仙台 喫茶ホルン

2018.09.03 Mon  Eating place, カレー 仙台

horun_20180410 - 8 / 29
仙台けやき並木の定禅寺通りに「喫茶ホルン」という南インドカレーとフレンチプレスコーヒーのお店があります。喫茶なのに南インドカレー?となんとも不思議な取り合わせのお店なのですが、このカレーが本格的で。店主は「カレー伝道師」渡辺玲氏のレシピを参考に独学でカレーを作るようになり、常時2種類のカレーを提供しています。お店は、定禅寺通り、せんだいメディアテーク向かいにある甘栗屋さんの2階。間口が狭いので見落とさないよう注意。

horun_20180410 - 1 / 29
「喫茶」の旗が目印。

horun_20180410 - 2 / 29
細い階段を上り2階へ。

horun_20180410 - 4 / 29
夜は正に珈琲が似合う純喫茶の雰囲気。この空間で南インドカレーをいただく・・・。不思議な感じですが、なんだか落ち着く。

horun_20180410 - 6 / 29
チキンココナッツマサラ750円(シナモン、クローブ、ベイリーフ(ローリエ)、トマト、ココナッツ)ご飯の量は普通盛りが180g、多め210g、少なめ150g、+50円で大盛り300gに出来ます。夜なので少な目にしていただきました。ご飯は、さらさらとしたカレーに合うものを色々と試して見つけた山形産の「はえぬき」という品種。粒立ちがよく、粘り気が少なく、プチプチとした食感。さらっとしたココナッツ風味の爽やかなカレーによく合います。付け合せのカチュンバルも酸味がきいてさっぱりとしてグッド。

horun_20180410 - 9 / 29
すっかりファンになり、また別の日、今度はランチタイムに訪問しました。

horun_20180410 - 14 / 29
様々なジャンルの本がぎっしり並んでいます。

horun_20180410 - 16 / 29
「どうして彼女はカフェなのか?」は、カフェを営む女性店主たちの喫茶店をはじめるまでの経緯を語ったイラスト・インタビュー集。

horun_20180410 - 5 / 29
謎の民芸品が店内のそこかしこに飾られています。不思議なポストカードや小さな雑貨の販売もあり、お土産に購入。どなたの作品なのか伺うと、店主がつくったそう。独特の感性をお持ちです。

horun_20180410 - 20 / 29 horun_20180410 - 15 / 29horun_20180410 - 22 / 29
カレー2種盛り ドリンク付き980円
本日は、チキンココナッツマサラと小豆トマトクリームカレー。ドリンクは、ブレンド珈琲、紅茶、ラッシーから選べます。

horun_20180410 - 27 / 29
レトロなガラスのコップに入ったラッシー。

horun_20180410 - 28 / 29
仙台へ来たら「喫茶ホルン」と「泰陽楼」。どちらもお財布に優しいから気軽にリピートできる。新たなお気に入りを探索中です。

■店名:喫茶ホルン
■住所:宮城県仙台市青葉区立町26-17-202
■電話:022-711-5520
■営業時間:11:00〜19:00
■定休日:月曜
■HP:http://kissahorn.blogspot.jp/

感想を送る

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>