンをつい食べ過ぎてしまう。フレンチは特にソースが美味しいので、お皿を綺麗に掃除するように残ったソースをパンにつけて最後まで味わいます。これが美味しい。

シェ オリビエ_20180728 - 5 / 10
“Ainame” fish with chorizo and seaweed crust, potatoes gnocchi, mussels from Mont Saint-Michel
天然アイナメ、チョリソーとハーブをのせて、じゃが芋のニョッキ、海藻バター、モンサンミッシェル産ムール貝

三皿目は海を感じる一皿。

シェ オリビエ_20180728 - 6 / 10
Black wagyu beef ribsteak, peppers, tomato and pine nuts tart with Parmesan cheese
黒毛和牛リブロース、パプリカ、トマトと松の実のタルト、パルメザンチーズ

メインは黒毛和牛のリブロース。こちらも美しい焼き加減。2つのお肉、部位は同じとのことですが、手前は脂が強く、後ろの縦長にカットされた肉は赤身の肉肉しい感じで。脂が少々しつこくかんじたので、縦長の方が私は好み。付け合せのタルトは、フランス料理を楽しんでいたら急にアメリカが現れたようなびっくり感。ピッツァのような一品で、思わず、なぜこれを?とお店の方に尋ねてしまいました。複数のお野菜を小さい一品で楽しんでもらいたいとのこと。コースの流れが少々止まってしまいました。

シェ オリビエ_20180728 - 8 / 10
”Caramélia” creamy chocolate, mascarpone and maple syrup mousse, crispy hazelnuts, milk ice-cream
“キャラメリア”のクリーミーチョコレート、マスカルポーネとメープルシロップのエスプーマ、クリスピープラリネ、ミルクソルベ”
デザートは、4種類から選ぶことができ、ミルクのソルベにしました。リッチなデザートにコーヒーがよく合います。

シェオリビエは、流石の一皿目と二皿目でした。ご馳走様でした。

■店名:シェ オリビエ (Chez Olivier)
■住所:東京都千代田区九段南4-1-10 1F
■電話:03-6268-9933
■営業時間:11:30~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)
■定休日:日曜・第一月曜(祭日は不定休)
ランチサービス料5%、ディナーサービス料10%

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>